テレメール進学サイト

search
  • #脳
  • #錯覚
  • #触覚
  • #人間科学
  • #聴覚

人間科学の
学問分野解説
を読む

錯覚はなぜ起こる?

人間科学

友達から見せてもらった錯覚の画像、「これは錯覚だ!」って意識しても錯覚に見えるんだよね。なんで錯覚は起こるんだろう?

  • 先生、この間友達から錯覚の画像を見せてもらったんです。端の部分がYの形になっている線と、矢印の形になっている線の画像です。どちらの線も同じ長さらしいんですけど、Yの形になった線の方が長く見えるんです。何でこんな風に見えるのか、教えてください!
  • いい質問だね!実は人間は目の前にあるものをそのまま見ているわけじゃないんだ。網膜像に基づきつつも脳が推測によって視覚を補っているんだ。つまり、目から受ける刺激を材料に何をどう見るか、脳が積極的に決めているんだよ。
  • えーっ、そうなんだ!なんで脳はそんな働きをするんですか?
  • うん。立体感や奥行きも左目と右目の視差から脳が作り出しているように、進化の過程で必要だったからではないかと考えられているんだけど、詳しくはまだ解明されていないんだ。まだまだ研究する価値があるテーマなんだよ。
  • うーん、ロマンがありますね。
  • 話を戻すけれど、錯覚は脳の情報処理が現実とズレることで起こる。つまり、視覚だけではなくて、聴覚、触覚にも起こるのさ。
  • 聴覚、触覚にも?くわしく教えてください!
  • まず、耳で聞いたときに起きる錯覚は「錯聴」と言う。突然だけどまなぶくん、映画館で隣の人が何かを食べていて困った経験はないかい?
  • ああ、おせんべいみたいなかたーいものを食べてる人がいて、映画に集中できなかったことがあります。
  • そのとき登場人物の言葉はどうだった?一切聞こえなかった?
  • いやー、集中はできなかったけど、声が聞こえなくなるほどではなかったんじゃないかなあ。
  • いい例を出してくれたね。実はこれ、「楽音復元効果」と言って、「錯聴」のひとつなんだ。雑音に言葉が一瞬かき消されても、存在しないはずの音を脳が知覚的に補って、言葉はよどみなく聞こえてくるように感じるんだ。
  • 外国語の歌詞が変な日本語に聞こえる「空耳」現象なんかもそうだけど、経験的に蓄積された知覚など、潜在意識が感覚を補っているんだよ。
  • へええええ、面白いです!先生、もうひとつの触覚の錯覚は?
  • 触覚の錯覚で見つかっているものを紹介しよう。耳を引っ張られると、引っ張られた方向に動くよね。実はこのとき、身体は引っ張られた力以上にその方向に動いてしまうようなんだ。
  • 小さいころ、怒られるとよく引っ張られてたんですけど・・・そうだったんだ!
  • こうした触覚の錯覚は最近発見されたばかりなんだ。日常生活で不思議に思っていることがあれば、案外それが触覚の研究に結びつくかもしれないね。
  • 錯覚っていろいろあるんですねー!これを使って、何か面白いことはできないんでしょうか?
  • いい質問だね。例えば女性の化粧で顔が変わって見える錯視のメカニズムや心の仕組みを、数値データによって解き明かしたりもするよ。
  • ある研究で、アイラインとマスカラの強弱を変えた20種類のアイメイクを比較し、目の大きさの錯視効果を検証したんだ。すると、「マスカラをしているときにアイラインを引いても、目の大きさの錯視効果に大差はない」という意外なことがわかったんだよ。
  • へえ! 面白いです! 他には他には?
  • あとは販売にも錯覚を活用したりするね。例えば、特上、上、並の3種類の寿司があれば、大半の人は真ん中の「上寿司」を選ぶんだ。さらに家電量販店などで本来の定価に線が引かれ、少し安い価格が記されていると、とてもお得に感じて買ってしまうんだよ。
  • すごい、なんとなく面白いなーって思ったことが、こんなに広がるなんて・・・! 学問って面白いですね!
  • そういう好奇心は、学問にとっても重要だよ。自分にぴったりの学問を選べるといいね!

7 人間科学

人間とは何かを総合的に探究する

学問の垣根を取り払い、学際的観点から、「人間とは何か」「人は何を考え、どのように行動するのか」など、人間を科学的・総合的に探究する学問です。研究テーマは「心と行動」「社会と環境」など多彩で、生命科学などの理系分野と関わるものもあります。人間の周辺事象すべてが研究対象であるため、テーマをある程度絞って研究することが一般的です。

人間に関することすべてが研究テーマになる

例えば「心と行動」では、人の心理が実際の行動にどのように影響しているかを研究し、個人を対象に心のメカニズムを研究する場合や、人間を集団の観点でとらえて社会の仕組みや人間関係などのコミュニケーションを対象とする場合もあります。赤ちゃんの発達過程や恋愛の心理分析、霊長類の観察や比較から人間の本質に迫ったり、行動の意味を探ったりするなど、アプローチも実にさまざまです。

将来 卒業生の大半が一般企業に進み、人事や市場調査など、研究で身につけたことを発揮できる部署で活躍するケースが多くみられます。また、福祉関係施設の職員やスポーツ・レクリエーション関連企業などに進む人も少なくありません。
page top