高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

奨学金・特待生制度特集

大学独自の奨学金や特待生制度などの情報をご覧いただけます。

筆記試験の成績に応じて授業料全額、半額相当額、3分の1相当額を給付

■給付型奨学金入学試験[前期日程・後期日程]

実施方法
全学統一入学試験、地域創生教員養成入学試験(新設)と同日程・同一問題で学力試験を行います。1学科のみ出願可能です。

給付の方法
入学試験において一定の優秀な成績を修めた方について成績に応じて授業料全額、半額相当額、3分の1相当額を給付します(入学金・教育研究諸料・施設設備金・特別プログラム費用・諸費を除く)。

※全学統一入学試験、地域創生教員養成入学試験(新設)を併願受験すると、合格のチャンスが広がります。
※すでに他の入学試験で本学に合格している場合でも、出願が可能です(ただし、入学手続きが完了した学科に限ります)。


募集人員
前期 全学部合計最大40名
後期 全学部合計最大10名

入学検定料
35,000円

※全学統一入学試験、地域創生教員養成入学試験(新設)との併願受験(同日程のみ)、資格・検定取得者の場合、入学検定料割引制度を利用できます。


大学入学共通テスト利用!学費等納付金が国公立大学の授業料と同額に

■国公立大学併願スカラシップ入学試験  3教科型・5教科型[前期日程・後期日程]

●成績優秀な方について、本学の学費等納付金を国公立大学の授業料と同額の535,800円とします(入学金・特別プログラム費用・諸費を除く)。

●1学科のみ出願可能で、大学入学共通テストの成績を利用して合否を判定します(本学が指定する科目を受験している必要があります)。なお、国公立大学を併願受験していなくても、本入学試験に出願することができます。

※大学入学共通テスト利用入学試験を併願受験すると合格のチャンスが広がります。
※すでに他の入学試験で本学に合格している場合でも、出願が可能です(ただし、入学手続きが完了した学科に限ります)。


●募集人員
前期 全学部合計最大40名
後期 全学部合計最大10名

●入学検定料
3教科型 15,000円
5教科型 18,000円

※大学入学共通テスト利用入学試験との併願受験の場合、入学検定料割引制度を利用できます。(同日程のみ)


学内奨学金 定期採用
ファーストイヤー奨学金
募集時期 6月
対象学生 大学1年次生
金額 年額30万円(給付)
おもな条件 春学期の学業成績が優れ、教育上経済的な援助が必要である者
定数(前年度実績) 20名(18名)
期間 採用年度
玉川奨学金
募集時期 4月
対象学生 大学2年次生以上
金額 年額30万円(給付)
おもな条件 学業的・人物的にも優れ、教育上経済的な援助が必要である者(編入学初年度の学生は申請不可)
定数(前年度実績) 約50名(53名)
期間 採用年度
経済支援奨学金
募集時期 4月(10月)
対象学生 大学2年次生以上
金額 年額50万円(給付)
おもな条件 就学継続の意志が強固で学業優秀にも関わらず、経済的理由により学費の支弁が困難で、経済的な援助が必要である者
定数(前年度実績) 若干名
期間 採用年度
※ 採用状況により、10月にも募集
SAE海外留学奨学金
募集時期 7月(12月)
対象学生 大学全学生
金額 年額50・100・150万円(給付)
  • 留学先授業料による
おもな条件 SAE海外留学プログラムに参加する学生で、学業的・人物的にも優れ、留学の意思と留学を通しての勉学の目的が強固・明確である者
定数(前年度実績) 15名(8名)
期間 採用・留学年度
※採用状況により、12月にも募集。
課外活動奨学金
募集時期 入学後にお知らせ
対象学生 体育会または文化会クラブに所属している学生
金額 年額50万円(給付)
おもな条件 学業・人物的にも優れ、課外活動において顕著な成績を収め、クラブ部長から推薦される者


学内奨学金 応急採用
玉川応急奨学金
募集時期 随時※1
対象学生 大学全学生
金額 年額30万円(給付)
おもな条件 家計の急変により教育上経済的な援助が必要で、学業的 ・人物的にも優れ、就学継続の意志が強固である者
定数(前年度実績) 特に定めず(7名)
期間 採用年度
小原応急奨学金
募集時期 随時※1
対象学生 大学卒業年次生
金額 年額60万(給付)
おもな条件 家計の急変により教育上経済的な援助が必要で、学業的 ・人物的にも特に優れ、就学継続の意志が強固である者
定数(前年度実績) 4名(0名)
期間 採用年度
TeS奨学金
募集時期 4月(10月)※2
対象学生 大学卒業年次生
金額 授業料・教育研究諸料・施設設備金1年分
おもな条件 家計急変により学費負担が困難で、学業的・人物的にも優れている者から、認定所得が低い者若干名
定数(前年度実績) --(1名)
期間 採用年度
※1 玉川応急奨学金、小原応急奨学金の申請希望は12月末日(12月授業最終日)まで。
※2 採用状況により、10月にも募集。
奨学金・特待生制度特集
page top