高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

新増設大学・学部・学科特集

2020年度~2017年度の新設大学や新増設学部・学科の情報をご覧いただけます。

私立名古屋女子大学愛知県

この大学の情報はこちら 大学ホームページ  
2019年4月開設 健康科学部 看護学科、健康栄養学科

「栄養学」と「看護学」の連携教育

名古屋女子大学は管理栄養士養成校として50年にわたって多くの管理栄養士を輩出してきました。そのノウハウを元に、さらに医療分野で活躍できる管理栄養士を養成するべく、2019年4月、家政学部 食物栄養学科を健康科学部 健康栄養学科に改組しました。
健康科学部(健康栄養学科・看護学科)では、“人の生きる力の基本を創る食”を担う「栄養学」と、“その人の生きる力・生活する力”を引き出す「看護学」の連携教育を行います。看護学科では、「食と健康」の重要性を念頭において、チーム医療や地域包括ケアシステムにおいて管理栄養士との連携を図れる力を養います。
■修業年限 4年
■入学定員 80名
■取得資格 看護師国家試験受験資格
保健師国家試験受験資格(12名)

※保健師免許を取得した場合、申請により養護教諭二種免許状、第一種衛生管理者免許を取得できます。 ■実習先  一般社団法人日本海員掖済会 名古屋掖済会病院、藤田医科大学病院、藤田医科大学坂文種報德會病院、独立行政法人地域医療機構推進機構 中京病院、新生会第一病院 ほか
詳細はこちら


噛むことで脳が活性化!?
最新の研究事例から食と健康の結びつきを学ぶ

医療が「地域包括ケアシステム」へとシフトしていく中、口から食べて健康を維持することの重要性が叫ばれています。本学科でも、口の機能と健康との関わりを学ぶ科目である「口腔健康管理」を設け、歯科医師免許を有する専任教員が講義します。「噛む」ことは脳を活性化し、認知機能の維持やストレス抑制などの効果をもたらすという、最新の研究データも取り上げながら、私たちの健康に大きな影響を与える口の機能について考えていきます。講義や演習の一部は健康栄養学科と連携して行うことで、「食と健康」を結びつけて考えられる視点を養います。 詳細はこちら

新増設大学・学部・学科特集
page top