高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

新潟薬科大学/新潟県

大学ホームページ

資料請求

学校情報

「薬剤師」「理科教員」「食品・バイオ・環境分野の専門人材」を育成。
薬学部と応用生命科学部の2学部からなる生命科学系総合大学。

●薬学部
  開学から40年。長年の経験に基づく薬学教育プログラムで「薬の専門家」を育成します。
 化学物質と生命活動との関わり、病気と薬物治療に関する知識、さらに地域医療の中核を担う薬剤師に必要な医療現場で
 求められる倫理観や問題解決能力、コミュニケーション能力などについて総合的に学びます。

 ★目指す資格
  薬剤師国家試験受験資格  
  実績:国家試験合格率87.8%(2017年3月卒業生実績 全国平均85.0%)

 ・薬剤師が活躍する多様なフィールド(主な就職先)
  <病院>
   新潟市民病院、済生会新潟第二病院、新潟大学医歯学総合病院、新潟中央病院、新潟リハビリテーション病院、
   長岡赤十字病院、燕労災病院 山形病院 竹田綜合病院 山梨大学医学部附属病院 ほか

  <保健薬局・ドラッグストア>
   アインファーマシーズ、日本調剤株式会社、アポロメディカルホールディング株式会社、ウエルシア株式会社、
   株式会社ファーマ みらい 株式会社エヌ・エム・アイ ほか

  <研究所、製薬会社>
   東和薬品株式会社、ノバルティスファーマ株式会社 クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン(株) ほか

  <公務員薬剤師>
   新潟県職員、新潟市職員、厚生労働省(麻薬取締官)、科学捜査研究所 ほか

 ★就職率100%(2017年3月卒業生の実績 就職希望者94名中94名)

●応用生命科学部
 〇応用生命科学科(理系)
  「理科教員」「食品・環境・バイオ分野の専門人材」を育成します。
  生命科学の知識を深める実践的な講義や実習で、食品・バイオ・環境分野で最先端の研究に取り組んでいきます。

 ★取得できる資格について
  高等学校教諭一種(理科)、中学校教諭一種(理科)、小学校教諭2種※、食品衛生管理者、食品衛生監視員 他
  ※明星大学通信教育部との教育業務提携により取得可。

 ★就職実績98.1%(2017年3月卒業生実績 就職希望者95名中93名)

 〇生命産業創造学科(文系)
  農、食、環境分野における企画・開発・経営能力に優れた専門人材を育成します。
  生命科学分野の研究によって生み出された優れた技術や素材を理解する「理系の知識」と生命産業(食品・農業・環境)
  ビジネスに展開するために必要な「文系の知識」をバランスよく学んでいきます。

 ★ピックアップ
  平成28年4月にJR新津駅(東口)から徒歩1分の場所に新キャンパスとなる「新津駅東キャンパス」を設置しました。
  キャンパス近隣地域の企業や商店街と接点を持ちながら講義や演習、課外活動を行っています。

所在地

  • 新津キャンパス

    〒956-8603 新潟県新潟市秋葉区東島265-1 

    交通

    JR信越線「古津」駅徒歩10分
    新津駅東キャンパスから無料スクールバス利用で9分

    地図で確認

  • 新津駅東キャンパス

    〒956-0864 新潟市秋葉区新津本町1丁目2-37 

    交通

    JR新津駅(東口)から徒歩1分

    地図で確認

特集

デジパン

1分動画
2一覧でみる

学問分野

教育系統
教育
経済・経営・商学系統
経済学 / 経営学・商学 / 経営情報学
社会学系統
環境学
理学系統
化学 / 生物学
工学系統
応用化学 / 生物工学 / 資源・エネルギー工学
農・獣医・畜産系統
農学・農芸化学 / 農業経済学
薬学系統
薬学
家政・生活系統
食物・栄養学

学部(学科)・募集定員情報

薬学部:薬学科(6年制) 180名
応用生命科学部:
応用生命科学科(理系 4年制) 120名(食品科学コース/バイオ工学コース/環境科学コース/理科教職コース)
生命産業創造学科(文系 4年制) 60名
※平成30年度入学のものです。

奨学金情報

【薬学部 入学試験による特待生制度】 給付制/免除制
定員:
成績上位者36名
受給資格:
一般入試T期及び特別選抜入試(学士後期)に出願することで自動的にエントリーされます。
推薦入試合格者、特別選抜入試(学士前期、社会人)合格者も一般入試T期に出願することでエントリーできます。
概要:
減免額:S特待生 入試成績1位の方は1年次及び2年次の学費を全額免除 1名
    (210万円×2年間=420万円)
    A特待生 入試成績2位から11位の方は1年次及び2年次の学費を半額免除 10名
    (105万円×2年間=210万円)
    B特待生 入試成績12位から36位の方は1年次及び2年次の学費を1/4免除 25名
    (52.5万円×2年間=105万円)
     ※免除の対象となる学費とは授業料及び施設設備資金の合計となります。
     ※入学試験による特待生は2年次進級時に資格継続要件があります。
     ※入学後は在学生特待生制度と合わせて6年間継続して特待生となることができます。
【薬学部 在学生特待生制度】 給付制/免除制
定員:
20名
受給資格:
平成30年度入学生から適用。2年次以降各学年において成績上位20名を対象
概要:
減免額:S特待生 各学年の成績1位の学生は学費を全額免除(210万円) 1名
    A特待生 各学年の成績2位から5位の学生は学費を半額免除(105万円) 4名
    B特待生 各学年の成績6位から20位の学生は学費を1/4免除(52.5万円) 15名
     ※免除の対象となる学費とは授業料及び施設設備資金の合計となります。
     ※毎年進級時ごとに学業成績に応じて特待生を選考します。

