女子美術大学短期大学部の最新情報

現在お知らせはありません。

女子美術大学短期大学部の学校情報

「美術による女性の自立」「女性の社会的地位の向上」「専門の技術家・美術教師の養成」を建学の精神として明治33(1900)年の創設以来、数多くの著名なアーティストやデザイナー、教員などのスペシャリストを輩出してきました。

多様化、細分化した美術・デザイン領域の基礎を横断的に学ぶことができるよう、美術・デザイン共通カリキュラムを設置するとともに、1年時前期では、実技の自由選択制度により、13種類の実技科目から4科目を選択することが可能です。1年時後期よりいずれかのコースを選択します。各分野の第一線で活躍する教授・講師陣を揃え、専門的技術はもちろん、基礎となる発想力と、実社会での応用力を持ったプロフェッショナルな人材を育成しています。都心にあるその地の利を活かし、美術館・博物館・ギャラリーなどを積極的に授業に取り入れています。

女子美術大学短期大学部で学べる学問分野

  • 史学・宗教学/文化・教養学
  • 保育・幼児教育学
  • 美術・デザイン/芸術その他
  • 情報学・メディア学
  • 家政学・生活科学・住居学/被服学

先輩が女子美術大学短期大学部に入学を決めた理由

学習環境が整っている

私が女子美術大学を選んだのは、総合型の高校で美術の授業を多く選択していて、授業を通していく中で更に深くデザインやアートについて学びたいと思ったからです。また「誰かに向けたデザイン」を学びたかったのでそれらをテーマとしている学科を選びました。先生方も生徒の方々もとても親切で温かい学校だと感じ、自分もこの学校の一員になりたいと思ったのも一つの理由です。私は美術に関しては経験が浅く、知識も足りません。ですが「相手の心に寄り添うデザイン」をモットーに頑張っていきたいです。

芸術学部-アート・デザイン表現学科/女(2023年度入学)

教育内容が良い

表現寄りではなく、工芸寄りのテキスタイルが学びたかったから

芸術学部-デザイン・工芸学科/女(2023年度入学)

学習環境が整っている

都内でメディア表現全般を学べるところはここしかないと思い、志望しました

芸術学部-アート・デザイン表現学科/女(2022年度入学)

学習環境が整っている

美術への進学を決め、ある程度目星をつけオープンキャンパスに行った上で、自分に1番合っていると感じたから

芸術学部-美術学科/女(2021年度入学)

女子美術大学短期大学部のキャンパス

  • 杉並キャンパス
    杉並キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒166-8538   東京都杉並区和田1-49-8

    • 交 通

      東京メトロ丸の内線「東高円寺」駅徒歩8分

    • 所在地

      〒166-8538   東京都杉並区和田1-49-8

    • 交 通

      東京メトロ丸の内線「東高円寺」駅徒歩8分