高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

九州大学/福岡県

九州大学 ホームページ

九州大学はネット出願のため紙の願書の請求受付はありません。

九州大学の 
学校情報

九州大学は、教育憲章や学術憲章に示されているように、教育においては、世界の人々から支持される高等教育を推進し、広く世界において指導的な役割を果たし活躍する人材を輩出し、世界の発展に貢献することを目指しています。また、研究においては、人類が長きにわたって遂行してきた真理探求とそこに結実した人間的叡知を尊び、これを将来に伝えてゆくとともに、諸々の学問における伝統を基盤として新しい展望を開き、世界に誇り得る先進的な知的成果を産み出してゆくことを自らの使命として定めています。

九州大学の 
所在地

  • 伊都キャンパス

    〒819-0395 福岡県福岡市西区元岡744 

    交通

    九大ビッグオレンジ前または工学部前停留所(西鉄バス、JR九大学研都市駅→昭和バス)

    地図で確認

  • 箱崎キャンパス

    〒812-8581 福岡県福岡市東区箱崎6-10-1 

    交通

    JR箱崎駅から徒歩15分、地下鉄箱崎線箱崎九大前駅から徒歩10分

    地図で確認

  • 病院キャンパス

    〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1 

    交通

    JR吉塚駅から徒歩10分、地下鉄箱崎線馬出九大病院前駅から徒歩5分

    地図で確認

  • 大橋キャンパス

    〒815-8540 福岡県福岡市南区塩原4-9-1 

    交通

    西鉄電車大橋駅から徒歩5分

    地図で確認

  • 筑紫キャンパス

    〒816-8580 福岡県春日市春日公園 6-1 

    交通

    JR大野城駅下車すぐ

    地図で確認

特集コンテンツ

デジパン

1分動画
1 一覧でみる

学問・研究
一覧でみる

    特色&学部・学科

    記載情報は平成30年5月作成 帝国大学としては4番目、明治44年に産声をあげた。以来、九州の風土に蒔かれた学問の種はあらゆる分野で芽をふき、九州学術の地盤を上昇させた。地域に果たした貢献度ははかりしれず、九州の最高学府として九大の自負心も大きい。12学部、大学院19学府で、学生数18,707名(学部11,746名、大学院6,961名)を擁する巨大な知的集団であり、優れた人材養成と卓越した基礎及び応用研究の成果を、常時世界に発信するわが国有数の中核的教育・研究拠点大学として君臨している。現在、福岡市西区元岡・桑原地区に広大な新キャンパス(伊都キャンパス)を建設中で、2005年秋から順次移転。現在は工学部や理学部の移転がほぼ完了しており、平成30年9月までに医・歯・薬・芸術工学部を除く各学部が移転する計画だ。21世紀の教育の場として、また地域と連携した学術研究都市の核として期待されている。

    学部・学科

    共創学部(105名)
    平成30年4月設置の新学部。地球の持続可能性に関する社会的課題(フューチャー・アース)を解決できる新たな高度人材を養成する。
    ●共創(105名)
    異なるバックグランドを持つ人と共に構想・協働し、多様な学知を組み合わせて課題解決のための知を創造し、それを社会に流用していく力=「共創的課題解決力」を持った人材を養成し、大学院や社会へ送り出す。

    文学部(151名)
    古典に学び、人間文化の普遍的価値を探究すると同時に、現代社会の抱える諸問題に対して柔軟に対処しうる人材を養成。幅広い人文学的な知識と人文学的な思考方法を身につけさせている。
    ●人文(151名)
    哲学(哲学・哲学史、倫理学、インド哲学史、中国哲学史、美学・美術史)、歴史学(日本史学、東洋史学、朝鮮史学、考古学、西洋史学、イスラム文明学)、文学(国語学・国文学、中国文学、英語学・英文学、独文学、仏文学)、人間科学(言語学・応用言語学、地理学、心理学、比較宗教学、社会学・地域福祉社会学)の4コース21専門分野に分かれ、思考力と表現力、総合的なものの見方を身につける。

    教育学部(46名)
    法文学部の教育学講座を母体にして昭和24年に独立。学科組織はなく、教育学系に国際教育文化コースと教育社会計画コース、教育心理学系に人間行動コースと心理臨床コースがおかれている。

    法学部(189名)
    大正13年に法文学部法学科として創設以来高い実績を誇っており、多くの法律学者、政治学者を輩出。基礎法学、公法学・社会法学、民刑事法学、国際関係法学、政治学の教育科目群から構成され、学界で活躍中の教授陣によって充実した教育・研究が行われている。

