高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

新増設大学・学部・学科特集

2018、2017年度に開学の大学や新増設される学部・学科の情報をご覧いただけます。

私立東京農業大学東京都、神奈川県、北海道

この大学の情報はコチラ
2018年4月開設 農学部 農学科、動物科学科、生物資源開発学科、デザイン農学科

農学の広がりに対応した学科構成・カリキュラムを整え、豊かで持続可能な社会の実現に貢献します。

デザイン農学科

農学は生物の持つ多様な機能を巧みに利用し、高品質の食料を安定生産するとともに生活の質 (QOL:Quality of Life)を向上させ、また、生態系保全と修復にも大きな役割を果たす実践的な価値を追求する学問です。現在、農学に対する社会的ニーズはこれまで以上に高まるとともに多様化してきています。農学は生命(いのち)に触れ、生き物を育てる生産科学の学問であるばかりでなくそこで得られる知識や知恵を利用して、地域レベルから地球規模の環境保全、生活の質の向上やライフスタイルの形成にまで関わることが、大きく期待されています。このような時代のニーズに対応し農学部は、農学科、動物科学科(仮称)、生物資源開発学科(仮称)、デザイン農学科(仮称)の4学科体制になります。その中で伝統的に東京農大の学びの中心「研究室」は新体制でも学びの中心であり続けます。新しい農学部でも確実に受け継がれます。


農学部は4学科体制に。現21研究室に加え、新たに1研究室が新設されます。

生物資源学科 ■農学科
農業が直面するさまざまな課題と向き合い、その解決をめざします。稲、麦、果物、野菜、ハーブなどの食べ物から、生活に潤いをもたらす植物、さらに植物生産と深く関わっている微生物までが研究対象です。
■動物科学科
動物生命科学を通じて、生命の尊厳や倫理を学び、豊かな心を持ち、医学・薬学・理学の領域まで広がる関連産業の領域で貫献する人材を育成します。
■生物資源開発学科
生物多様性の保全は、自然環境の維持や生態系サービスの享受につながり、持続可能な社会構築にもつながります。その維持・管理は、人間生活の基礎であり、多面的な生物資源の持続的利用と共に、これからの農学に求められている大きなテーマです。
■デザイン農学科
生物や生産物の機能性を解明し、効果的な利活用を行い、食と農との持続的なシステムに基づいた社会、地域、生活をデザインし、人類の幸福(well-being)の実現をめざしていきます。

新増設大学・学部・学科特集

page top
拡大画像クリックで閉じる