【薬学部 卒業生子女学費減免制度】 給付制/免除制
受給資格:
本学卒業生または在学生の二等親以内(姻族含む)で薬学部に入学する方
概要:
減免額:入学金(30万円)及び施設設備資金の半額(45万円/年)を最大6年間免除
    ※減免を受けるためには入学後の手続きが必要です。
    ※他の特待生制度と重複した場合、減免額の高い制度を適用します。
【応用生命科学部 入学試験による特待生制度(一般入試T期利用)】 給付制/免除制
定員:
21名
受給資格:
平成30年度一般入試T期受験者のうち、成績上位者21名を対象(応用生命科学科14名、生命産業創造学科7名)
一般入試T期に出願することで自動的にエントリーされます。
推薦入試合格者及びチャレンジ&コミュニケーション入試(前期)合格者も一般入試T期に出願することでエントリーできます。
概要:
減免額:■応用生命科学科
    S特待生 入試成績1位から2位の方は4年間の学費を全額免除 2名
    (初年度160万円+150万円×3年間=610万円)
    A特待生 入試成績3位から6位の方は4年間の学費を半額免除 4名
    (初年度80万円+75万円×3年間=305万円)
    B特待生 入試成績7位から14位の方は入学金免除(30万円) 8名

    ■生命産業創造学科
    S特待生 入試成績1位の方は4年間の学費を全額免除 1名
    (初年度130万円+120万円×3年間=490万円)
    A特待生 入試成績2位と3位の方は4年間の学費を半額免除 2名
    (初年度75万円+60万円×3年間=245万円)
    B特待生 入試成績4位から7位の方は入学金免除(30万円) 4名
     ※免除の対象となる学費とは入学金、授業料及び施設設備資金の合計となります。
     ※入学試験による特待生は3年次進級時に資格継続要件があります。
     ※入学金免除は入学後に返還します。
【応用生命科学部 入学試験による特待生制度(センター試験利用入試A日程利用)】 給付制/免除制
定員:
27名
受給資格:
平成30年度センター試験利用入試A日程受験者のうち、成績上位者27名を対象(応用生命科学科18名、生命産業創造学科9名)
センター試験利用入試A日程に出願することで自動的にエントリーされます。
推薦入試合格者及びチャレンジ&コミュニケーション入試(前期)合格者もセンター試験利用入試A日程に出願することでエントリーできます。
概要:
減免額:■応用生命科学科
    S特待生 入試成績1位から2位の方は4年間の学費を全額免除 2名
    (初年度160万円+150万円×3年間=610万円)
    A特待生 入試成績3位から10位の方は4年間の学費を半額免除 8名
    (初年度80万円+75万円×3年間=305万円)
    B特待生 入試成績11位から18位の方は入学金免除(30万円) 8名

    ■生命産業創造学科
    S特待生 入試成績1位の方は4年間の学費を全額免除 1名
    (初年度130万円+120万円×3年間=490万円)
    A特待生 入試成績2位から5位の方は4年間の学費を半額免除 4名
   (初年度75万円+60万円×3年間=245万円)
    B特待生 入試成績6位から9位の方は入学金免除(30万円) 4名
     ※免除の対象となる学費とは入学金、授業料及び施設設備資金の合計となります。
     ※入学試験による特待生は3年次進級時に資格継続要件があります。
     ※入学金免除は入学後に返還します。
【応用生命科学部 入学試験による特待生制度(センター試験利用入試B日程、B(S)日程、C日程利用)】 給付制/免除制
定員:
12名
受給資格:
平成30年度センター試験利用入試B日程、B(S)日程及びC日程受験者のうち、センター試験利用入試A日程でA特待生対象者の成績と同等以上の成績を収めた者を対象
センター試験利用入試B日程、B(S)日程及びC日程に出願することで自動的にエントリーされます。
概要:
減免額:■応用生命科学科
    A特待生 入試成績3位から10位の方は4年間の学費を半額免除 8名
    (初年度80万円+75万円×3年間=305万円)

    ■生命産業創造学科
    A特待生 入試成績2位〜5位の方は4年間の学費を半額免除 4名
    (初年度75万円+60万円×3年間=245万円)
     ※免除の対象となる学費とは入学金、授業料及び施設設備資金の合計となります。
     ※入学試験による特待生は3年次進級時に資格継続要件があります。
【応用生命科学部 卒業生子女学費減免制度】 給付制/免除制
受給資格:
本学卒業生または在学生の二等親以内(姻族含む)で応用生命科学部に入学する方
概要:
減免額:入学金免除(30万円)
     ※減免を受けるためには入学後の手続きが必要です。
【応用生命科学部 在学生特待生制度】 給付制/免除制
定員:
15名
受給資格:
各学年において学業成績が特に優れている者を対象
概要:
 減免額:■応用生命科学科
     各学年の成績1位の学生は翌年度学費から30万円を免除 1名
     各学年の成績2位の学生は翌年度学費から20万円を免除 1名
     各学年の成績3位の学生は翌年度学費から10万円を免除 1名
     各学年の成績4位からの10位の学生は翌年度学費から5万円を免除 7名

     ■生命産業創造学科
     各学年の成績1位の学生は翌年度学費から20万円を免除 1名
     各学年の成績2位の学生は翌年度学費から10万円を免除 1名
     各学年の成績3位からの5位の学生は翌年度学費から5万円を免除 3名
      ※免除の対象となる学費とは授業料及び施設設備資金の合計となります。

デジタルパンフレット 1 件を公開中!

案内パンフ1分動画 1 件を公開中!大学案内パンフレットの見所を分かりやすく紹介!Powered by ONEUGUIDE


page top
拡大画像クリックで閉じる