高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

甲南大学の 
奨学金情報

【甲南大学”わがくるま星につなぐ”甲南の星奨学金】 給付制/免除制
定員:
採用候補者数 約100名
概要:
甲南学園創立100周年記念事業寄付金を基金として2019年に設立された。甲南大学への入学を強く志望する自宅通学圏以遠の受験生に対し、入学後の給付制奨学金を予約採用する制度。給付期間は入学後2年間で、給付年額は文系学部50万円、理系学部70万円。
【甲南大学立野純三奨学金】 給付制/免除制
定員:
採用候補者数 4名
概要:
甲南大学卒業生の立野純三氏からの寄付金により設立された。甲南大学への入学を強く志望する中国・四国地域出身の公募制推薦入学試験受験生に対し、入学後の給付奨学金を予約採用する制度で、採用候補者は、入学後所定の手続きをすることで正式に奨学生として採用される。給付期間は入学年度限りで、年額50万円を給付する。
【甲南学園奨学金】 給付制/免除制
定員:
年度によって異なる
概要:
2年次以上に在学する学部学生および大学院生であって、人物・学業ともに優秀で、学資の援助が必要であると認められるものに対し、学部生:月額25,000円、大学院生:月額30,000円を給付する。
【中川路奨学金】 給付制/免除制
定員:
年度によって異なる
概要:
元甲南学園理事長・中川路貞治氏のご遺族による寄付金を基金として設立され、2年次以上に在学する学部学生であって、人物・学業ともに優秀で、学資の援助が必要であると認められるものに対し、月額25,000円を給付する。
【甲南大学瀧川奨学金】 給付制/免除制
定員:
年度によって異なる
概要:
兵庫トヨタ自動車株式会社からの特別寄付金を基金として設立され、2年次以上に在学する学部学生であって、人物・学業ともに優秀で、学資の援助が必要であると認められるものに対し、月額30,000円を給付する。
【甲南大学平友奨学金】 給付制/免除制
定員:
年度によって異なる
概要:
甲南学園創立者平生釟三郎の育英事業(拾芳会)で学資の支給を受けた冨熊雄氏のご息女、故冨和子氏からの遺贈による寄付金を基金として設立され、2年次以上に在学する学部学生であって、人物・学業ともに優秀で、学資の援助が必要であると認められるものに対し、月額20,000円を給付する
【甲南大学旧制甲南高等学校奨学金】 給付制/免除制
定員:
1名
概要:
旧制甲南高等学校の記念事業の一環として、同窓会より受贈した寄付金を基金として設立された。3年次以上に在学する学部学生であって、人物・学業ともに優秀で、学資の援助が必要であると認められるものに対し、月額20,000円を給付する。
【甲南大学父母の会奨学金】 給付制/免除制
定員:
年度によって異なる
概要:
甲南大学父母の会が、学園創立50周年を記念して設立した奨学金制度であり、2年次以上に在学する学部学生であって、人物・学業ともに優秀で、学資の援助が必要であると認められるものに対し、月額40,000円を給付する。
【甲南大学同窓会奨学金】 給付制/免除制
定員:
年度によって異なる
概要:
甲南大学同窓会が、同窓会発足35周年と、甲南学園創立者・故平生釟三郎が行った私費育英奨学金事業の創設80周年を記念して設立した奨学金制度であり、2年次に在学する学部学生であって、人物・学業ともに優秀で、学資の援助が必要であると認められる学部学生に対し、月額20,000円を給付する。
【甲南大学八木愼二”わがみちをすすめ”奨学金】 給付制/免除制
定員:
年度によって異なる
概要:
甲南学園の発展を願った八木愼二氏の遺訓(おしえ)をもとに、「自から道を求め、自から道を拓いて行く」(平生釟三郎)ことに邁進する人物の輩出を目的とした奨学金制度であり、優秀な学部学生であつて、経済的環境の厳しい者に対し、月額45,000円を給付する。
【甲南100周年記念栄誉特待生】 給付制/免除制
定員:
年度によって異なる
概要:
甲南学園創立100周年記念事業の「人物教育率先」創立者平生釟三郎記念教育振興事業の寄付金を基に創設され、「人格ノ修養、健康ノ増進ヲ第一義トシ、個性ヲ尊重シテ天賦ノ特性ヲ啓発スベク、知的教育ヲ施サン」とする建学の精神に即して、学修・文化・スポーツ・国際交流・社会貢献の諸分野において、旺盛な意欲、活動力を顕彰し、もって人物教育の率先を図ることを目的とした制度で、各分野ごとに年額30万円から100万円の奨励金を給付する。
【甲南大学同窓会チャレンジ基金】 給付制/免除制学力基準による受給条件なし家計基準による受給条件なし
定員:
上限8名
概要:
同窓会費を基金として創設された奨学金で、本学の個性尊重の建学精神に鑑み、学芸・文化・スポーツなど社会の様々な分野で、自らの得意とする知識や技術を活かし活躍すると共に一層の向上を志す前途有為な人材を育成することを目的とし、年額50万円を上限として給付する。

page top
拡大画像クリックで閉じる