テレメール全国一斉進学調査

主催:株式会社フロムページ
アンケートの回答方法やプレゼントをチェック

これまでの「テレメール全国一斉進学調査」で先輩たちから寄せられた、
高校生・受験生へのアドバイスを紹介します。
入学先が決まったら、ぜひアンケートに答えて、
後輩の皆さんにアドバイスしてあげてください。

成績 について

  • 消極的にならないで

    行きたい大学があるのなら、「センターの成績が良くないから、あの大学に行きたかったけど出願はやめよう」などと消極的になるよりかは、浪人覚悟で挑むのが良いと思います。後で、渋々ほかの大学に入ったことを後悔するだけですから。

    東京大学 入学/男子
  • 諦めずに勉強を続けよう

    私は第一志望は模試はC判定しか取れませんでした。でも、あきらめずに勉強を続けたら自然に成績もあがりセンター試験では、A判定、そのまま合格することができました。あきらめずに頑張ってください。

    大阪大学 入学/女子
  • 結果を素直に受け止めよう

    未来の自分がどう変化するかはわかりません。この分野に進むと早い時期に決めても先々進路が変わることもあるので、そのような変化に対応できるように全ての教科をしっかり勉強することは必須です。成績表の数字に一喜一憂する日々が続くと思いますが、結果を素直に受け止めて勉強に取り組むことが点数上昇への最短経路です。心が折れそうになることもあると思いますが、点数は意外と伸びるので最後まで諦めないことがとても大切です。

    関西大学 入学/男子
  • 勉強のやり方は工夫すべき

    将来の夢が決定したら出来るだけ早く目標大学や、資格取得ができる大学を探し、その大学に行くためには何をしていればいいだろうかと考えることが、大切だと思います。しかし早くから1つの大学に絞るのではなく、たくさんの大学の中でレベルが一番高い大学を目指し頑張り続ければ必ず合格できます。今の成績では行けない、と思い込まず、そのレベルに達していないならどういう勉強をしようか、とか勉強のやり方を工夫して、自分に合った勉強法を見つけてください!最後まで諦めずにfight!!

    岡山県立大学 入学/女子
  • 最後の1秒まで成績は伸びる

    受験を終えた身としては苦しくもいい時間を過ごせたと思う。アドバイスとしては出来るだけ早い段階で勉強のリズムを自分なりに確立することだと思う。人によってどこで勉強がしやすいかは違うだろうし自分に合った受験ライフを探すべき。成績が上がらなくても焦らず、特に現役生は最後の1秒まで実力は伸びるから諦めずに頑張って欲しいです。

    早稲田大学 入学/男子
  • 勉強のやり方を見直そう

    能力に限界はないので、諦めずに頑張ってほしいです。私は、一年間の浪人で成績が伸び、国立大医学部に合格しました。頭の良さは遺伝ではないと実感しました。なので、皆さんには勝手に限界を決めず、努力し続けてほしいです!成績が伸びず悩んでいる方は、勉強のやり方を見直すことを勧めます。インターネットで調べて、新しい方法を試みると良いです。また、勉強時間とは頭を動かしている時間です。椅子に座っている時間ではありません。このことをいつも胸に留めて勉強に励んでください!頑張れ、受験生!!

    鳥取大学 入学/女子
  • 努力で乗り切って

    これから受験勉強をしていく上で不安なことも多いと思います。僕自身、センター試験の1年前の成績はとても悪くて、このままだと浪人かもと思いました。しかし、高3の1年間は諦めずに受験勉強に集中して取り組んだので、なんとか進学することができました。受験への取り組み方は人それぞれです。僕のこういう話や、学校や塾の先生の話、ネットで得た情報などが必ずしも皆さん一人一人に完全に当てはまるわけではありません。自分の人生をかけた受験を自分なりの努力で乗り切って欲しいと思います。応援しています。

