国立

帯広畜産大学

北海道

帯広畜産大学の最新情報

現在お知らせはありません。

帯広畜産大学の学校情報

「食を支え、くらしを守る」人材の育成を通じて地域及び国際社会に貢献する

「日本の食料基地」として食料の生産から消費まで一貫した環境が揃う北海道十勝地域において、生命、食料、環境をテーマに「農学」「畜産科学」「獣医学」に関する教育研究を推進し、知の創造と実践によって実学の学風を発展させます。

獣医学分野と農畜産学分野を融合した教育研究体制、国際通用力を持つ教育課程及び食の安全確保のための教育システムを保有する我が国唯一の国立農学系単科大学として、グローバル社会の要請に即した農学系人材を育成することを目指し、以下の取組を重点的に推進します。

1.欧米水準の教育課程の構築
2.世界トップレベル大学等との国際共同研究及び教育交流
3.国際安全衛生基準適応の実習環境による人材育成
4.企業等社会のニーズに即した共同研究・人材育成

帯広畜産大学で学べる学問分野

  • 農学・農芸化学/農業工学・林学/農業経済学/獣医学/酪農・畜産学

先輩が帯広畜産大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

元々畜産に興味があり、特に牛や羊に関わるような学校を探していました。帯広畜産大学は牧場も併設しており、獣医学科もあるので、動物について学ぶ環境が素晴らしい学校なので決めました。

畜産学部-畜産科学課程/女(2022年度入学)

教育内容が良い

食料生産の中心地である十勝の帯広で食について学ぶことができる上、自然にも恵まれた環境がとても魅力的でした。6つの教育ユニットがあり、『農場から食卓まで』の農業や食に関する幅広い知識を学べたり、実践的な教育にも力を入れている点も決め手の一つです。

畜産学部-畜産科学課程/女(2019年度入学)

学習環境が整っている

畜産フィールド科学センターなどの設備が充実しており、大学内だけでなく周りにも動物が沢山いて、畜産学を学ぶには最適な環境だと思ったから。

畜産学部-畜産科学課程/女(2019年度入学)

学習環境が整っている

実習設備、環境が整っており、獣医学を学ぶのに最適だと思ったから。

畜産学部-共同獣医学課程/男(2019年度入学)

帯広畜産大学のキャンパス

  • 帯広キャンパス
    帯広キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒080-8555   北海道帯広市稲田町西2-11

    • 交 通

      JR帯広駅前からバス約30分「緑陽高校前」下車徒歩15分

    • 所在地

      〒080-8555   北海道帯広市稲田町西2-11

    • 交 通

      JR帯広駅前からバス約30分「緑陽高校前」下車徒歩15分

大学情報Pick UPメニューを表示する