高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

修文大学/愛知県

修文大学ホームページ

修文大学の 
資料請求

修文大学の 
学校情報

【健康栄養学部】
医療・福祉分野はもちろん、食品学・栄養学・医学などの専門知識に加え、食文化や現代の食環境や食習慣への理解を深め、人々の食生活を総合的にサポートできる力を修得。科学的かつ最新の知識によって体系づけられた人間栄養学を学び、食と健康、そして人そのものを広い視点から理解できる管理栄養士養成をめざします。
[ムリなくムダなく学べる4年間]
1年次から管理栄養士国家試験に向けた基礎力をつけるためのプログラムをスタートし、ムリなく実力をつけていきます。また、学年ごとの集中講座を含む国家試験対策プログラムを実施。3年次後半からは定期的に模擬試験を行い、着実に力をつけ、4年次には全教科の総復習を行い、集中講座や個人支援プログラム等で合格までをきめ細かくサポートしていきます。
〜基礎力を高める指導と国家試験対策〜
●「化学」「生物」を重点学修科目として1年次に「生物学」「基礎化学」「基礎化学実験」「有機化学」を開講し、基礎を身につけていきます。
●生物・化学の基礎的内容を振り返りながら栄養学などの栄養系科目の学修を進めることで基礎を強固なものにすると同時に、専門科目への理解度を高め、管理栄養士として必要な知識をムダなく身につけます。
[Shubun Activation Week]
夏休みや春休みに学部全体で集中して勉強に取り組む期間を設けています。学年ごとに行う自主勉強会や集中講座を通して基礎から専門までを徹底的に修得し、段階的に基礎・専門の学力の向上をめざします。教員によるサポートも充実させており、国家試験合格をめざして確実に実力をつけていきます。


【看護学部】
医療・看護の知識を学ぶ多彩な授業と患者さんの心に寄り添う感性や倫理観、あらゆる疾病に対応できる看護の知識と技術を体験的に修得。さらに公衆衛生学やチームケア論など、地域住民の健康維持・増進や異なった専門領域を持つ者が連携・協働し合うチーム医療につながる知識も深く学び、多角的に人々の健康に寄与できる看護師をめざします。
[専門を支える基礎を確実に身につける!]
「看護は実践の科学」という考えのもと、基礎力や看護実践力を確実に身につけるためのプログラムを用意しています。さらに、豊かな人間性、高度な論理的思考、的確な問題解決能力を身につけ、医師とともに医療を支えるキーマンとしての看護師を養成します。
●専門科目をしっかり理解できるよう、1年次に「生物」「化学」を開講し基礎固めを行います。修文では、基礎を固めた上で段階的に専門科目の学修や看護師国家試験へとつなげていきます。
●1年次より「基礎ゼミ」を開講し、プレゼンテーション・グループディスカッションなどを通して真理を追究する力、問題を解決に導く力を育成します。
●臨地実習は2年次から始まります。1グループ5名程度の少人数体制で臨地実習を行い、きめ細かくサポートし、確実に看護実践力を養います。
[看護+αを学べます!]
チーム医療や栄養サポートチームの一員として、食や栄養の面からも患者さんを支えることができる看護師を養成するため、健康栄養学部と連携しています。
●「チームケア論」「栄養ケア論」を通じて、栄養管理サポートチームの一員となって栄養状態の評価、栄養補給等について栄養支援の具体的援助とチームにおける調整が図れる力を身につけることができます。
●栄養状態の改善、栄養管理の実際を理解することで、とくに在宅看護、介護予防における栄養管理の実際が理解でき、実践することが可能となり、地域を支える看護師として活躍できます。

修文大学の 
所在地

  • 本学キャンパス

    〒491-0938 愛知県一宮市日光町6 

    交通

    JR東海道本線「尾張一宮」駅・名鉄名古屋本線「名鉄一宮」駅から徒歩15分、自転車7分。または、名鉄一宮駅バスターミナル2番のりばより起方面行きバスに乗車し「繊維センター前」下車、徒歩5分。朝夕には「修文学院」行き直通バスあり。

    地図で確認


page top
拡大画像クリックで閉じる