    九州大学 入学/男子
  • テストにも全力で取り組んで

    将来のなりたい自分を想像して、日々勉強も部活も頑張ってきたことが、第一志望であった明治大学への合格につながったと思います。進路を決めるのは難しく、覚悟も必要だと思いますが、自分自身によく問いかけて後悔のない選択をしてほしいなと思います。勉強は、授業を真剣に取り組むのはもちろん、小テストや確認テストにも常に全力で挑んでいけば、確実に成績はよくなります。そして、今の自分がいるのは先生方や友達、家族の支えがあってこそだと思うので、常に感謝の気持ちを忘れずに、将来に向かって強く歩んでいってもらいたいです。自分を信じて頑張ってください!

    明治大学 入学/女子

オープンキャンパス について

  • 3年になっても足を運んだ

    1年生の夏休みからオープンキャンパスや説明会に参加すると良いと思う。2年生の夏は、行きたい大学を確認するつもり、学部の学科を決めるつもりでいると良い。3年の夏休みは勉強や、推薦入試の準備、理系なので研究発表などが忙しいので、大学をあちこち迷って訪問する機会はなかった。それでも行きたい大学の催しには、来年の今頃ここで学んでいるんだと、自分の先生や先輩なのだと思って、気持ちを高めるために参加しました。

    宮崎大学 入学/女子
  • 先輩や教授の話を聞いてみよう

    しっかり大学について情報を集めておくべきだと思います。パンフレットだけではわからないこともあるのでオーキャンに行って先輩の話を聞いたり教授の話を聞いてみると知らなかったことやためになることを教えてくれます。私は、教授に話しかけてその大学の講義内容や小論文のアドバイスをいただきました。試験当日もリラックスするのは難しいけれど心に余裕を持って行くのがいいと思います。多少やらかしてもどうにかなります!受験頑張ってください!

    愛知淑徳大学 入学/女子
  • 行きたい大学を見つけることが大事

    勉強することも大事ですがいろんな大学を調べて自分の行きたい大学を見つけることが一番大事だと思います。私自身も高校一年生にオープンキャンパスに行き、この大学に行きたいと思い、浪人までして合格しました。ぜひみなさんも自分の行きたい大学、学部を見つけて最後まで頑張ってください。応援しています。

    東北大学 入学/男子
  • 自分の目で確認して

    高校に入ったらできるだけ早く自分の将来を見つめ、目標をもつことが大切だと思います。夏休みなどを利用し、関心のある学校のオープンキャンパスに参加して、実際に自分の目で大学の教育方針や雰囲気・交通の便など、確認することをお勧めします。目標が出来れば、日頃の勉強にも力が入りますよ。頑張って下さい!

    大阪医科大学 入学/女子
  • 毎年参加しよう

    大学は早めに決めて、その大学にあった対策を練ってください。オープンキャンパスは必ず毎年行ってください。大学のアドミッションポリシーを直接先生がたから聞くことでパンフレットではわからない魅力や特色も見えてきます。毎年傾向が変わってくることもあるので、時間とお金の許す限り説明会などには足を運んでください。

    横浜国立大学 入学/女子
  • 学習内容はオープンキャンパスで吟味

    志望校の1つ上のレベルを受験するつもりで勉強するといいと思います。大学ではなく、行きたい学部で大学を決めるべきだと思います。ちなみに、経営学部、商学部、経済学部の学習内容の範囲は経営学部<商学部<経済学部です。経営学部と商学部は学習内容が異なるので、やはりオープンキャンパスに行ってよく吟味して学部、大学を決定してください。では、受験頑張ってください。

    大阪市立大学 入学/男子
  • 各大学を比較して研究

    一年生の時は大学情報を見ても何がなんだか分からない。特に私立の入試情報は解読不能。なので比較的簡潔な国公立大学の大学研究から始めるとよい。各大学を比較して、複数の大学のオープンキャンパスに参加し、大学というものの輪郭がつかめればよい。それから自分の得意分野が固まってくる2、3年生の時にもう一度大学研究すると、安易な選択に走らずに自分の行きたい大学を決められる。

    名古屋大学 入学/男子
  • 個別相談会がオススメ

    オープンキャンパスに行くことは必ずしたほうがいいです。オープンキャンパスに行ったら見学して終わりではなく個別相談会に行くことをおすすめします。実際に通っている大学生の方の話を聞くことでその大学の雰囲気、またどのような学生を求めているのかがよくわかりますよ!

