高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

一人暮らしの不安を解消! 新生活お役立ちガイド

初めて実家を離れて暮らす新生活がいよいよスタートします。
そこで重要なのが住む部屋を決めること。
自分は「ひとりで暮らしたいのか?」
または「学生同士の共同生活がいいのか?」
そして、住む場所は? 間取りは?など、考えることはいっぱい。
まずはお部屋タイプ別の特長を理解しましょう。

お部屋タイプ別Good Point解説

マンション・アパート(一般賃貸住宅)

立地や間取りなど、
生活のすべてを自分で決められる

大学の近くでも、憧れの街でも、間取りや設備など、自分の希望に合った部屋探しが可能です。そして何よりも魅力なのは自由が楽しめること。友達とパーティをしたり、インテリアにこだわったり、時には自分ひとりの時間を楽しんだりとすべては自分次第です。また、ひとり暮らしで身につく生活力や自立した大人としての責任感も養われます。

学生マンション・学生アパート

入居者は学生限定。
寮のような門限などの規則はない

入居者は学生に限定、それ以外は一般賃貸住宅のマンションやアパートと同じですが、立地が大学近隣で利便性がよかったり、セキュリティ対策が充実している物件が多いことが特長です。近年は食事付きの学生マンションなども増えてきています。また、入居者が学生なので生活リズムが似ていることが多く気遣いが少なくて済むこともあります。

あなたはどのタイプ?

学生会館

管理人がいて、
食事のことや日々の生活を安心して過ごせる

館長や寮母さんなどの管理人による生活サポートや、朝夕の食事の用意、お風呂やトイレなどの共同施設は掃除をしなくてもいいなど、快適で安心できる生活を送れます。また、家具付きなので入居時の初期費用が軽減されるメリットも。入居者は学生のみで自分とは違う大学の学生と友人になれたりと色々な人と触れ合えるチャンスがあります。

学生寮

大学が管理している寮で
規則正しい共同生活を送る

各施設で異なりますが、管理人がいたり、朝夕の食事が用意されていたりと学生会館と似ていますが、最大の違いは同じ大学の学生のみが入居していること。一日の多くの時間を共に過ごす仲間と規則や役割分担を通して共同生活を送ります。また、大学が用意している施設なので賃料が安い場合があることや通学の利便性の良さなども人気の理由です。

ひとり暮らし引っ越しチェックポイント

新生活に役立つ資料を取り寄せよう!

資料請求

引っ越しマニュアル
page top