高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

宮崎公立大学の 
奨学金情報

【MMU成績優秀者奨学金A(新入生対象)】 給付制/免除制
定員:
7名
受給資格:
一般選抜前期日程上位合格者5名、後期日程の上位合格者2名
概要:
受給資格に当てはまる方に対して、入学金相当額を納付免除という形での支給となり、現金の授受はありません。
※本奨学金についての情報は全て令和5年1月20日現在のものです。
【MMU修学支援奨学金A(新入生対象)】 給付制/免除制
定員:
該当者
受給資格:
下記のどちらかに該当する者。
1:入学前1年以内において学資負担者が死亡、かつ、世帯収入が基準額以下の場合
2:入学前1年以内において本人又は学資負担者が風水害等の災害を受け、かつ、世帯収入が基準額以下の場合
概要:
受給資格に当てはまる方に対して、入学金相当額を納付免除という形での支給となり、現金の授受はありません。
※本奨学金についての情報は全て令和5年1月20日現在のものです。
【MMU緊急修学支援奨学金A(新入生対象)】 給付制/免除制
定員:
該当者
受給資格:
下記のどちらかに該当する者。
1:東日本大震災により被災した入学予定者で次のいずれかに該当する者
 ア 被災により主たる学資負担者が、死亡または行方不明となっている場合。
 イ 被災により出願時に避難所生活など自宅で生活できない状況となっている場合。
2:災害救助法の適用があった地域で主たる学資負担者もしくは本人が入学前1年以内に被災した入学予定者、もしくは理事長が必要と認める次に該当する者。
 ア 被災により学資負担者が死亡または行方不明の場合。
 イ 被災により主たる学資負担者または本人の居住する住宅が半壊以上、全焼、半焼、全流失している場合。
概要:
受給資格に当てはまる方に対して、入学金相当額を納付免除という形での支給となり、現金の授受はありません。
※本奨学金についての情報は全て令和5年1月20日現在のものです。
【MMU成績優秀者奨学金B】 給付制/免除制
定員:
9名
受給資格:
本学の2年生〜4年生で、前年度の学業成績優秀者各学年上位3名
概要:
受給資格に当てはまる方に対して、授業料年額の半額分相当額を減額する形での奨学金支給となり、現金の授受はありません。
※本奨学金についての情報は全て令和5年1月20日現在のものです。
【MMU修学支援奨学金B】 給付制/免除制
定員:
4年生(平成31年4月以前入学者)
受給資格:
本学の4年生(平成31年4月以前入学者)で高い学習意欲及び進路目標を有しているにもかかわらず、学資負担者からの経済的援助を受けることができず、経済的に困窮しており高等教育の修学支援新制度に採用されていない者。
概要:
7月に募集を行います。授業料年額の半額分相当額を減額する形での奨学金支給となり、現金の授受はありません。
※奨学金採用は単年度ですので、申込は年度ごとに必要です。
※4年生はMMU成績優秀者奨学金Bと併せて受給することも可能です。
※本奨学金についての情報は全て令和5年1月20日現在のものです。
【MMU緊急修学支援奨学金B】 給付制/免除制
定員:
該当者
受給資格:
下記のどちらかに該当する者。
1:東日本大震災により被災した入学予定者で次のいずれかに該当する者
 ア 被災により主たる学資負担者が、死亡または行方不明となっている場合。
 イ 被災により出願時に避難所生活など自宅で生活できない状況となっている場合。
2:災害救助法の適用があった地域で主たる学資負担者もしくは本人が入学前1年以内に被災した入学予定者、もしくは理事長が必要と認める次に該当する者。
 ア 被災により学資負担者が死亡または行方不明の場合。
 イ 被災により主たる学資負担者または本人の居住する住宅が半壊以上、全焼、半焼、全流失している場合。
概要:
1:ア 給付年度の授業料全額
1:イ 給付年度の授業料半額
2:ア 給付年度の授業料全額
2:イ 給付年度の授業料半額
受給資格に当てはまる方に対して、授業料減額という形での支給となり、現金の授受はありません。
※本奨学金についての情報は全て令和5年1月20日現在のものです。
【MMU成績優秀者奨学金C】 給付制/免除制
定員:
該当者
受給資格:
本学の私費外国人留学生2〜4年生の中で、前年度までに各学年の基準単位数を修得しており、かつ、その成績が各学年の成績順位上位2分の1以内である者。
概要:
受給資格に当てはまる方に対して、授業料年額の半額分相当額を減額する形での奨学金支給となり、現金の授受はありません。
※本奨学金についての情報は全て令和5年1月20日現在のものです。
【MMU成績優秀者奨学金D】 給付制/免除制
定員:
該当者
受給資格:
私費外国人留学生選抜の合格者のうち、次の(1)(2)に該当する者。ただし、私費外国人留学生編入学生を除く。
(1)選抜試験において上位2位以内であること。
(2)公益財団法人日本国際教育支援協会と独立行政法人国際交流基金が主催する日本語能力試験(JLPT)においてN1に合格していること。
概要:
受給資格に当てはまる方に対して、入学料相当額を納付免除という形での給付を行い、現金の授受はありません。
※本奨学金についての情報は全て令和5年1月20日現在のものです。

page top
拡大画像クリックで閉じる