    北里大学 入学/女子
  • 勉強よりも効果的

    オープンキャンパスは数多くの情報を1日で吸収できる良いチャンスです。少しでも興味がある大学のオープンキャンパスは積極的に参加するのがオススメです。モチベーションが自然と上がるので、オープンキャンパスに行く時間を惜しんで勉強するよりも効果的だと思います。また、志望校が決まったら、ある程度は自分の決意を固めておいた方がいいと思います。センター試験の結果が良かったら志望校のランクを上げるのか、悪かったら下げるのか等具体的に決めておくと近い将来の自分の為になります。

    神戸大学 入学/女子
  • 自分の考えをみつける

    自分がどんな研究をしたいのか、どんな職業に就きたいのか、考えを見つけることが、自分の第一志望を決めることに繋がります。それは、勉強をしているだけでは、なかなか見つからないと思うので、色々な大学のオープンキャンパスに行ってみたり、先輩に相談したりすることも大切です。私は、推薦で入りましたが、普段からニュースや新聞を見ていなかったことを後悔しました。勉強の気分転換に、時事問題をしっかり把握することも、自分のやりたいことを見つけるきっかけになるかもしれないので、おすすめです。

    筑波大学 入学/女子

息抜き について

  • スッキリした状態で勉強を

    休憩をすることで心身共にリラックス出来る。絶対に勉強が嫌になる時期が来るのでその時は思いっきり遊ぶなどして休憩をすることが一番良い。その分ほかの受験生が勉強してて焦るかもしれないがスッキリしている状態での勉強は非常にはかどります。ぜひ試して下さい。

    名城大学 入学/男子
  • 自分に合ったペースが大切

    毎日毎日受験勉強をしていると辛いですが、自分に合ったペースを見つけることが大切だと思います。睡眠をしっかりとったり、休憩のついでに体を動かしてみたりすると、リフレッシュになっていいと思います!

    大阪大学 入学/女子
  • 最後まで諦めない

    最後まで諦めずにやること。これが一番大事だと思います。リフレッシュとして時間を決めてゲームをしたりテレビを見たりすることも時には必要です。こんなにも勉強に費やすことは人生で1度きりです。貴重な経験だと思って頑張ってください!

    横浜国立大学 入学/女子
  • 友人に悩みを相談してみては

    受験は団体戦です。勉強に行き詰まった時は適度に息抜きをしましょう。友人に悩みを話したりすると意外とすっきりしたり、他の人も自分と同じように悩んでいることが分かると思います。受験直前期はメンタル勝負です。体調管理も気をつけましょう。

    東北学院大学 入学/男子
  • 趣味で勉強のストレス解消

    受験勉強にはメリハリが大事だと思う。やるときにはしっかりと集中して勉強し、休憩するときはきちんと休憩する。完全に好きなものをシャットアウトしてしまうと息が詰まるし、人の形を保てないと思ったので私なんかは好きな俳優さんのインタビュー記事が載っている雑誌を買ったり、ネットサーフィンをするくらいは自分に許していた。自分が本当に望む大学に進学する人は皆趣味と勉強を両立させていたと思う。だからといってこの話を免罪符にはしないでもらいたい。常に危機意識を持ちつつ、あくまでストレスなく勉強に打ち込めるような趣味の使い方をすべきである。

