高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

広島文教大学/広島県

広島文教大学 ホームページ

広島文教大学の 
学校情報

開学以来50有余年、広島文教女子大学は、創設者 武田ミキの唱えた教育理念「心を育て 人を育てる」に導かれつつ、真実に徹した堅実な女性の育成に努めてきました。幾多の困難を乗り越えながら積み重ねてきた教育実践と研究活動は、例えば全国屈指の成果を誇る公立小学校教員採用試験結果にも顕著なように、有為な人材を多数輩出することによって、社会的に高い評価をいただいています。
しかし、開学からの半世紀で、私たちを取り巻く世界は大きく変化しました。少子高齢化社会、男女共同参画社会など、従来の価値観や物事の進め方では解決の糸口を見出しえない課題が、私たちの目の前に次々と立ち現れてきます。さらに、高度情報化やグローバル化にさらされる現代にあっては、私たち一人ひとりの生活が他者との関わりなしに存立しえないことも、もはや明白なものとなりました。

平成31年(2019年)4月、こうした社会情勢の変化を受けて、広島文教女子大学は開学以来の大きな改革に挑戦します。初等教育学科を人間科学部から独立させて教育学部とし、従来の人間科学部とあわせて2学部体制に移行します。またこれに伴って、この2つの学部に男子学生も受け入れることとしました。大学の名称も、「広島文教大学」と改めます。

今回の改革の柱は、「大学だけが変わるのではなく、地域に最も貢献できることを突き詰め、地域と共に成長できる大学づくり」を実現することです。また共学化によって男子にも門戸を開き、教員になりたいという多くの若者の夢を叶え、小学校や中・高校の教員として地域で活躍する。教育学部を強化することで地域貢献をいっそう充実させ、地域と共に発展する道を模索した際に、男女共学化を考えました。
本学は派手ではないけれども堅実、ということは地域の方にも高校の先生方にもご理解いただいています。たとえ共学化して見かけの姿が変わっても、育心育人という本学教育の根底に流れる精神を重んじ、変わらぬ文教らしさをもって教育にあたってまいります。

広島文教大学の 
所在地

  • 本学キャンパス

    〒731-0295 広島県広島市安佐北区可部東1-2-1 

    交通

    JR可部線「可部駅」またはJR芸備線「下深川駅」からスクールバスにて5〜10分

    地図で確認

特集コンテンツ


page top
拡大画像クリックで閉じる