高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

一橋大学/東京都

一橋大学 ホームページ

一橋大学の 
学校情報

1.充実した研究基盤を確立し、新しい社会科学の探究と創造の精神のもとに、独創性に富む知的、文化的資産を開発、蓄積し、広く公開する。

2.実務や政策、社会や文化との積極的な連携を通じて、日本及び世界に知的、実践的に貢献する。

3.豊かな教養と市民的公共性を備えた、構想力ある専門人、理性ある革新者、指導力ある政治経済人を育成する。

一橋大学の 
所在地

  • 国立キャンパス

    〒186-8601 東京都国立市中2-1 

    交通

    JR中央線国立駅下車南口から徒歩約10分
    皆様のご来場をお待ちしています。

    地図で確認

特集コンテンツ

デジパン

1分動画
1 一覧でみる

学問・研究
一覧でみる

    特色&学部・学科

    この大学の特色はなんといっても実業界に強いこと。東大が官界・政界をおさえているのに対し、一橋大は商社、金融、保険といった実業界に一橋閥を形成。重役輩出率は全国一といわれるほど多彩な人脈を築き上げている。一橋大といえばゼミナールの元祖としても有名。今も伝統の少人数ゼミが中心だ。学部間の垣根が低く、各学部の開設科目を自由に履修することができる点も見逃せない。キャンパスは文教都市・国立にあり、歴史を刻んだロマネスク建築の兼松講堂や時計台のそびえる図書館などがフランス式庭園を中心に緑豊かな自然のなかに溶け込んでいる。

    学部・学科

    商学部(275名)
    明治8年創設の商法講習所以来の伝統を受け継ぐ学部。世界で最も長い歴史を持つビジネススクールの一つとして、自他共に商学の殿堂と認める実績を誇る。実践志向の強さと国際性の高さが特色。
    ●経営・商(275名)
    経営、会計、金融、マーケティング、イノベーション、産業文化、経営基礎科学の7部門を有し、日本および世界の企業社会に関する諸課題を、社会科学分野の多様な学問を駆使して分析する能力の育成をめざす。経営学科と商学科に分かれているが、入学時点では両者を区別せず一括して募集し、第3学年進学時に振り分ける。

    経済学部(275名)
    わが国の経済学界の雄として君臨。長い歴史の中で生み出された多数の研究成果は国際的にも高い評価。少数ゼミを重視している。
    ●経済(275名)
    経済理論・経済統計、応用経済、経済史・地域経済という3つの大学科目で構成され、実証的・政策的な研究も重視している。

    法学部(170名)
    旧制の東京商大時代から優秀なスタッフによって充実した法学教育が行われていた実績があり、各界に多数の人材を輩出している。
    ●法律(170名)
    3年次から法学、国際関係の2コースに分属し、他学部との連携を強めながら法学・国際関係の基本的な教育・研究が行われる。

    社会学部(235名)
    国立大で唯一の社会学部。社会が直面する諸問題を多面的に分析・理解し、実社会で応用する力を備えた人材の養成をめざしている。
    ●社会(235名)
    カリキュラムは社会動態、社会文化、人間行動、人間・社会形成、総合政策、歴史社会からなり、広く人文社会諸科学に及んでいる。

    特色

    転編入学
    学内の転学部・学科=認める。他大学からの編入学=認めない。

    奨学制度
    日本学生支援機構=現在の受給生769名(全学生の17.4%)(平成29年度実績)。ほかに学業優秀奨学金など大学独自の制度がある。

    留学制度
    学生交流協定校との1年間の交換留学を主とする「海外派遣留学制度」は、奨学金が支給され、この制度を利用して平成29年度は108名の学生を派遣した。

    学寮
    国際学生宿舎(小平市学園西町)・新入生収容予定若干名。

    取得資格
    教職=商業(商)、社会・地理歴史・公民(以上法・社会)、公民(経済)、数学(経済)、英語(社会)。

    就職状況
    伝統的に金融関係、保険・証券、貿易商社、大手メーカーなど一部上場会社への就職者が圧倒的に多い。最近は外資系企業への就職もふえている。主な就職先は三菱UFJ銀行31名、三井住友銀行20名、みずほフィナンシャルグループ16名、三井物産、東京海上日動火災保険(以上各14名)、三井住友信託銀行、三菱電機、東京都(以上各13名)、丸紅11名、三菱商事、住友商事、日本アイ・ビー・エム(以上各10名)、トヨタ自動車、伊藤忠商事、日本放送協会(以上各9名)、新日鐵住金、東レ(以上各8名)、大和証券、日本生命保険、日本郵船(以上各7名)、アクセンチュア、アメリカンファミリー生命保険、三井不動産、三菱UFJ信託銀行、住友化学(以上各6名)などだった(平成28年度実績)。

    page top
    拡大画像クリックで閉じる