    同志社大学 入学/女子
  • 辛い時、苦しい時は心を癒して

    全国から大学合格を目指して勉強してきている子たちのライバルがどれだけいるのかと考えたら怖くて私は受験が終わるまで倍率を見れませんでした。でも、今あなたたちがしている勉強は将来に絶対役に立ちますし、その努力こそが大学合格の道を開く鍵だと思います。辛い時、苦しい時は深呼吸して自分の好きな曲やアイドル、物で心を癒してください。もちろん気は抜いてはいけませんが、たまに息抜きするのも大切だと実感しました。これから大学で自分のやりたいことができる、将来なりたい職業に就ける第1歩を踏み出せる、ということを想像してみてください。今は辛くても絶対あなたの努力はきっと実を結びますよ。

    近畿大学 入学/女子

情報収集

  • パンフレットで選択肢が増えた

    志望をコロコロ変えるのも悪いことではなくむしろいいことだと思います。ただ、進学先がどこになるとしても、興味を持った大学はきちんと調べるようにしましょう。私自身、初めから国公立願望が強く、なるべく大学に費やすコストを抑えようとしていました。しかし、詳しく私大のパンフレットを見たところ、地方出身者限定の奨学金などを見つけて、「私大もありだな」と、選択肢が増えました。「受験は最後まで何が起こるか分からない」とは巷でよく言われますが、だからこそ万全の準備で挑みましょう。情報化の時代です。情報を持つものが勝ち、持たざる者が負けます。パンフレットや資料はちゃんと活用してくださいね。がんばれ!

    早稲田大学 入学/男子
  • 最高の準備をしよう

    志望校や学部を絞り込んでいくのは三年生になってからで良いと思いますが、様々な学校の情報収集や、どんな教科が入試に必要か等はしっかり調べて置いた方が良いです。ぼんやりでいいので、進学先を考えて置いた方が、勉強のやる気につながりますし、受験生になった時に、あの勉強をしておけばよかったと後悔するようなことにならないからです。受験生は合格出来るのか不安で、辛い日々が続きますが、必ず終わりが来ます。私は試験の当日、今までやってきたことをあとは発揮するだけだ!とわくわくしたのを覚えています。もっとすればよかった、という後悔がないように、試験当日に向けて最高の準備をして欲しいな、とおもいます!!

    北九州市立大学 入学/女子
  • ほかの受験生との情報交換が大事

    モチベーションを維持する上でほかの受験生と情報交換できるのは本当に貴重だと思った。煮詰まったら話ができる予備校の共通の自習室にすごく励まされた。自習室が授業外でも解放されている予備校はお勧めしたい。遅い時間まで利用できる施設は尚良いので予備校選びの参考までに。一般の方が大勢利用している図書館よりは、感染予防に敏感な生徒が多いので受験前の感染も比較的ですが安心な様に思う。

    日本大学 入学/男子
  • 情報集めが勉強のモチベーションに

    今どこに進みたいか明確に決まっている人は、すぐに行動しましょう。志望先の学部でどんな学習を受けられるのか、入学試験の難易度はどれくらいか…どんな情報でも集めるだけで勉強に対するモチベーションが上がってきます。決まっていない人は一人で悩まず、周りの家族や友人に相談しながら考えるのも良いと思います。スタートにはフライングも出遅れもありません。思い立ったら行動に移すことが何よりも大切だと思います。

    秋田大学 入学/男子
  • 思い立ったときから情報収集を!

    大学を決める上で私が重要視したのは、自分が大学で何を学びたいのか、その先の就職に繋がるのかということです。進学先を考え始めるのに早いということはありません。ぜひ、思い立ったその時から情報収集をして下さい。情報収集にかけた時間、受験勉強にあてた時間が多い人ほど合格に近づきます。応援してます!頑張ってください!

    順天堂大学 入学/女子
  • 入試方法をじっくり決めよう

    私は、高校1年生の時には大学か専門学校か迷い続けていて、やっと高校3年生になって大学に決めました。私のように大学か専門学校ということの他に、皆さんは入試方法も早めに情報収集したうえで、じっくり決めるべきであると思います。自分の成績や能力を理解した上で、さまざまな入試方法について、家族としっかり話し合いをしてみてください。とにかく早めに情報収集を!

