高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

  • #地域
  • #観光学
  • #旅行
  • #エコツーリズム
  • #ハワイ

観光学の
学問分野解説
を読む

どうしたら旅行に行きたい街になるの?

観光学

最近、観光に関する話をよく聞く。観光が重要視されているけど、そもそもどうしたら旅行に行きたい街になる?

  • ガイドブックを見ていて思ったんですけど、どうしたら旅行に行きたい街になるんですか? 今までそんなに話題にならなかったところが、いつの間にか観光名所になってたりして、不思議です。
  • なるほど。じゃあ、まずは観光名所になることに成功した街の例を見てみましょう。例えば宮城県の鳴子温泉の「着地型」観光。「着地型」観光とは、地元の人たちが提案する、地域資源を生かした旅のことよ。鳴子温泉は「下駄」をキーワードに地元の魅力を知るという観光がヒットしたの。
  • へぇ!行ってみたいです!
  • ほかにも大阪では外国人観光客を対象に、2009年から、大学生たちがボランティアで「新今宮観光インフォメーションセンター」という案内所を開いて、ここを中心に地域のネットワークが広がっているわ。今では地域の人たちやお店とうまく連携して、観光客をまちへつなげるイベントを企画したりしているの。
  • 外国人を対象にして成功することもあるんですね。もちろん外国人と日本人の感性は違うと思うけど、「旅行に行きたい」と思わせる街に共通のことってあるんですか。
  • いい質問ね! それを考えていくのがまさに観光学なのよ。「旅行に行きたい」という思いの背景を探っていくと、緊張の解消、娯楽の追求、人間関係の強化、知識の増進、自分自身の成長など、いくつかのパターンに分類できるの。どれを押していくのがその街にあっているのか、これがわかっていることが大切だと考えられるわ。
  • なるほど。その中なら私は娯楽の追求型かな。地域限定の食べ物やイベントがあるとそこに行きたくなりますもん。
  • 「限定」は非常に大事な要素よね。地域だけでなく、ホテルでも、「ココだけ」をアピールするのが効果的なの。
  • 例えば砂漠の真ん中でもプールが楽しめるホテルなんて、聞くだけでワクワクしてこない? 旅行者は「その場所にしかない何か」を求めて観光に来るわけだから、世界各地の一流ホテルでは、地元の人を採用し、その土地を知り尽くしているからこその情報を盛り込んで、サービスの内容やプロモーションの方法を考えているのよ。
  • 確かに! 旅行に行くときって観光名所いろいろ調べますけど、何か特別な魅力がこっちまで伝わらないと選択肢にすら挙がらないですもんね。
  • その点、優れているのはハワイね。日本がバブルの頃は「ショッピング」「ビーチ」で宣伝していたけれど、今は大自然・癒しといったところを日本人向けのPR文に盛り込んでいるのよ。時代の変化とともに、人々のニーズが変わり、それに合わせて「観光地・ハワイ像」を作り変えているのね。
  • へ~!じゃあ日本だとどんなことをアピールできるのでしょうか。
  • そうね。「着地型」という点では、地域独自の貴重な動物と触れ合いつつ自然保護意識を高める「エコツーリズム」や、地域の人と交流しながら農業や漁業の体験、ひいては修験者の体験ができる「グリーンツーリズム」など、体験型の旅行も人気があるわね。
  • 面白そうです!ただ名所旧跡を訪れるだけでなく、人や動物と触れ合いながら、日ごろ体験できないことを体験すれば、好奇心も満たされるし、地域との交流も深まりますね!
  • そうね。観光の基本は「人と人との出会い」だから、地元の人との触れ合いを通して地域の魅力を発掘し、発信するという文化的・精神的な営みでもあるね。だから地域が魅力を発信するだけでなく、旅行者が魅力を発掘するという面も生まれているわ。
  • どういうことですか?
  • 例えば東京都台東区の合羽橋道具街って知ってる? 生活用品や道具類の店が集まる問屋街なんだけど、外国人観光客にとても人気なの。彼ら彼女らには私たちに当たり前の急須や箸、おろし金などがユニークでクールなものに映り、わざわざ買っていく人も少なくないのよ。私たちの日常自体に魅力を発見してくれているの。
  • それってアピールするのが難しいですね、こっちには当たり前のものだから。
  • 相手のニーズをいかに把握するかが大切よ!
  • 文化の違う人に自分の文化をいいと思ってもらうには、しきたりを「守る」部分と相手に合わせて「変える」部分の線引きを「いい塩梅(あんばい)」で決めることが重要ね。こちらのしきたりを押し付けてしまうのは「おもてなし」じゃないわ。せっかく楽しい思い出になるよう旅行に来てくれたのに台無しにしてしまうわ。
  • 中々難しいですね・・・。外国の旅行者とコミュニケーションを取れるように、英語の勉強もしよっと!
page top