高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

桐朋学園芸術短期大学/東京都

桐朋学園芸術短期大学ホームページ

桐朋学園芸術短期大学の 
資料請求

桐朋学園芸術短期大学の 
学校情報

あなたの可能性を広げる。
情熱的で濃密な時間がここにある。

桐朋学園芸術短期大学は、実践型芸術短期大学として、数多くの俳優、演奏家、アーティストを輩出してきました。「芸術は、学び、鍛えるものだ」という蜷川幸雄前学長のモットーを継承し、少人数クラス編成による徹底した実技指導と、理論や知識を系統的に学ぶ講義から成るカリキュラムを展開。演劇や音楽に魅せられた学生たちが、切磋琢磨し、自ら学び、自ら鍛える。本学は今後もそのような場でありたいと思っています。
                                             
【音楽専攻:豊かな感性と知識を備えた音楽家を目指す】
実技指導は個人レッスンが中心。成長の過程を大切に、一人ひとりを丁寧に指導し、可能性を見いだしていきます。そしてコミュニケーション力を高めるアンサンブル教育。アンサンブルの形は、西洋と東洋の音楽であり、クラシックとポップスであり、音楽と演劇でありと、小さなキャンパスに閉じ込めきれない、大きな音楽の出会いを提供します。

<音楽表現の幅を広げる専修分野>
*ピアノ専修
楽譜を正しく深く読み、豊かな表現力と確かな説得力のある演奏を目指します。また、ソロに加え伴奏や室内楽も重視し、アンサンブル能力を高めます。

*声楽専修
イタリア歌曲を通して発声の基本を学んだ後、段階的にいろいろな言語の歌曲やオペラ・アリアを学んでいきます。「声楽アンサンブル」では、日本人作曲家による混声合唱曲を取り上げ、日本語の美しさとハーモニーの関係を深く探っていきます。

*管弦専修(管楽器)<フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルン・サクソフォン>
ソロ・レパートリーの音楽的理解、演奏技術の向上に加えて、室内楽でのテクニックやスキルの習得も重視。木管五重奏までのアンサンブルや、ピアノや弦楽器等との合奏技術の向上を目指します。

*管弦専修(弦楽器)<ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス>
ソロでの演奏技術の向上に加えて、室内楽やオーケストラ作品を演奏するためのテクニックおよびアンサンブルのスキルも習得。オーケストラでは定期演奏会に向けて完成度を高めていきます。

*管弦専修(ギター)
独奏楽器であるギターの技術習得の過程でアンサンブルの経験や技術を磨く機会は貴重です。さまざまな様式のアンサンブルに慣れ親しんでいき、ギターという楽器の独自の表現力を身につけていきます。

*日本音楽専修 <箏・三味線・琵琶・尺八・笛・囃子>
古典作品や楽器の本質・特徴を知るとともに、楽器の発展の歴史についての知識も深め、現代に書かれた多様な作品も学びます。各楽器の幅広い可能性を追求して、レベルの高いアンサンブルを目指します。

【演劇専攻:実技と理論の実践で、舞台芸術のプロになる】
本を読む力を養い、想像したことを実際の動きにかえられる身体を鍛え、そして集団で舞台芸術をつくる協働の力を育成するカリキュラム。さまざまな課題に取り組みながら、演劇の視野を広げ、演技へのアプローチを実践的に学びます。2年間を4つのセメスターに分けることで、目標を明確にしたきめ細かな指導を展開。系統的に基礎から学び、ステップごとにプロの演劇人へと近づいていきます。

<表現の領域を広げる2つのコース>
演劇専攻では、ストレートプレイコースとミュージカルコースを設けています。1年前期に適性と志向をみきわめた上で、各自のコースを決定します。どちらのコースでも基本となるのは演技です。その土台の上に、それぞれの専門性を積み上げていくのが、演劇専攻のカリキュラム。ストレートプレイコースは演技訓練、ミュージカルコースは歌唱・ダンスのレッスンを専門的に行います。

桐朋学園芸術短期大学の 
所在地

  • 本学キャンパス

    〒182-8510 東京都調布市若葉町1-41-1 

    交通

    京王線「仙川駅」より徒歩5分
    小田急線「成城学園前駅」よりバス15分
    JR線「吉祥寺駅」よりバス25分
    JR線「三鷹駅」よりバス30分

    地図で確認


page top
拡大画像クリックで閉じる