    湘南医療大学 入学/女子
  • 大学研究を進路実現につなげる

    入学時は大学に行くかどうかもきめてませんでしたが、学校のツアーで京都大学を見に行ってから「大学も面白いかも」と勉強したいことを考え始めました。筑波の図書館情報しかない!と決めてからは、親にも自分の考えを話し、固めてきました。早くに志望大学を決め、しっかり研究し、オープンキャンパスで自分に合うかどうか確かめてきたことが進路実現につながったと思います。みなさんも早く志望大学や勉強したいことを見つけ、研究して目標を持って勉強してくださいね。

    筑波大学 入学/女子
  • 早めの進路決定で準備に余裕を

    自分の考えとしては、進路決定は早ければ早いほどいいと思う。それだけ、準備に余裕ができるから。自分自身の考えをしっかり持っていればやりたいことも見つかるし自ずと志望校絞られてくる。部活などで大変な時期もある。だが、そのときに少しだけでも多く受験情報や形式、知識を取り入れておくといいかもしれない。先生への質問は大事です。あくまでも時間があればですが精神科医の樺沢紫苑さん著「学びを結果に変えるアウトプット大全」という本を読んでいただきたいです。

    山形大学 入学/男子
  • 第三者の視点で志望校発見

    まずは友達と大学の情報を共有するべき。自分の知らない大学はたくさんあるので、大学によって特化しているものや、その大学しかないものを自分で探してもなかなか自分に合った大学を探すのは難しいと思う。なので、友達と調べた大学について話し合ったり、学校の先生や塾の先生の体験を聞いたりすると第三者視点からの観点や自分で気づけなかったものを発見できたりするのでとても良いと思います。

    名城大学 入学/女子
  • 自分で調べることが大切

    受験の情報は毎年変わるので、先生に言われても自分で調べるべき。また、入試方式が沢山あり入学金の締め切りもあるのでその辺をしっかりとご家族と話し合って念入りに決めた方がいいです。私はセンター試験に成功して勉強を怠り、一般入試で失敗してしまったので油断はせずにあと少しのところで気合いをぬかないことがとても大切だと思います。歴史科目は最後の方の短期記憶でも試験にでたりするので、最後は社会科目をすることをおすすめします。

    フェリス女学院大学 入学/女子
  • 合格可能性が変わるかも?

    受験は偏差値だけでは決められません。得意科目をいかに生かし自分にとって有利な配点はどこの大学なのか…それを知るか知らないかで合格の可能性は変わってきますそして、今年の私立大学はとてもシビアでした。例年なら合格圏内の大学A判定が出ていても合格できない事も多々あります。浪人を考えないのであれば尚更保険の保険は必要だと思います。偏差値が低くても就職がいい大学もあるので本格的に受験体制に入る前に多くの情報を得ることで結果が変わってきます。もっと調べておけばよかったと後悔しないように早いうちから受験の事を知ってください。

    近畿大学 入学/男子
  • 話を聞いて情報収集

    大学しらべは早ければ早いほどいいと思います。興味がなかった学部もパンフレットを見たり学部説明を聞いて興味が湧くこともあります。また、他の人に大学の事を聞くことも大事です。私の場合は知り合いの大学生に進路を相談して初めて第一志望にした学部を知りました。たくさんの情報を得ることで自分が行きたいところをしっかり決められると思います。指定校推薦を目指していなくても学校の定期テストは全力で取り組んだほうがいいとも感じました。成績がよければ高校に第一志望の大学の推薦が来ていれば入れる可能性も広がるからです。あとはそこに入りたいという強い意志があった方が勉強の原動力にもなります。

    立教大学 入学/女子
「テレメール全国一斉進学調査」に関するお問合せ先
テレメールカスタマーセンター

IP電話 050-8601-0102 (受付時間 9:30~18:00)