高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

名古屋芸術大学の 
奨学金情報

【名古屋芸術大学 学費減免制度】 給付制/免除制
定員:
第2学年以上の在学生でT種は在学生総数の1.0%以内、U種は2.0%以内。
受給資格:
◎2年生以上の在学生で、経済的理由により修学援助を必要とする学生で、学業成績、人物ともに優れた者
概要:
◎T種は当該学年の授業料の2分の1。U種は当該学年の授業料の4分の1を減免
【名古屋自由学院 緊急奨学金制度】 給付制/免除制
定員:
制限なし
受給資格:
◎正規課程に在学するすべての在学生で、保護者の急変(死亡、重病、失職、倒産など)により学費支弁が困難になった者
概要:
◎該当学年の授業料の2分の1を減免する制度
◎人数制限なし
【名古屋芸術大学 兄弟姉妹学費減免制度】 給付制/免除制
定員:
制限なし
受給資格:
◎正規課程に在籍する兄弟姉妹の学生のうち、最も授業料が高い者1名分
◎上記該当条件として「名古屋芸術大学学費減免制度」等に承認されていないことを要する。
概要:
◎当該年度の授業料の2分の1を減免する制度
◎人数制限なし
【名古屋芸術大学 入学金免除奨学金制度】 給付制/免除制
定員:
制限なし
受給資格:
(1)入学する者の父、母または子が大学院等の修了生または卒業生の場合
(2)名古屋音楽学校の専攻コースまたは特別研究コースに、原則として大学院等の入学年度前5年以内に通算1年以上在籍した修了生
概要:
◎入学金を免除する制度
◎人数制限なし
【名古屋芸術大学 入学特待生制度(1) 特別選抜「エキスパート入試」特待生制度】 給付制/免除制
定員:
若干名
受給資格:
◎「エキスパート入試」の合格者で、当該試験において「特待合格」となった者のうち学長が推挙した者
概要:
1年次の授業料、教育充実費、実習費を全額免除する制度
【名古屋芸術大学 入学特待生制度(2) 一般選抜「一般入試1期」特待生制度〔A特待〕】 給付制/免除制
定員:
5名以内
受給資格:
◎芸術学部および教育学部の「一般入試1期」合格者で、当該試験における成績順位が上位の者のうち学長が推挙した者
概要:
1年次の授業料、教育充実費、実習費を全額免除する制度
【名古屋芸術大学 入学特待生制度(3) 一般選抜「一般入試1期」特待生制度〔B特待〕】 給付制/免除制
定員:
13名以内
受給資格:
◎芸術学部および教育学部の「一般入試1期特待生制度(A特待)」に該当しなかった者で、当該試験における成績順位が上位の者のうち学長が推挙した者
概要:
1年次の授業料、教育充実費、実習費を年間計50万円に免除する制度
【名古屋芸術大学 入学特待生制度(4) 「学校推薦型選抜入学試験」特待生制度】 給付制/免除制
定員:
10名以内
受給資格:
◎芸術学部および教育学部の「学校推薦型選抜入学試験」合格者で、当該試験における成績順位が上位の者のうち学長が推挙した者
概要:
1年次の授業料、教育充実費、実習費を年間計50万円に免除する制度
【名古屋芸術大学 入学特待生制度(5) 特別選抜「社会人」「海外帰国生徒」「外国人留学生」特待生制度】 給付制/免除制
定員:
合計で5名以内
受給資格:
◎芸術学部および教育学部の「社会人入試」「海外帰国生徒入試」「外国人留学生入試」における成績順位が上位の者のうち学長が推挙した者
概要:
1年次の授業料、教育充実費、実習費を年間計50万円に免除する制度
【名古屋芸術大学 在学生特待生制度】 給付制/免除制
定員:
21名以内
受給資格:
◎芸術学部又は人間発達学部の第2学年から第4学年までに在学する学生、および大学院各研究科第2学年に在学する院生のうち、人格が高潔で学習に取り組む意欲が高く、かつ著しく学業成績優秀又は専門的学術技芸等の実績が高く他の学生の模範と認める者
概要:
◎特待生として推挙された1年間、授業料、教育充実費、実習費の全学が免除される制度です。
※2022年度入学者または2022年度在籍生を対象とした情報です。

page top
拡大画像クリックで閉じる