高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

玉川大学 東京都

公式サイトを見る

玉川大学の 
学校情報

■輝く自分、出会う瞬間。〜「人」を育てる〜
「全人教育」を理念に掲げ、学生一人ひとりのもつ可能性を引き出し、夢の実現に向けて挑戦する人材を育成しています。緑豊かなキャンパスには、教育・文・芸術・経営・観光・リベラルアーツ・農・工学部の様々な夢をもつ学生が集結。学部の垣根を超えた学び、そして、体験型学修をはじめとした、学生の「やってみたい!」を応援する体制が整っています。

■新たな学びの場が続々誕生!教育環境がさらに充実
61万平方メートルの広大なキャンパス内には、最新鋭の図書館とアクティブ・ラーニングなの多機能な学修に対応する施設「大学教育棟 2014」、本学独自の英語教育プログラムELFの学修施設「ELF Study Hall 2015」、音楽教育の新たな拠点「University Concert Hall 2016」や農学部の実験施設「LED農園®」「アクア・アグリステーション」など、学修環境が充実。さらに、農・工・芸術学部の3学部が融合する新たな学びの拠点として「STREAM Hall 2019」、「Consilience Hall 2020」が誕生しました。新たな学修施設が続々と完成を迎え、学部の枠を超えた学びを実践しています。

■独自の英語教育「ELFプログラム」
「国際共通語としての英語」の学修を全学部で必修科目としています。ELF(English as a Lingua Franca)プログラムでは、英語を母語としない人たち向けの英語教授法や応用言語学を修めた10以上の国籍、様々な母語をもつ教員が指導にあたり、「使える英語力」を身につけます。

■科学と芸術を融合した学び「ESTEAM教育」
現在、玉川大学では、科学、技術、工学、数学を統合的に教える「STEM教育」に、Artsの「A」とELFの「E」を加えた「ESTEAM教育」を推進しています。科学技術と芸術の融合をめざし、工学部・農学部・芸術学部をはじめ、専門分野の垣根を超えた学びを通して、変化の著しい社会に対応できる力を養います。

■専門教員から学べる教養科目・学びのゴールは「身に付く」まで
「多角的に物事を捉える力」の修得をめざして、さまざまな学問領域に触れる「ユニバーシティ・スタンダード科目」。各分野の専門教員から学べるのは総合大学ならではの強みです。それは専門的学修と研究をする「学科科目」を学ぶ土台にもなります。さらに、玉川大学では、「どれだけたくさん学んだか」という履修主義ではなく、「どれだけ深く学んだか」という修得主義で学びを評価しています。学期ごとの履修科目数を絞ることで、学びの質を高めます。

玉川大学の 
キャンパス情報

  • 本学キャンパス

    〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1

    交通

    小田急小田原線「玉川学園前」駅下車徒歩3分

    地図で確認


page top
拡大画像クリックで閉じる