高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

京都大学/京都府

京都大学 ホームページ

京都大学の 
学校情報

「学生と教員が一緒になって『おもろいこと』を発想する。それも全力で真剣に。それをずっと実現し続けられる京都大学」

京都大学は1897年の創立以来、自由の学風のもと闊達な対話を重視し、歴史豊かで美しい街京都を舞台に自主独立の精神を涵養し、教育と研究にそれぞれ確かな足跡を残してきました。分野を超えて異なる能力やユニークな発想(=おもろいこと)に出会える京都大学で多くの仲間を作り、みなさんが活躍できる世界へ羽ばたいてください。

京都大学の 
所在地

  • 吉田キャンパス

    〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 

    交通

    京阪出町柳駅徒歩約20分

    地図で確認

  • 桂キャンパス

    〒615-8520 京都府京都市西京区京都大学桂 

    交通

    阪急桂駅からバス「京大桂キャンパス前」下車(約12分)

    地図で確認

  • 宇治キャンパス

    〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄 

    交通

    JR/京阪黄檗駅徒歩約10分

    地図で確認

特集コンテンツ

特色&学部・学科

明治30年に京都帝国大学が創設されて以来、東大に対する西の巨塔として君臨してきたが、東大とはカラーが全く異なり、きわめてリベラル。独創性に富む学問研究をめざし、独自の学風を培ってきた。「多様かつ調和のとれた教育体制のもと、対話を根幹として自学自習を促し、卓越した知の継承と創造的精神の涵養に努める」という基本理念を掲げ、これまでに9名ものノーベル賞学者を出しているのが大きな誇り。京大の基礎研究重視の現れでもある。学生が主体的・能動的に学べるような柔軟な教育システムも京大ならではの特色である。

学部・学科

総合人間学部(120名)
人間存在を人間のおかれた社会、政治、経済、文化、歴史的環境、自然環境との関係を含めて総合的に理解させるのが目的で、自然と調和した人間の全体的形成をめざしている。
●総合人間(120名)
2年次から、思想・社会・文化の3方面から現代の人間を系統的に学ぶ人間科学系、近代主義を主として社会科学領域や歴史文化研究の側面から分析する国際文明学系、世界の各文明の特質を解明し文明相互の交流を理解する文化環境学系、人間の認知・行動発言・言語機能の探求などを深く学ぶ認知情報学系、自然と人間の共生関係を維持するための自然観・物質概念を養成する自然科学系の5つの学系に分かれ、主専攻のほか副専攻を選択して履修する。

文学部(220名)
明治39年に文科大学として創設され、幾多の研究者・教育者を輩出してきた。専門教育は少人数編成で原典に即して行われる。
●人文(220名)
哲学基礎文化学系(哲学、西洋哲学史、日本哲学史、倫理学、宗教学、キリスト教学、美学美術史学)、東洋文化学系(国語学国文学、中国語学中国文学、中国哲学史、インド古典学、仏教学)、西洋文化学系(西洋古典学、スラブ語学スラブ文学、ドイツ語学ドイツ文学、英語学英文学、アメリカ文学、フランス語学フランス文学、イタリア語学イタリア文学)、歴史基礎文化学系(日本史学、東洋史学、西南アジア史学、西洋史学、考古学)、行動・環境文化学系(心理学、言語学、社会学、地理学)、基礎現代文化学系(科学哲学科学史、情報・史料学、二十世紀学、現代史学)の6系32専修に分かれる。

教育学部(60名)
教育に関する基礎研究をふまえ、教育行為の原理と方法、理論と実践の統一を重視する立場から研究と教育を進めている。
●教育科(60名)
3年次から現代教育基礎学系、教育心理学系、相関教育システム論系に分属して専門科目を履修する。教育に関する諸科学の修得に重点をおいた幅広い基礎教育を重視している。

法学部(330名)
明治32年に創設されて以来3万名を超える人材を輩出。学科制はとらず、専門科目の履修について大幅な自由選択を認め、学生の自主性を尊重している点が最大の特色で、豊かな教養と法律学・政治学の基礎的知識を提供することを使命としている。

経済学部(240名)
大正8年の創設で、多数の著名な研究者を輩出するとともに実業界のリーダーや各方面で活躍する優れた人材を送り出してきた。MBA取得コースとして経営管理大学院を設置している。
●経済経営(240名)
理論・歴史、政策、マネジメント、ファイナンス・会計の4コースが示され、そのガイドにしたがって専門科目を履修することによってコースそれぞれの特性に応じた専門化がはかれるよう配慮している。

理学部(311名)
独創的な研究の発展とそれを背景とした高度の教育によって優れた能力をもつ研究者、幅広い知識能力をもつ人材を育成する。
●理(311名)
3年次から数理科学系(数学)、物理科学系(物理学・宇宙物理学)、地球惑星科学系(地球物理学・地質学鉱物学)、化学系(化学)、生物科学系(動物学・植物学・生物物理学)の5つの系に分かれて履修。成績が優秀な者は学部3年次から大学院への進学が可能である。