    経済学部(226名)
    法文学部経済学科として誕生。伝統的にゼミナールを重視して、教授と学生との自由な討議を重視している。学際的な2学科構成で、経済動向を的確に把握し、創造的な問題解決能力を持つ人材を養成。
    ●経済・経営(141名)
    経済学・経営学の基礎理論と幅広い教養、豊かな現実感覚と国際性を身につけ、複雑化・多様化する現代経済社会が直面する諸問題に的確に対処し、その解決策を見出していける人材を養成する。
    ●経済工(85名)
    国民経済・産業・企業のレベルで種々の経済現象を理論的に分析して、数理的・情報的処理を行える人材を養成する。

    理学部(258名)
    大正以来の伝統と実績があり、西日本で最大規模を誇る理学の教育・研究拠点。専攻の枠を超えた知識の修得、4年一貫の整合したカリキュラムなどが特色で、天草臨海実験所など施設が充実している。
    ●物理(55名)
    基礎科目を学んだ後に物理学コースと情報理学コースに分かれ、後者では高度情報社会で必要な情報科学的視点と方法論を培っていく。
    ●化学(62名)
    化学に関する基礎知識を修得させるほか、自然科学一般の原理や現象に対する理解力・洞察力を養うことにも重点をおいている。
    ●地球惑星科(45名)
    地球及び惑星の起源と進化、地球内部及び表層部の構造と動きなど、国際的スケールの研究に総合的に取り組んでいる。
    ●数学(50名)
    純粋数学から応用数学までバランスのとれた研究・教育体制が充実しており、数学研究の最前線の成果にもふれることができる。
    ●生物(46名)
    生物学の幅広い領域をカバーする12の研究分野から構成され、学問分野の急速な進展に対応できる教育・研究システムを確立させている。

    医学部(257名)
    明治36年に京都帝国大学福岡医科大学として創設された名門。医学界への寄与は大きく、世界に誇る数多くの研究業績がある。
    ●医(111名)
    医学に関する知識・技術を教育するとともに、医の倫理に徹し、旺盛な探究心を有する医師及び医学研究者の養成をめざしている。
    ●生命科(12名)
    分子細胞生物学、高次機能制御学、生体情報科学、臨床医学に重点をおいた教育により国際的に活躍できる生命医科学者を養成する。
    ●保健(134名)
    看護学専攻68名、放射線技術科学専攻33名、検査技術科学専攻33名の各専攻ごとに2講座が編成されており、保健学分野の将来を担う高度な実践者、教育・研究者へと発展する優れた医療人の養成をめざしている。

    歯学部(53名)
    大正11年に発足した医学部歯科学講座が源泉。歯科医師を多数輩出した実績があり、わが国の歯学教育をリードしている。
    ●歯(53名)
    高度職業人養成のほか、学部・大学院一貫コースを設置し、将来の研究者育成に対応したカリキュラムを編成している。

    薬学部(79名)
    昭和25年に医学部薬学科として発足。2学科構成で、薬の専門家としての知的および技術的基盤形成に必要な学理を教授している。
    ●創薬科(49名)
    4年制で、化学や生物などの基礎科目を人体・病気・薬との関連で学び、医薬品の創製に関する基礎及び応用研究者を養成する。
    ●臨床薬(30名)
    6年制で、医療薬学の基礎的及び臨床的教育や研究を通して医療従事者としての実践力を持った薬剤師の養成をめざしている。

    工学部(778名)
    「人類社会の持続的発展に貢献する技術者・研究者の養成」を理念に明治44年に創設。3万名を数える卒業生が築いた実績評価は高い。現在では全国にも有数の教官陣容と研究設備を持ち、高水準の研究環境、教育体制を備えている。卒業生の約8割強が大学院に進学する。
    ●建築(58名)
    建築学を体系的・理論的に学ぶための科目、具体的なデザイン手法を修得するための設計・演習などをバランスよく開講している。
    ●電気情報工(153名)
    2年次から電気電子工学課程、電子通信工学課程、計算機工学課程に分かれて専門教育を行う。成績優秀者は3年次から大学院に直接進学でき、毎年2?3名が飛び級により進学している。
    ●物質科学工(163名)
    2年次から化学プロセス・生命工学、応用化学、材料科学工学の3コースに分かれ、物質の創造・変換、生産プロセス、材料・素材開発、生命・環境システムとの調和などを教育・研究する。
    ●地球環境工(145名)
    2年次から建設都市工学、船舶海洋システム工学、地球システム工学の3コースに分かれ、現在・未来の地球規模での環境問題に総合的に対応できる教育・研究を展開している。
    ●エネルギー科(95名)
    エネルギー量子理工学、エネルギー物質工学、エネルギーシステム工学のカリキュラムコースに分かれ、基礎科学・工学に重点をおいた教育研究を行う。創造力と応用力に富んだ技術者・研究者を養成する。
    ●機械航空工(164名)
    2年次から機械工学、航空宇宙工学の2コースに分かれ、前者は機械、装置、設備類の計画、開発、設計、製作などを教育・研究。後者は航空・宇宙機の設計、製造、運用技術などを教育・研究する。

