高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

熊本大学/熊本県

熊本大学 ホームページ

熊本大学はネット出願のため紙の願書の請求受付はありません。

熊本大学の 
学校情報

本学の教育は、初年次では少人数教育に重点を置き、教員との密なコミュニケーションの下で、生きる力の養成と情報リテラシーを含んだ基礎的学習能力の涵養を目指しています。学部では主体的な課題探求能力や外国語運用能力の育成に力を注ぎ、大学院では総合的判断力と専門的知識と技能を身につけた高度専門職業人を育成します。

熊本大学の 
所在地

  • 黒髪キャンパス

    〒860-8555 熊本市中央区黒髪2丁目40番1号 

    交通

    【JR熊本駅から】

    都市バス:第1環状線[駅2](大学病院・大江渡鹿経由)「子飼橋」下車徒歩10分/

    産交バス:楠団地、光の森産交方面行き「熊本大学前」下車/

    【JR上熊本駅から】

    都市バス:第1環状線[駅1](子飼橋経由)「子飼橋」下車徒歩10分/

    【熊本空港から】

    空港リムジンバス熊本駅行き「通町筋」下車、「水道町」から産交バスで楠団地、光の森産交方面行き、大津行き等「熊本大学前」下車/

    【交通センターから】

    産交バス:楠団地、光の森産交方面行き、大津行き等「熊本大学前」下車/

    【JR竜田口駅】

    産交バス:交通センター行き「熊本大学前」下車

    地図で確認

  • 本荘キャンパス

    〒860-8556 熊本県熊本市中央区本荘1-1-1 

    交通

    【JR熊本駅から】 
    都市バス:第1環状線[駅1](大学病院・大江渡鹿経由)「大学病院前」下車/ 
    【交通センターから】 
    都市バス:八王寺環状線[南1]、流通団地線[南4]「大学病院前」下車 

    地図で確認

  • 九品寺キャンパス

    〒862-0976 熊本県熊本市中央区九品寺4-24-1 

    交通

    【JR熊本駅から】 
    都市バス:第1環状線[駅1](大学病院・大江渡鹿経由)「大学病院前」下車/ 
    【交通センターから】 
    都市バス:八王寺環状線[南1]、流通団地線[南4]「大学病院前」下車 

    地図で確認

  • 大江キャンパス

    〒862-0973 熊本県熊本市中央区大江本町5-1 

    交通

    【JR熊本駅から】 
    市電:健軍行き「味噌天神」下車徒歩5分/ 
    【交通センターから】
     
    市営バス:小峯、日赤行き等(県庁経由)「味噌天神」下車徒歩5分 
    産交バス:木山、沼山津行き等(健軍・県庁経由)「味噌天神」下車徒歩5分 
    【JR新水前寺駅から】 
    徒歩10分

    地図で確認

特集コンテンツ

デジパン

1分動画
1 一覧でみる

学問・研究
一覧でみる

    特色&学部・学科

    現在、文、教育、法、理、医、薬、工の7学部構成。平成26年度に文部科学省が創設したスーパーグローバル大学創成支援事業(タイプB/グローバル化牽引型)に採択され、「地域と世界をつなぐグローバル大学Kumamoto」構想にもとづき、教育力と研究力で社会のグローバル化を牽引する人材養成を行っている。2017年度より、文学部、法学部、理学部、工学部の4学部にグローバルリーダーコースを設置。人材養成目的に対応した入試として、高大接続型の入試(AO入試)を実施している。

    学部・学科

    文学部(170名)
    旧制第五高校以来の伝統があり、豊かな人間性と高い専門性を持った総合的な人材を養成。人間の文化的・社会的営為に関わるそれぞれの専門領域を深く研究し、併せて関連領域をも広く学習する。
    ●総合人間(55名)
    人間科学(哲学・心理学)、社会人間学(倫理学・社会学・文化人類学)、地域科学(地域社会学・民俗学・地理学)の3コースがあり、現代社会の課題に積極的に取り組んでいる。
    ●歴史(35名)
    世界システム史学コース(アジア史学・西洋史学・文化史学)と、歴史資料学コース(考古学・日本史学)に分かれて専門科目を履修する。
    ●文(50名)
    東アジア言語文学(日本語日本文学・中国語中国文学)、欧米言語文学(英語英米文学・独語独文学・仏語仏文学)、超域言語文学(比較文学)の3コースに分かれて専門科目を履修する。
    ●コミュニケーション情報(30名)
    コミュニケーション情報学、現代文化資源学の2コースに分かれて専門科目を履修する。

    教育学部(230名)
    教員養成4課程において、教員の養成を行っている。附属教育実践総合センター、幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校がある。
    ●小学校教員養成(110名)
    小学校教員養成のための科目のほか、副専攻として中学校の10教科、特別支援教育、教育学、心理学の13専攻から1つを履修する。
    ●中学校教員養成(70名)
    国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語の10教科に分かれる。副専攻として小学校課程を履修できる。
    ●特別支援教育教員養成(20名)
    特別支援学校の教員養成に必要な専門科目を履修するが、基礎資格として小学校の課程を履修する。所定の単位を修めると、中・高の免許も取得できる。
    ●養護教諭養成(30名)
    基礎医科学、臨床医科学・看護学、教育保健の3分野を中心に履修する。養護教諭のほか中・高(保健)の教員免許も取得できる。

