高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

岡山大学/岡山県

岡山大学 ホームページ

岡山大学の一般入試はネット出願のため紙の願書の請求受付はありません。

岡山大学の 
学校情報

1.岡山大学の理念
 「高度な知の創成と的確な知の継承」
 人類社会を安定的、持続的に進展させるためには、常に新たな知識基盤を構築していかねばなりません。岡山大学は、公的な知の府として、高度な知の創成(研究)と的確な知の継承(教育と社会還元)を通じて人類社会の発展に貢献します。
2.岡山大学の目的
 「人類社会の持続的進化のための新たなパラダイム構築」
 岡山大学は、「自然と人間の共生」に関わる、環境、エネルギー、食料、経済、保健、安全、教育等々の困難な諸課題に対し、既存の知的体系を発展させた新たな発想の展開により問題解決に当たるという、人類社会の持続的進化のための新たなパラダイム構築を大学の目的とします。
 このため、我が国有数の総合大学の特色を活かし、既存の学問領域を融合した総合大学院制を基盤にして、高度な研究とその研究成果に基づく充実した教育を実施します。
3.岡山大学の目標
(1)教育の基本的目標
 岡山大学は、大学が要請される最重要な使命である教育活動を充実させます。
これまでの高度な研究活動の成果を基礎として、学生が主体的に“知の創成”に参画し得る能力を涵養するとともに、学生同士や教職員との密接な対話や議論を通じて、個々人が豊かな人間性を醸成できるように支援し、国内外の幅広い分野において中核的に活躍し得る高い総合的能力と人格を備えた人材の育成を目的とした教育を行います。
(2)研究の基本的目標
 岡山大学におけるあらゆる活動の源泉は、先進的かつ高度な研究の推進にあります。
 常に世界最高水準の研究成果を生み出すことをその主題とし、国際的に上位の研究機関となるよう指向します。
(3)社会貢献の基本的目標
 社会が抱える課題を解決するため、総合大学の利点を活かし、大学の知や技術の成果を社会に還元すると同時に、 積極的に社会との双方向的な連携を目指します。
(4)経営の基本的目標
 研究、教育の目標を効果的に達成するため、大学に賦存する人材、財政、施設設備などの資源をトップマネジメントにより戦略的に利活用します。
(5)自己点検評価の基本的目標
 公的機関として社会への説明責任を果たすため、研究、教育、社会貢献、管理運営のすべての分野において不断の自己点検評価を実施し公表するとともに、その結果を的確に大学改革に反映します。

岡山大学の 
所在地

  • 津島キャンパス

    〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 

    交通

    JR岡山駅運動公園口(西口)からバス約15分、JR津山線法界院駅から徒歩10分

    地図で確認

  • 鹿田キャンパス

    〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1 

    交通

    JR岡山駅後楽園口(東口)からバス約15分

    地図で確認

特色&学部・学科

岡山大学は、主体的に学び、考え、行動する力を育成し、知識を知恵に変え、実践に取り組む力を養い、次の時代を切り拓く人材を育てます。一方向的な講義形式からグループ・ワークやディスカッションを取入れた能動的な授業(参加型授業)を拡充し、学んだ事を自ら展開する力を養います。また、60分授業・4学期制(1学期は約2ヶ月)にし、必修科目を設定しない学期を設けている。そのため、夏季休業等と合わせることにより、長期間の留学やボランティアなどに参加しやすくなっています。

学部・学科

文学部(175名)
学べる分野は多岐にわたり、地元岡山県から国内・世界の各地域の、古代から現代にいたる人間や社会、文化に関する問いを探求する。
●平成28年度から、専修コース制に代わり、「哲学・倫理学」「芸術学・美術史」「地理学・社会学・文化人類学・社会文化学」「心理学・社会心理学・臨床心理学」「歴史学・考古学」「言語学・現代日本語学」「日本語・日本文学」「外国語・外国文学」の8つの教育分野を設けた。アカデミック・アドバイザーの指導の下に、自分の「学びたいこと」を軸としながら、1つの分野に集中して履修することも、関心のある複数の分野にまたがって履修することも可能となる。意欲のある学生には、分野を超えて開設される「クラスター科目群」や、「外国語習得・留学」「学芸員課程」などの「プログラム」の履修を勧める。

教育学部(280名)
教育が人間の可能性を最大限に伸ばすという認識に立って、教育に関わる理論と実際を教授し、創造性豊かな人材を育てている。
●学校教育教員養成(250名)
小学校教育、中学校教育、特別支援教育、幼児教育の4コースで、学校教育に携わる実践的な指導力を持った教員の養成をめざしている。小学校教育コースは教育学、教育心理学、国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、家政教育、英語教育、特別支援教育、ものづくり・情報教育、地域教育専修の14専修、中学校教育コースは国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、家政教育、技術教育、英語教育、地域教育専修の11専修編成。
●養護教諭養成(30名)
健康相談活動の能力や保健指導に関する実践的指導力を身につけ、児童・生徒の保健管理や保健指導を行う専門教員を養成する。養護教育専修、地域教育専修の2専修編成。

