私立

日本赤十字広島看護大学

広島県

日本赤十字広島看護大学の最新情報

現在お知らせはありません。

日本赤十字広島看護大学の学校情報

日本赤十字社の中四国地区の拠点として、保健医療活動をはじめ災害救護活動、国際救援活動など広く社会に貢献できる人材の育成と、看護に関する幅広い能力を備えた看護師の育成を目指しています。

【教育の特色】
看護シミュレーションセンターでの学修、模擬患者を導入した演習、臨床現場との協力体制を整えた実習など、現場に近い体験をしながら課題を見つけ、解決していくとともに、少人数指導の体制で個別の学力に応じて学修を行います。これにより高度な看護実践力を体得し、長く活躍できる看護職を育成します。

【保健師教育課程(選択履修制)】
地域に密着した実習などをとおし、少子高齢化により複雑かつ多様化する地域の健康づくりのために現場に即応できる専門的な実践能力を身につけた保健師を育成します。

【助産師教育課程(選択履修制)】
分娩実績の多い病院や助産院での実習などをとおし、母子の健康状態を判断・支援するための知識や技術、女性の健康を支援するための考え方や実践方法を身につけた助産師を育成します。

【国際救援・開発協力看護履修プログラム(選択履修制)】
国際救援・開発協力看護師として活躍するための基礎的能力を身につける履修プログラムです。所定のカリキュラムのほかに、海外の国際保健関連機関の視察や国内関連施設での演習があります。

【TOPICS:国際交流の推進】
2018年にスイスのラ・ソース大学と国際交流協定を締結し、スイスにおける看護研修を開始しました。本学でも留学生を受け入れるなど、相互交流を深めています。また、2019年3月にはフィリピン大学と国際交流協定を締結し、看護学部の講義・演習の参加や病院実習の見学を行っています。フィリピン大学との学生交流以外にも、フィリピン赤十字社が支援しているウォータータンクシステムの見学や地域の人々との交流などを通し、その国、その地域の文化や支援の方法等を学ぶプログラムもあります。その他、国際活動に関連した交流会やセミナー、特別講演会、自主的な国際活動に取り組む学生の報告会なども実施しています。

日本赤十字広島看護大学で学べる学問分野

  • 看護学

先輩が日本赤十字広島看護大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

学校内の設備がよく、就職率、国家試験の合格率が高い。

看護学部/女(2023年度入学)

教育内容が良い

興味のある看護の勉強がよりできると思ったから

看護学部/女(2023年度入学)

教育内容が良い

日赤ブランドだけでなく教育内容が良い。看護資格以外に在学中に助産師や保健師を取得できる。助産師資格を在学中にとれる国公立大や私大は中四国では少ないから。また独自の奨学金(勤務したら返済不要も)があるので、日本学生奨学金もあわせて利用出来れば負担も少なくなるので。

看護学部/女(2022年度入学)

学習環境が整っている

過去に祖父母や友達が大病をし、その際の看護師さんがとても優しく安心感のある方で、周りの私達までも不安を和らげて頂いた経験があります。専門知識はもちろんのこと、患者やその家族との関わりを大切にした本物の看護をして頂きました。私も安心、信頼してもらえるような看護師になりたいと強く感じました。その為に必要な看護技術と心のケアの両方を沢山の実習を通して学ぶことができ、また私の地元、広島にある日本赤十字広島看護大学に進学することを決めました。

看護学部/女(2021年度入学)

日本赤十字広島看護大学のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒738-0052   広島県廿日市市阿品台東1番2号

    • 交 通

      JR山陽線「阿品駅」バス乗車10分、広島電鉄「広電阿品駅」バス乗車10分

    • 所在地

      〒738-0052   広島県廿日市市阿品台東1番2号

    • 交 通

      JR山陽線「阿品駅」バス乗車10分、広島電鉄「広電阿品駅」バス乗車10分

大学情報Pick UPメニューを表示する