医学部(207名)
リベラルな学風をもち幾多の人材を輩出した名門。平成7年には大学院重点化が完了し、教育・研究面がより一層充実した。
●医(107名)
臓器別の教育で人体機能全体の理解へ導くレベル・システム方式による教育を行う。実践的な臨床教育が行われて、最新の医療の発展に貢献できる人材の養成をめざした密度の濃い教育が行われている。
●人間健康科(100名)
先端看護科学、総合医療科学、先端リハビリテーション科学の3コースがあり、優れた医療技術者・研究者の養成をめざしている。

薬学部(80名)
昭和14年に医学部薬学科として発足。平成9年に大学院重点化に伴う改組で総合薬学科になり、18年から薬科・薬の2学科構成。
●薬科
4年制で、医薬品の創成、生産を目的とした薬科学の知識・技術を幅広く学び、創薬科学研究者、技術者の養成をめざしている。
●薬
6年制で、医薬品の適正使用を目的とした知識・技術を学び、高度な職能を持つ薬剤師、医療薬学研究者、技術者を養成する。

工学部(955名)
明治30年に創設。「自由の学風」の下、学問の基礎を重視する点が大きな特徴で、創造的に新しい世界を開拓していける人材を養成する。
●地球工
3年次から土木工学、環境工学、資源工学の3コースに分かれて専門教育を行う。全授業を英語で行う国際コースを併設している。
●建築
カリキュラムに計画系、構造系、環境系の3分野を開講し、空間創出に必要な基礎原理を広くかつ系統的に修得させる。
●物理工
3年次から機械システム学、材料科学、宇宙基礎工学、原子核工学、エネルギー応用工学の5コースに分かれて専門教育を行う。
●電気電子工
電気エネルギーの発生と利用、通信、情報、システム工学、物性工学などについて基礎理論や応用を総合的に履修させる。●情報 情報学の全体を理解する基礎的な科目を履修したあと、計算機科学コースと数理工学コースに分かれて専門分野を究める。
●工業化
化学に関する基礎的な科目を履修したあと、3年次から創成化学、工業基礎化学、化学プロセス工学の3コースに分かれて履修する。

農学部(300名)
学際的な6学科があり、食料、環境、資源、エネルギー等をめぐる諸問題の解決に貢献できる人材の養成をめざしている。
●資源生物科
食料や生活資材となる生物の生命のしくみを明らかにし、それらを有効利用するための基礎知識や応用技術を教育・研究する。
●応用生命科
農業生産、食品・化学工業、環境保全などの現場から生じるさまざまな問題を生命現象の原理に基づいて解明していく。
●地域環境工
物理系と工学系の科目を基礎学として、数理的・工学的発想に基づいた工学、技術学としての地域環境工学の教育・研究を行う。
●食料・環境経済
農業組織経営学、経営情報会計学、地域環境経済学、食料・環境政策学、国際農村発展論など8分野の教育・研究を行う。●森林科
森林環境と森林資源、人間が利用する住宅・家具・繊維・紙などの生活資材について多様な研究手段と最新の成果を教授している。
●食品生物科
生物学、生化学など食品に関連する基礎を教育した後、食品に関して分子レベルから個体レベルにわたる専門教育を行う。

特色

転編入学
学内の転学部・学科=認めることがある。他大学からの編入学=法学部、経済学部で認める。工学部は高専からの編入学を認める。3年次編入学定員=法学部10名、経済学部20名以内。

奨学制度
日本学生支援機構のほかに地方公共団体や各種育英団体の奨学生がいる。

留学制度
グローバルに活躍する人材を育むために多様な海外留学プログラムが用意されている。平成29年3月現在で、約30か国・地域に広がる約110校と大学間学生交流協定を締結しており、活発な国際交流が行われている。ほかに学部独自の学生交流協定に基づく留学や短期語学研修による留学生も多い。

学寮
吉田寮・熊野寮・女子寮の3寮が設置されている。(建替え予定の寮もあるため要確認)

取得資格
教職=所定の科目及び単位を修得することによって次の免許が取得できる。国語・社会・地理歴史・公民・宗教・保健体育・数学・理科・英語・農業・工業・商業・水産・情報・ドイツ語・フランス語・中国語・特別支援学校等。司書(総合人間・文・教育)、学芸員(総合人間・文・教育)、医師国家試験受験資格(医〈医〉)、看護師・保健師の各国家試験受験資格(医〈先端看護科学〉)、臨床検査技師国家試験受験資格(医〈総合医療科学〉)、理学療法士国家試験受験資格(医〈先端リハビリテーション科学(理学療法学講座)〉)、作業療法士国家試験受験資格(医〈先端リハビリテーション科学(作業療法学講座)〉)、薬剤師国家試験受験資格(薬)など。

就職状況
京都大学は大学院を充実させた研究型大学の特徴として、学部を卒業した学生のうち約55%が毎年大学院に進学している。各学部卒業後に就職の道を選ぶ学生は約30%だが、その就職先は多種多様で、大学で学んできた知識と技能を活かし、大半が一流企業となっている。

page top
拡大画像クリックで閉じる