京都府立大学の最新情報

現在お知らせはありません。

京都府立大学の学校情報

京都府立大学は、人文・社会・自然科学にかかわる三学部・三大学院をそなえた小規模総合大学です。学部学生1,896名に対し、専任教員150名、1教員あたり学生12.6人という教員・学生相互の密度の高いコミュニケーションをベースに、実験・実習、フィールドワークなど質の高い教育を実現し、社会の中堅を担いうる人物を各分野に輩出しています。
また、京都府立植物園、京都府立京都学・歴彩館、京都コンサートホールが立地する北山文化環境ゾーンにあり、最寄りの地下鉄北山駅からJR京都駅へは15分とアクセスも容易です。

京都府立大学で学べる学問分野

  • 日本文学/外国文学/史学・地理学/心理学・行動科学/文化・教養学/人間科学
  • 外国語学/日本語学/言語学
  • 教育
  • 美術・デザイン・芸術学
  • 法学/政治学
  • 経済学/経営学・商学
  • 社会学/社会福祉学/環境学
  • 情報学・データサイエンス
  • 数学/化学/生物学
  • 通信・情報工学/建築学/応用物理学/応用化学
  • 農学・農芸化学/農業工学・林学/農業経済学
  • 保健・福祉学
  • 食物・栄養学/住居学/生活科学
  • スポーツ・健康科学

京都府立大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

遺伝子組み換えで「お米」が感染症のワクチンに!

  • さまざまな用途に応用できる米のタンパク質
  • 米を使ったワクチン
  • 酒米・パン・化粧品などへの活用
文芸学での学びと研究

文学作品が鏡のように映し出す社会や文化

  • フランス文学は恋バナ、ドイツ文学は思索的
  • 森鴎外が愛した「舞姫」のいた国とその時代
  • ナチスへの関わり方で社会的評価は激変

先輩が京都府立大学に入学を決めた理由

教育内容が良い

下見で京都に行った時に「どうしても京都に行きたい!!」と強く思うようになり、京都府立大学の文学部も魅力的な内容だったため。また公立ということもあり、私立よりも授業料などが安かったため。

文学部/女(2022年度入学)

先生が魅力的

オープンキャンパスでの講義で受けた専門科目に強い関心を持つとともに、私は、その面白さを魅力的に語る先生方に是非とも習いたいと感じたため。

生命環境学部/(2021年度入学)

教育内容が良い

先程答えた学習内容に惹かれたというのも勿論ありますが、なによりもキャンパス内の雰囲気や駅周辺の雰囲気が落ち着いていて自分の好みと合致するというのが一番の決め手でした。また少人数体制であるため、より細やかな学習が出来るだろうというのも京都府立大学を選んだ要因の一つです。

公共政策学部/男(2019年度入学)

研究実績がある

まず、歴史学科のレベルは、高いと言われており、自分の研究したい分野の教授もおられます。オープンキャンパスに行った際に、面談した教授の講話の深さにも感銘を受けました。また、入試教科も、文系で自分の得意教科のセンターで受けることができることと、二次の配点の方が高く、自分の得意分野での逆転が大いに期待できたからです。6.5倍と言う高倍率ではありましたが、合格できホッとしました。

文学部/男(2018年度入学)

京都府立大学のキャンパス

  • 下鴨キャンパス
    下鴨キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒606-8522   京都府京都市左京区下鴨半木町1-5

    • 交 通

      京都市営地下鉄烏丸線「北山」下車1番出口から南へ徒歩10分

    • 所在地

      〒606-8522   京都府京都市左京区下鴨半木町1-5

    • 交 通

      京都市営地下鉄烏丸線「北山」下車1番出口から南へ徒歩10分