    法学部(210名)
    現代社会に生起する諸問題を法的・政策的な視点から発見・分析・解決するための基礎的実践的能力を充実した教育研究を通して養う。
    ●法(210名)
    法学部では、法学科1学科制のもと1・2年次で幅広い学びに触れるとともに、コースごとに専門的な科目を選択する。また、教員と学生の距離が近い、少人数制教育を基礎としている。

    理学部(200名)
    従来の6学科を1学科体制に改編し、自然科学全般を視野に入れた理学教育システムを構築。柔軟な教育プログラムを設定している。
    ●理(200名)
    理学共通の知識や多面的な思考法などの知的な技法を修得させたあと、3年次から数学、物理学、化学、地球環境科学、生物学の5コースのいずれかを選択履修。オーダーメイドの教育を実践し、理学のスペシャリストを養成する教育・研究を推進している。

    医学部(259名)
    宝暦6年創設の再春館が源で、幾多の人材を輩出。国際先端医学研究拠点施設、エイズ学研究センターなどの研究水準はきわめて高い。
    ●医(115名)
    科学的で独創性に富む思考力を養わせ、医師、研究者、医療福祉系行政官として社会的使命を追求・達成できる人材を養成する。
    ●保健(144名)
    看護学、放射線技術科学、検査技術科学の3専攻がおかれ、保健医療を支えるコ・メディカルスタッフの養成をめざしている。

    薬学部(90名)
    2学科構成。薬用植物園など施設・設備が充実し、高度の薬学的思考力と倫理感を備えた創造性豊かな人材を養成する。
    ●薬(55名)
    6年制で、高度化する医療において薬物治療の指導者となる薬剤師、疾病の予防・治療に貢献する臨床研究者の養成をめざしている。
    ●創薬・生命薬科(35名)
    4年制で、創薬科学や生命科学分野をリードする研究者・技術者及び医薬品情報担当者等として活躍する人材の養成をめざしている。

    工学部(513名)
    最新の研究設備を備え、工学の基礎的知識、高度な専門知識のほか幅広い分野にわたる知識とその応用能力の養成をめざしている。「衝撃エネルギー工学グローバル先導拠点プロジェクト」「次世代マグネシウム合金の開発と実用化研究プロジェクト」など、国の先端研究プロジェクトとして採択されている。
    ●土木建築(124名)
     土木工学、地域デザイン、建築学の3つの教育プログラムで構成され、魅力的で持続可能な社会や生活環境をデザインすることのできる人材を育成する。
    ●機械数理工(109名)
    機械工学、機械システム、数理工学の3つの教育プログラムで構成され、工学と数学の基礎的な知識と技術を兼ね備え、さまざまな問題に実践的に応用できる人材を育成する。
    ●情報電気工(149名)
    電気工学、電子工学、情報工学の3つの教育プログラムから構成され、情報電気電子分野に関する深い専門知識と専門技術を人類の福祉に供することのできる豊かな創造力を備えた技術者・研究者を養成する。
    ●材料・応用化学(131名)
    応用生命化学、応用物質化学、物質材料工学の3つの教育プログラムで構成され、各分野における専門知識と専門技術をもち、豊かな社会の持続的発展に寄与することのできる人材を育成する。

    特色

    転編入学
    3年次編入学定員=文学部10名、法学部10名、医学部保健学科16名、工学部45名。

    奨学制度
    日本学生支援機構=H30.3.1現在の受給生は4,039名(全学生の51%)。ほかに各種育英団体の奨学生がいる。

    留学制度
    48か国224大学と学生交流協定を締結しており、毎年交換留学生を派遣。ほかに短期海外語学セミナーや、協定校で実施されているサマープログラムに参加する者もいる。

    学寮
    男子寮・定員200名、女子寮・定員80名。寄宿料月額4,300円、光熱水費月額5,700円程度。280室のうち、留学生専用居室が25室。

    取得資格
    教職=英語(文〈文、コミュニケーション情報〉)、国語(文〈文〉)社会(文〈総合人間、歴史〉)、地理歴史(文〈総合人間、歴史〉)、公民(文〈総合人間〉)、数学(理〈理〉、工〈機械数理〉)、理科(理〈理〉)、工業(工〈土木、機械数理、情報電気工学、材料・応用化学〉)、情報(工〈情報電気工学〉)。 ※教育学部は省略学芸員(文・教育・理)、医師国家試験受験資格(医〈医〉)、看護師・保健師・助産師の各国家試験受験資格(医〈看護〉)、診療放射線技師国家試験受験資格(医〈放射線技術科学〉)、臨床検査技師国家試験受験資格(医〈検査技術科学〉)、薬剤師国家試験受験資格(薬)など。

    就職状況
    文学部はサービス業、金融・保険業、マスコミ、公務員など。教育学部は教員のほか公務員、福祉関係、金融・保険業など。法学部は公務員、金融・保険業、マスコミ、メディアなど。理学部はメーカー、教員など。工学部はメーカー、建設、情報通信など。医学部の医学科は大半が臨床研修医になる。薬学部は薬剤師、製薬・化学関係などが多い。

    page top
    拡大画像クリックで閉じる