高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

  1. TOP
  2. 大学・短大検索
  3. 新潟食料農業大学
  4. 新潟食料農業大学の資料請求

新潟食料農業大学/新潟県

新潟食料農業大学 の 
資料請求

新潟食料農業大学の 
学校情報

「食」に関わる全てを学び、食料産業界をリードする人材を育成する

“食料産業”とは、「食」に関わる生産、加工、流通、販売までを含む幅広い産業です。
本学は「食」に関わる全ての分野を一体的に学び、これからの食料産業界の発展をリードする人材を育成する今までにない
新しい大学です。
4年間を通して食に関わる全ての「食・農・ビジネス」を一体的に学び、食料産業全体を理解する共通課程と、
2年次から、引き続き食に関わる全てを学びながら、コース課程で専門知識・技術を学びます。
4年間で食に関わる全ての知識・技術を身につけた食の「ジェネラリスト」と、専門知識・技術を身につけた「スペシャリスト」の両方を兼ね備えた人材を育成します。

≪食料産業学部・食料産業学科の特徴≫
【1年次】食に関わる全ての「食・農・ビジネス」を一体的に学びながら食料産業全体を理解します。
【2〜4年次】引き続き食に関わる全てを学びながら、希望する3つのコースでそれぞれの専門知識・技術を学びます。
●アグリコース<環境にやさしく効率的に、おいしくて安全な作物をつくる>
「栽培科学領域」と「植物分子科学領域」から構成され、植物・動物・微生物の生命体としての本質を学ぶとともに、
良質で安全・安心な食材の生産や安定的に効率よく生産量を高めていくための知識や技術を学びます。3年次にはフィールド調査、室内での分析・解析実験を行い、野外調査・作物診断の方法やデータ解析法を修得します。
●ビジネスコース<「つくる」と「食べる」をつなぎ、支える>
「食産業学領域」と「経営学領域」から構成され、経済学、経営学、情報学を軸に、
マーケティングや流通をはじめとする幅広い分野に関して理解を深めます。
3年次には、地域や企業と連携した演習を通じて課題解決型のフィールドワークを展開します。
●フードコース<消費者の“食べる”ニーズにこたえ安全・安心なおいしさを届ける>
「食品科学領域」と「食品プロセス学領域」から構成され食品に含まれる成分の生体機能について専門的知識を学ぶとともに、食品成分の特性を活かした食品の利用技術および製造・加工技術を学びます。3年次には化学・微生物・加工食品の実験なども行います。
【4年次】自身の研究と他コースとの連携講義で、新しい時代の技術開発や食料産業を創造します。

≪「食」の歴史に名を刻む実績と経験豊富な教員による教育・研究≫
「食」に関するそれぞれの分野で活躍する実績と経験豊富な教員陣による専門的な教育・研究を展開します。
「食のつながり」を途切れなく、かつ専門的に教育するそれぞれの分野の教員が揃っています。

また、大手食品メーカーなど、民間企業での実務経験のある教員が2割を占め、
「食」の現場で実際に活かせる知識・技術を身につけることができます。

≪「食」の大学で目指す「職」≫
本学部で食の全てを学ぶことによりどのコースに進んでも、「食」に関わる全ての「職」を
目指すことができ、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。
また、学内に「社会連携推進室」を設置し、企業や行政と連携した授業・共同研究を充実させながら、
インターンシップをはじめ、キャリアガイダンスや就職相談などの指導で、
一人ひとりの希望就職を全面バックアップします。

新潟食料農業大学の 
所在地

  • 胎内キャンパス

    〒959-2702 新潟県胎内市平根台2416番地 

    交通

    JR「中条」駅より無料スクールバスで約15分

    地図で確認

  • 新潟キャンパス

    〒950-3102 新潟県新潟市北区島見町940番地 

    交通

    JR「豊栄」駅より無料スクールバスで約20分

  • キャンパス外開催

    〒 新潟県胎内市平根台2416番地 


page top
拡大画像クリックで閉じる