日本体育大学の最新情報

現在お知らせはありません。

日本体育大学の学校情報

本学は、1891年に創設されてから今日まで、スポーツを基軸に教育や健康・福祉等の分野を中心に数多くの人材を育成・輩出し、地球上の全ての人々の願いである「心身の健康」を一貫して追究してきました。

また、1964年の東京オリンピックを契機にして、優れたアスリートの養成にも力を注ぎ、日本のスポーツ界の国際競技力向上に大きく貢献しています。

その結果は、オリンピックで日本が獲得したメダルのおよそ1/4にあたる131個の金・銀・銅メダルが本学関係者によってもたらされたことからも明らかです。

こうした歴史と伝統は、世界に誇るべき実績として、日体大を燦然と照らし続けています。

2021年、再び、東京にオリンピック・パラリンピックがやってきます。わたしたちにとって、ここを新たな歴史のターニングポイントと捉え、その先の未来を見据えた様々な取り組みを積極的に展開していかなければなりません。

本学に課せられた新たな使命として、スポーツ文化のさらなる可能性を創造し、これまでにない世界を描いていくこと、つまり、世界共通の人類の文化であるスポーツを通じて、生涯にわたって笑顔溢れる幸福で豊かな社会の実現を目指していきたいと考えています。

これからも、「スポーツ」「身体」「生命」をキーワードに、学問の射程を拡大・深化させながら、「身体に纏わる文化と科学の総合大学」として、その魅力を十二分に発揮し、世界に向けて、大きく飛躍できるよう、教職員一丸となって、教育と研究、社会貢献活動に取り組んでまいります。

日本体育大学で学べる学問分野

  • 文化・教養学
  • 教育
  • 社会福祉学
  • 国際関係学
  • 医療技術
  • 保健・福祉学
  • 児童学
  • スポーツ・健康科学

先輩が日本体育大学に入学を決めた理由

教育内容が良い

実習が多い授業内容のため、高度な実践力を身に付けることが出来るから。

児童スポーツ教育学部/女(2022年度入学)

資格取得できる

自分が取得したい資格の学部があり、勉強する環境がよかったから。

保健医療学部/男(2022年度入学)

クラブ・サークル活動が盛ん

ライフセービング活動を通じて命の大切さを知り、それを児童に伝えられる教員になりたいから。また、全日本選手権大会で決勝に残りチームの一員として日本体育大学に貢献したいから。

児童スポーツ教育学部/女(2018年度入学)

クラブ・サークル活動が盛ん

オリンピック選手をはじめとする多くのトップアスリートが在籍しているため自分の競技力の向上をはかれると考えたため

体育学部/男(2017年度入学)

日本体育大学のキャンパス

  • 東京・世田谷キャンパス
    東京・世田谷キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒158-8508   東京都世田谷区深沢7-1-1

    • 交 通

      東急田園都市線「桜新町」駅 徒歩15分またはバス「目黒駅行」「都立大学駅北口行」5分

    • 所在地

      〒158-8508   東京都世田谷区深沢7-1-1

    • 交 通

      東急田園都市線「桜新町」駅 徒歩15分またはバス「目黒駅行」「都立大学駅北口行」5分

  • 横浜・健志台キャンパス
    横浜・健志台キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒227-0033   神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1221-1

    • 交 通

      田園都市線「青葉台」駅下車、東急バス「日体大」行10分

    • 所在地

      〒227-0033   神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1221-1

    • 交 通

      田園都市線「青葉台」駅下車、東急バス「日体大」行10分