高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

  • #音
  • #音楽
  • #クラシック
  • #作曲
  • #パソコン

音楽の
学問分野解説
を読む

作曲ってどうやってやるの?

音楽

最近YouTubeとかで自作の音楽をアップロードしてる人多いよね。かっこいいなあ。僕もやってみたい!でも作曲って難しそう。どうやればいいのかな?

  • 先生! この人知ってる?
  • あぁ最近インターネットで話題のアーティストだね? 自作の曲をアップロードしてて、その独特な世界観が若者に大人気なんだよね。
  • 詳しい!でも本当に、アップされている曲はどれも大好きなんです。先生も一度聞いてみてよ。本当かっこいいんだ。ああ、ぼくもこんな風に作曲できたらいいのに。
  • できるかもしれないよ。今や、パソコンでの作曲は当たり前になったからね。かつては、コンサートホールという専用空間と、熟達した演奏家による、ごく一握りの人たちのための文化だったんだ。
  • ところが、コンピュータによる音楽の制作・発信・共有は、音楽を、だれでも、どこでも、いつでも享受できる最も身近な文化の一つに変えた。それに最近では、iPadやiPhoneなど新しいメディアを使うことで、音楽の知識もまったくなく、楽器に触ったことのない人でさえ、簡単に曲作りができるようになってきているんだよ!
  • ええ! パソコンやスマホで作曲かー。面白そうだな。コンピュータでも人が演奏したみたいに聞こえるんですか?
  • かなり技術が進歩していて、リアルな音が作れるよ。ただ、パソコンの場合は同じ音量で鳴り続けている一定の音なんだけど、実際の演奏は、音量が一定ということはありえず、音程も微妙に揺らいでいるんだ。楽器をどのように操作し演奏するのかという楽器の特性を把握して音を一音ずつ編集するとさらに人の演奏に近づくね。
  • 楽器のことを知っているほうが、より良いということですね。
  • そうだね。さらに作曲にも「音楽における文法」がある。
  • 例えば「和声学」。「この和音に続いてあの和音に流れると美しい」など、音楽には和音の並びの美しいパターン、美しくないパターンがあって、和声学はこの音の規則的な並びを重視しているんだ。バッハやモーツァルトやベートーヴェンなどの過去の偉大な音楽家のエッセンスを詰めた文法だね。
  • 「主語の後に動詞がくる」みたいなことですね。
  • その通り! そして、普通作曲をする際、一つのメロディにもう一つのメロディを加えていく作業をするんだけど、この時、一方のメロディは引き立て役になることが多い。しかし、あえて複数のメロディをどれも主役となるように作曲することを対位法というんだ。数人で時間をずらして歌う輪唱(カノン)は、対位法の代表だね。
  • そんなのがあるんですね……。知らなかった! 音楽の文法を知ると、いろいろな曲が作れそうです。たくさんの曲に触れることも重要ですね。
  • そうだね。音楽の種類やジャンルの違いはあっても、聴き手が感動する、「ひっかかる部分」はだいたい同じなんだ。例えば、和音や調が変わる部分などだね。作り手は和音や調の選び方を工夫し、聴き手がより感情移入しやすく、印象に残る楽曲に仕上げるわけだけど、そもそも「なぜひっかかるのか」は今も研究されているよ。
  • 感動する理由も、音楽の研究範囲なんですね。
  • うん。多くの人がよいと思う和音の進行、それをポップスソングでは「コード進行」というんだけれども、J-popでもクラシックの名曲で使われているコード進行と同じコード進行のヒットソングが多いんだよ。
  • そうなんだあ。でもみんなが同じコード進行で作曲していたら、そのうち飽きられてしまいませんか?
  • ところがそうでもないんだ。例えばジャズではリズムとコード進行と主要なメロディだけが決められていて、それぞれの演奏者がアドリブで演奏する部分が大きいから、演奏者の個性が曲を作っていくんだ。
  • へ~。だからジャズは同じ曲をいろんな演奏者が演奏しているんですね。
  • その通り!音楽については「作曲」ということのほかにもさまざまな側面から研究されているよ。
  • 例えばピアノはいかにして生まれたのか、歴史を紐解くことで、この楽器を作り出したヨーロッパの人々の発想や文化を考える研究もあるし、音楽史という学問ジャンルの大きな役割として、「美的現在性」のある作品研究が挙げられる。美的再現性っていうのは、作曲された時代を超えて現在にも効力がおよんでいることを言うんだよ。
  • 何百年も前の音楽が演奏されているのは、それにあたりますね。それを「美的現在性」って言うのかぁ。
  • 今でもよく聴かれるクラシック音楽はすべてそういえるだろうね。もちろん現代音楽の研究もされているよ。ロックやポップスなどのポピュラー音楽と社会との関わりに注目し、人と人とのつながりが形作る社会構造と音楽との結びつきを分析・研究することも行われているんだ。日本のポピュラー音楽に関してはまだ体系化されていなくて発展途上と言えるね。
  • なるほど! 作曲の勉強だけじゃなくて、いろいろな視点で音楽を考えてみます!
page top