高校生のための進学サポートサイトへようこそ!

テレメール進学サイト

  • #温度
  • #環境
  • #空間
  • #住居
  • #住居学

住居学の
学問分野解説
を読む

部屋の居心地は何で変わるの?

住居学

お姉ちゃんの大学入学を機に、ついに念願の一人部屋!せっかくだから部屋の模様替えも一緒にやってしまいたいんだけど案外難しい。部屋の居心地って何が決めてるんだろう…。

  • ナビ子ちゃん、最近機嫌がいいけど、何かいいことあったの?
  • わかりますか!? 実は、お姉ちゃんが大学に通うために一人暮らしを始めるんです。ということは、お姉ちゃんとの二人部屋が、ついに念願の一人部屋に……! ずっと憧れていたので本当にうれしいんですよ!
  • なるほどね。それは良かったね。
  • はい!折角だし模様替えしたら、私好みの可愛くて居心地のいい部屋になりました。同じ部屋なのに、不思議です。居心地って何が決めるんですか?
  • ふふふ。身の回りの空間・環境のあり方は、人々の活動や感覚に対して大きな影響を与えるんだ。床・壁・天井・窓・水まわり・家具などといった、なんでもないもののあり方を考え直すことで、さまざまなことがわかってきたんだ。
  • えー、例えばどんなことですか?
  • 例えば部屋と部屋との間に作られた空間の上部に開口を設けると、上昇した暖かい空気が開口部から外へ出て行き、その代わりに部屋の中に空気が入ってくるため、自然の風が各部屋を通り抜け、涼しく暮らせるんだ。
  • 冷房をつけなくても、涼しくなるんですね!
  • その通り! 日本でも北欧から採り入れた高気密、高断熱の住宅が増えているけれど、そうした住宅では夏でも日射の遮蔽をして、通風を室内にうまく取り入れることで、冷房なしでも心理的に快適な環境になることがわかっているよ。
  • 心理的って、部屋の温度の感じ方が変わるってことですよね?
  • そうだね。暑さ寒さの感覚には、気温だけでなく湿度、気流、放射、人の代謝や着衣なども影響するし、部屋の雰囲気や色調なども関係してくる。気流や放射を例にすると、エアコンの温風が直接肌に当たると確かに暖かいけど、顔がほてったりしてあまり快適とは言えない。人は熱がじんわり伝わる床暖房のほうが気持ちよく感じるんだ。
  • へええ! おもしろい! 温度一つとっても、快適さっていろいろあるんですね。たくさん工夫のしがいがありますね。
  • 快適で安全な住居はどうあるべきかを、生活者の視点から研究するのが、住居学なんだ。
  • 住む人のライフスタイルやニーズを掘り下げ、間取りや耐震性から地域コミュニティとの関係まで、心地よく安全に住めることを重視しながら住居の設計を行う学問だ。例えばナビ子ちゃんの模様替えだと、家具などの調度品やカーテンなどをコーディネートするインテリアコーディネーターが関わりそうだね。
  • 住み心地の良い部屋を作るためにも、いろいろな視点からの研究があるんですね。
  • そうだね。科学技術に基づく研究も増えているよ。例えば、「音」や「光」の調節。人間の体内リズムを整えるには朝に太陽光に含まれる青い光を浴び、夜は波長の長い赤い光を受けるのが良いということがわかってきた。
  • それが部屋作りに生かされたり、換気口から侵入してくる騒音を抑制するため、換気ダクトの中にスピーカーを仕込み、騒音と逆位相の音を出すことで騒音を打ち消す仕組みが考えられたりしているんだよ。
  • へ~。科学技術でどんどん快適になっていくんですね。
  • その通り! 個人によって、住宅に何を求めるのかも変わってくる。例えば、家の周囲の眺望を生かした住まいを希望するなら、上から見て「三角形のような家」がいいんだ。
  • 通常の住宅は四角形だけど、眺望をパノラマで見ようとすれば、四角形の対角線が最も視野を広くとることができる。そこで2階の「対角線」にパノラマウィンドウを設置した事例もあるよ。
  • 大胆な発想! 住宅以外でも、快適な空間作りは研究されているんですか?
  • もちろん! 例えば、高齢者施設。「より家庭らしく居心地の良い空間」とするためには、「不自然なものがない」ことが重要だ。トイレへの矢印が一つあるだけで、家庭らしい雰囲気は崩れちゃうよね。空間は人の心や行動に対して、とても大きな影響力をもっているんだ。
  • 確かに、そんなの家には無いですもんね。
  • ほかにも、観察調査とヒアリング調査の結果、プライバシーのない状態では、せっかく人と顔を合わせられる多人数部屋にしても、コミュニケーションは逆に少なくなることが明らかになっているよ。
  • 人がたくさんいるから、コミュニケーションをとるわけじゃないってことかぁ。
  • そうだね。行動や環境、いろんな観点から考えた心地よさがあるけれど、一番は「何を心地よいと感じるか」を大事にすること。だから人ぞれぞれの正解があるんだ。ちなみに、デザイナーと顧客とが住環境に求める背景などを探る、密な対話を積み重ねて計画を練ることを「エスキース」と言うんだよ。
  • なるほど……。私も今度お姉ちゃんと二人部屋になったときは、エスキースして、お互いに心地よい空間を作りますね。
  • ふふふ、そうだね。
page top