自治医科大学 看護学部の最新情報

現在お知らせはありません。

自治医科大学 看護学部の学校情報

看護学部は、高い資質と倫理観を持ち地域住民の保健・医療及び福祉に貢献し、高度な医療並びに地域の看護に従事できる総合的な看護職を育成することを目的に平成14年(2002年)開設されました。本学部では「高度先進医療機関である附属病院を中心とした実習」と「へき地を含めた地域での実習」の体験を通して、臨床能力が高く様々な場で活躍できる総合的な力とバランス感覚を身につけた人材育成をめざします。キャンパス内にある大学附属病院とは様々な連携強化を図っており、学生たちが臨床感覚を身につけ伸び伸び学習できるよう務めております。臨床と密接に連携しながら学習できる環境は全国の看護系大学の中でも数少ないと自負しております。

また、本看護学部には大学院看護学研究科が併設されており、博士前期課程では高度実践看護職である5分野の専門看護師と認定看護管理者を目指すことができます。博士後期課程では、医療が直面している課題と多様で複雑化している地域の人々のニーズに対応できる教育者を育成しています。

人々の健康と生活の質の向上のために、「看護」の立場からチャレンジする意欲と行動力をもった方々が入学されることを期待しています。

自治医科大学 看護学部で学べる学問分野

  • 看護学

先輩が自治医科大学 看護学部に入学を決めた理由

教育内容が良い

1年生の時にオープンキャンパスに行き、広大なキャンパスに驚きました。敷地内に大学病院だけでなく栃木こども医療センターもあり実習施設も充実していると感じました。また、地域医療と小児医療に興味がありそれらを深く学ぶことができると感じたからです。

看護学部/女(2023年度入学)

学習環境が整っている

大学病院が併設されていて、自分が学びたい僻地看護の実習があったから。

看護学部/女(2023年度入学)

様々な支援制度がある

大学独自の奨学金制度があり、無条件で月額5万円まで借りることができるため、学費や寮での生活費にあてられる。寮は、ある程度の家具が備え付けられており、月額2万円で水道代はかからずに生活できることに魅力を感じた。

看護学部/女(2022年度入学)

学習環境が整っている

元々憧れだった自治医科大学を希望していて、附属の病院もあることから積極的に学べると思った。

看護学部/女(2019年度入学)

自治医科大学 看護学部のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒329-0498   栃木県下野市薬師寺3311-159

    • 交 通

      JR宇都宮線「自治医大駅」より徒歩15分 接続バス5分

    • 所在地

      〒329-0498   栃木県下野市薬師寺3311-159

    • 交 通

      JR宇都宮線「自治医大駅」より徒歩15分 接続バス5分