法学部(昼間)(205名)
法文学部法学科として創設されて以来、幾多の人材を各界に輩出してきた。幅広い教養と人間性に支えられた法的思考能力(リーガル・マインド)を養う。
●法(205名)
自分の目的や将来の方向性に沿った学習を体系的にできるように、「公共法政コース」「企業法務コース」「法律専門職コース」の3履修コースを設置している。

法学部(夜間主)(20名)
勤労青年に法学に関する高度の専門教育を施す目的で設置。
●法(20名)
基礎的な法学・政治学の知識を持つ人材の養成をめざしいる。

経済学部(245名)
経済学・経営学・会計学を広く深く学び、さまざまな進路に向けた仕事力を培う。1年次夏から履修可能な高度学修指導や学部独自の学修到達度評価システムを有する。
●昼間コース(205名)
関心のある分野の系統的学修と特定の分野を超えた横断的学修を両立させるユニット・モジュール制を採用している。多彩なアクティブ・ラーニング科目や実社会連携科目がある。
●夜間主コース(40名)
学生のキャリアや目的に応じて、総合学修コースと実践力強化コースを用意している。精選された講義型科目と強化された演習型科目に加えて、テーマ学修等の長期個別指導科目がある。

理学部(140名)
4年一貫の少人数教育システムを採用。5学科で開講する専門科目を2学科以上にわたって履修する複合領域科学コースを選択できる。最前線で活躍する科学者、高度専門技術者の育成を目的としたフロンティアサイエンティスト特別コースも履修できる。
●数(20名)
代数、幾何、解析をはじめとする現代数学について、講義、演習、セミナーを通して一貫したカリキュラムで学ぶ。情報関連科目もある。
●物理(35名)
自然界の基本法則を探求するために、2〜3年次で量子力学・相対論・素粒子物理・超伝導・磁性などの講義を受講し、4年次には、理論および実験研究室に所属して最先端の科学に触れ、卒業研究を行う。
●化(30名)
化学および関連分野の基礎的事項を学修し、物質構造と機能発現との相関を解明することにより、高機能性を有する新物質創製を目指している。
●生物(30名)
さまざまな生物を材料に、基礎生物学に関する分野で最先端の研究を進めている教員の指導のもと、生命現象の原理を追究していく。
●地球科(25名)
高校地学未履修でも基礎から学べるカリキュラム。地球の内部から表層・大気まで広い分野をカーバーし、地球と惑星の過去・現在・未来を読み解く。

医学部(272名)
岡山藩が創設した医学館が起源。以来、幾多の人材を輩出し西日本の医学界をリードしてきた。日本屈指の移植手術数を誇り、遺伝子治療など最先端の研究を推進している。医療法上の臨床研究中核病院に認定され、また、橋渡し研究戦略的推進プログラムの実施機関に選定されている。
●医(112名)
卒前・卒後のシームレスな先進的プログラムを用意している。診療参加型実習に力を入れており、即戦力の医療人輩出を目指している。
●保健(160名)
看護学専攻、放射線技術科学専攻、検査技術科学専攻に分かれ、高度先端医療や地域医療に貢献できる医療人の養成をめざしている。

歯学部(48名)
高度な臨床・研究を並行して推進する、地域の中枢的歯学研究・教育機関。臨床研究中核病院、橋渡し研究拠点に選定されている。
●歯 
6年間一貫教育。文部科学省「課題解決型高度医療人材養成プログラム」実践校に選定されている。これにともない、新しい時代の歯科医療にマッチした臨床医を育てる先端的教育プログラムを独自に開発、応用している。1‐4年年次では国際交流教育が充実している。5、6年次では臨床実習を重視した教育を行う。

薬学部(80名)
生命科学を探究して高度医療への貢献をめざしている。医薬共同研究などさまざまな面から教育・研究が行われている。
●創薬科(40名)
4年制で、生命の仕組みと病気の原因を解明し、薬を創る研究者を養成。高度な教育内容を学び研究者としての基盤を築いていく。
●薬(40名)
6年制で、医療の一翼を担う薬剤師の養成をめざしている。全国の国公立大学に先駆けてSGD(グループ討論)を選択科目に導入した。

工学部(460名)
4学科があり、グローバルな視点から総合的に教育・研究を行っている。課題を自分で見い出し探求するタイプの技術者を養成するために学際面も重視した実践的なカリキュラムを編成している。
●機械システム系(160名)
2年次第3学期から機械工学コースとシステム工学コースに分かれる。前者ではモノを造るための最先端の技術を身につけ、後者では種々の知能化システムの開発・設計や関連技術を身につけさせる。
●電気通信系(100名)
2年次第3学期からエネルギー制御、知能エレクトロニクス、ネットワーク工学の3コースに分かれる。広範で変化の激しい技術分野においても活躍できる人材養成のため基礎科目の充実と応用能力の育成に重点をおいている。
●情報系(60名)
2年次第3学期から計算機工学コースと知能ソフトウエアコースに分かれ、コンピュータと知能に関して深い理解を持つ情報処理の専門技術者、情報システム技術者、情報工学の研究者を養成する。
●化学生命系(140名)
2年次第3学期から材料・プロセス、合成化学、生命工学の3コースに分かれ、新材料・新技術の研究・開発を担う化学技術者・研究者としての素養が身につく幅広い教育と研究を行っている。

