受験生の7割以上が利用する、簡単・迅速・安心な資料請求システム

テレメールとはインターネット(パソコン・スマートフォン・ケータイ)あるいは自動音声応答電話を利用した資料請求専用のシステムです。進学関連資料のスタンダードな請求システムとして、大学・短大進学者数の7割以上の受験生が毎年利用しています。特に大学入試センター試験翌日から10日間の資料請求は約30万件、ピーク時には1日4万件の資料請求を受け付けています。願書請求が集中する時期でも即日発送処理を行い、受験生の出願をしっかりサポートしています。

1.迅速で確実

大学・短大・専門学校などからお預かりした資料は東京と大阪の2拠点に保管され、17時まで(11月から2月は20時まで)に請求された資料は、当日中に郵便局へ差し出されます。全国どの地域(離島は除く)でも、曜日を問わず1~2日程で迅速に資料をお届けできます。

2.優れた利便性

テレメールを初めてご利用いただく際は、住所や名前などを登録していただきますが、後日、他の資料を請求する際には、初回に登録いただいた「郵便番号と4桁のパスワード」を入力するだけで、その都度、個人情報を登録する必要がなく簡単に資料を請求できます。

3.高い網羅性

すべての国公立大学・短大、ほとんどの私立大学・短大、多数の専門学校の資料がテレメールで請求できます。また、学部・学科案内パンフやAO入試・推薦入試願書など請求できる資料の種類が大変豊富です。

テレメール進学メディア

進路研究における情報入手の手段として、生徒の皆さんに「テレメール進学カタログ」の配付と「テレメール進学サイト」の紹介をお願いします。

多くの大学や公的機関もテレメールを採用

便利で安心できる資料請求方法として、多くの大学や公的機関でもテレメールが採用されています。

全ての国公立大学と多くの私立大学のホームページでの資料請求

「大学入試センター試験」受験案内の請求

文部科学省が実施する「高等学校卒業程度認定試験」受験案内の請求

このページのTOPへ