    芸術工学部(187名)
    総合的設計といえる活動に携わることのできるような創造的な人材を育てることを目標にした5学科がおかれている。実際に設計したり創作する機会を多く提供し、実践的で創造的な学習を行っている。
    ●環境設計(35名)
    野外調査や演習を重視し、社会や人間が環境とどう共生するか、どんな関係を持つべきかを考察し具体的な提案ができる設計家を養成する。
    ●工業設計(45名)
    人間工学、インダストリアルデザイン、知的機能工学の3分野を総合的に学び工学的思考能力と感性豊かな創造力・デザイン力を育む。
    ●画像設計(35名)
    視覚学、視覚芸術学、画像工学の3分野からなり、人間にとって価値の高い情報を処理・伝達できる画像設計の専門家を養成する。
    ●音響設計(35名)
    音文化学、音響環境学、音響情報学の3分野からなり、総合的観点から人間に適した音環境を創造するための計画・設計を行っている。
    ●芸術情報設計(37名)
    芸術や文化への理解とコミュニケーションに関する科学的専門知識を持ち、総合力と企画力を備えたメディア環境設計の専門家を養成する。

    農学部(226名)
    大正8年に東大、北大に次いで発足し、これまでに幾多の人材を輩出。農学の使命を達成する多様な人材の養成を目的として、生命科学、環境科学、食の科学等において国際的に通用する専門性と技術を有し、課題探求能力とバランス感覚を備えた人材を養成する。水産実験所、生物的防除研究施設など附属施設も充実している。
    ●生物資源環境(226名)
    2年次後期から生物資源生産科学コース(4専門分野)、応用生物科学コース(2専門分野)、地球森林科学コース(3専門分野)、動物生産科学コース(2専門分野)に分かれて高度な専門科目を履修する。

    特色

    転編入学
    学内の転学部・学科=転学部は医学部・歯学部・薬学部を除き1、2年次修了後に認める。転学科は理学部・芸術工学部で認める。他大学からの編入学=文学部・法学部・経済学部・理学部・工学部・芸術工学部で2年次修了後に認める。3年次編入学定員=経済学部経済・経営学科10名、経済工学科10名、理学部数学科5名、工学部31名以内。

    奨学制度
    日本学生支援機構=平成29年度の受給生は4,467名(延べ人数)。ほかに各種育英団体の奨学金受給者がいる。

    留学制度
    アメリカのワシントン大学、中国の北京大学など約114機関と交流協定を締結し、毎年60?70名程度の交換留学生を派遣。

    学寮
    ドミトリー1・定員254名、ドミトリー2・定員248名、ドミトリー3・定員136名、伊都協奏館・定員551名、井尻寮・男子110名。

    取得資格
    教職=国語・英語・ドイツ語・フランス語・中国語(以上文)、社会・地理歴史・公民(以上文・教育・法・経済)、数学(理〈物理・数〉)、理科(理〈数以外の各学科〉・農)、農業・水産(以上農)。医師国家試験受験資格(医〈医〉)、看護師・保健師の各国家試験受験資格(医〈看護学〉)、診療放射線技師国家試験受験資格(医〈放射線技術科学〉)、臨床検査技師国家試験受験資格(医〈検査技術科学〉)、歯科医師国家試験受験資格(歯)、薬剤師国家試験受験資格(薬〈臨床薬〉)、1級建築士国家試験受験資格(工〈建築〉・芸術工〈環境設計〉)、インテリアプランナー(芸術工〈環境設計・工業設計〉)など。

    就職状況
    大学院進学者が52.7%(理学部77.5%、工学部85.7%、農学部69.4%など)と多いが、就職する場合は首都圏や近畿圏の一流企業が中心。文学部は教員になる者も多く、教育学部はサービス業など。法学部は法曹界、官公庁、教育界、実業界に幅広く進出。経済学部は実業界が中心で業種は多彩。理学部は製造業のほか教員も多く、工学部は製造業や建設業を中心に進出している。芸術工学部は製造業が過半数を占め、次いで情報処理業など。農学部は食品産業、医薬品産業など多彩。平成29年度まで学生募集を行った21プロは半数程度が大学院進学。その他、一般企業、官公庁等多様な分野に進出。

    page top
    拡大画像クリックで閉じる