環境理工学部(150名)
環境保全はもとより調和のとれた環境創成に向けて、自然と人間活動の調和した豊かで快適な環境を創造するための研究・教育を行い、国際的に活躍できる人材の養成をめざしている。
●環境数理(20名)
数学・統計学・コンピュータを強力な武器として、環境予測や影響評価などの諸問題に取り組む技術者や研究者を養成する。
●環境デザイン工(50名)
土木工学と環境工学とを融合させた教育・研究を行い、自然と調和した持続可能な次世代の都市づくりに貢献できる技術者を育成する。
●環境管理工(40名)
水と緑の豊かな大地・地域空間を創出し、適切に管理していくための理論と技術に関する幅広い教育・研究を行っている。
●環境物質工(40名)
物質やエネルギーの変化の有様を深く理解し、環境問題を化学的に捉える能力を培い、住みよい環境作りに貢献できる人材を養成する。

農学部(120名)
しっかりした専門知識を持つとともに多様化する社会の要請に対応できる幅広い基礎学力と応用能力を備えた人材を養成する。
●総合農業科学科(120名)
生命現象を化学的視点で理解する力を養う農芸化学コース、バイオサイエンスとフィールドサイエンスの基礎と応用を修得する応用植物科学コース、生命科学・食品科学に関する基礎と応用を修得する応用動物科学コース、社会科学・生産工学・生態学の基礎と応用を修得する環境生態学コースに分かれて専門科目を履修する。

グローバル・ディスカバリー・プログラム(60名 ※全額一括募集で、募集人員60名には、国際バカロレア入試の募集人員を含む。)
2017年新設の国際プログラム。世界各地から集まった留学生・帰国生、国内の高校出身者などが、既存の学部や学科の枠にとらわれず、現在の関心や将来の目標にマッチした幅広い科目履修を通じて専門的知識を身につけ、グローバルな課題解決に向けて行動できる人材を育成する。アカデミック・アドバイザーによる丁寧な履修指導のもとに、主に各学部が提供する科目を履修する「学部・学科横断型マッチング・トラック」、または主に英語による科目を履修する「ディスカバリー専修トラック」から選択し、自分に適した履修プログラムを組み立てる。

特色

転編入学
学内の転学部・学科=認めるが、扱いは学部により異なる。他大学からの編入学=認めるが、扱いは学部により異なる。2年次編入学=医学部医学科5名、歯学部5名、3年次編入学定員=理学部20名、医学部保健学科20名、工学部30名。

奨学制度
日本学生支援機構=現在の受給生は3,528名(全学生の35.8%)。ほかに各種団体の奨学金受給生がいる。

留学制度
短期留学プログラムによりアメリカ、イギリス、オーストラリアなど14カ国46大学に留学生を派遣。このほか国際交流協定締結大学(大学間協定31ヵ国156大学、部局間協定35ヵ国151件)への派遣留学生もいる。また、語学研修(英語・フランス語・韓国語)や短期海外研修、海外初心者向けの異文化体験プログラムも実施している。

学寮
女子学生寮・定員108名。

取得資格
教職=国語・英語・社会・地理歴史(以上文)、公民(以上文・法)、商業(経済)、数学(理〈数〉・環境理工〈環境数理〉)、理科(理〈数以外〉・環境理工〈環境デザイン工・環境管理工・環境物質工〉・農)、工業(工〈機械システム系・電気通信系・化学生命系〉・環境理工〈環境デザイン工〉)、情報(工〈電気通信系・情報系〉)、農業(農)。*教育学部は省略。学芸員(文・理)、保育士(教育〈幼児教育〉)、測量士補(環境理工〈環境デザイン工・環境管理工〉)、医師国家試験受験資格(医〈医〉)、看護師・保健師の各国家試験受験資格(医〈看護〉)、診療放射線技師国家試験受験資格(医〈放射線技術〉)、臨床検査技師国家試験受験資格(医〈検査技術〉)、歯科医師国家試験受験資格(歯)、薬剤師国家試験受験資格(薬)、毒物劇物取扱責任者(工〈化学生命系〉)、食品衛生管理者・食品衛生監視員(農)など。

就職状況
文・法・経済学部は金融・公務員など。教育学部は教員が多いが、ほかは金融など。理学部は情報通信業、製造業、教員など。工学部は製造業が中心。環境理工学部は公務員、建設、製造業など。農学部は食品、医薬品関連企業など。医・歯・薬学部は病院、薬局など。理系学部は大学院進学者が多い(理学部64.7%、薬学部(4年制)87.2%、工学部70.1%、環境理工学部39.6%、農学部48.0%)。※平成29年度データ

page top
拡大画像クリックで閉じる