公立諏訪東京理科大学の最新情報

現在お知らせはありません。

公立諏訪東京理科大学の学校情報

2018年より公立大学として新しくスタートした大学です(旧大学名:諏訪東京理科大学)。自然豊かな信州諏訪の地で、情報通信、人工知能、ものづくりをはじめとする幅広い学びや新しい価値を生み出す先端研究に取り組みます。
また、これからの社会で求められるのは「マネジメントの素養を身につけた技術者」です。工学の専門知識・技術はもちろんのこと、工学系の学生に対するマネジメント教育も充実させ、社会で活躍できる実践力ある人材を育成しています。

【工学部 情報応用工学科】人工知能を用いたビッグデータの解析・制御など、情報工学のハードウェア・ソフトウェアに関する知識と技術を修得します。ハードとソフトを融合した、情報工学のトータルシステムを研究・開発そして提案できる力を育みます。3年次からは「知能・情報・通信コース」「社会情報システムコース」に分かれてさらに学びを深めます。
【工学部 機械電気工学科】電気自動車やロボットなどの開発が進み、機械と電気の結びつきが一層強まった今、機械・電気両分野の知識とスキルを修得し、ミクロの世界から航空宇宙まで、未来に必要なものづくりができる人材を育成します。2年次後期からは「先進機械コース」「電気電子コース」に分かれてさらに学びを深めます。

公立諏訪東京理科大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

太陽光エネルギーで飛ぶ「ソーラープレーン」が世界を変える!

  • 「ソーラープレーン」の秘めた可能性
  • 実用化に向けての課題
  • 研究は一気に加速中
文芸学での学びと研究

宙に浮いて回転する「ベアリングレスモーター」で広がる可能性

  • 家の中はモーターであふれている!
  • 壊れにくいモーターの開発
  • 磁気浮上技術活用への高まる期待
文芸学での学びと研究

太陽光エネルギーが明るい未来をつくる!

  • 東日本大震災以降注目を浴びる太陽電池
  • 自然との調和をめざして
  • 燃料や食糧問題への活用も期待
文芸学での学びと研究

頭の良さを手に入れよう

  • 頭の良さとは?
  • 「知」「情」「意」をバランスよく

先輩が公立諏訪東京理科大学に入学を決めた理由

奨学金制度の充実

人工知能について学びたく、公立諏訪東京理科大学なら自分の夢に近づけると思ったから

工学部-情報応用工学科/男(2019年度入学)

教育内容が良い

自分の学びたい分野について学ぶことができ、国公立では珍しい長時間の実習があったから。また、学生個人へのサポートがしっかりしていて学生思いな学校だなと感じたから。

工学部-情報応用工学科/男(2021年度入学)

学習環境が整っている

元々一年生の時からパソコンを使った職業についてみたいと思っており先生にオープンキャンパスに行ってみたらと言われて行ったのがきっかけでした。合計2回行かせてもらい実際に講義を受けてみて解説も丁寧でわかりやすく私もここで講義を受けたいと思いました。また一年生の時にサイエンス体験プログラムinSUWAにも参加した時初めて本格的なプログラムを組んでみてパソコンとカメラの連動やライトを光らせるなどやっていくうちに楽しくもっと他のことを学んでみたいと思いました。

工学部-情報応用工学科/男(2021年度入学)

入試方式や難易度

AIについて、ソフト、ハード、両側面からの研究ができるから。

工学部-情報応用工学科/男(2019年度入学)

公立諏訪東京理科大学のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒391-0292   長野県茅野市豊平5000-1

    • 交 通

      JR中央本線茅野(ちの)駅下車。路線バスで約10分。※路線バス利用には通学定期券より割安な、本学学生専用「通学バスパスポート」を発行。

    • 所在地

      〒391-0292   長野県茅野市豊平5000-1

    • 交 通

      JR中央本線茅野(ちの)駅下車。路線バスで約10分。※路線バス利用には通学定期券より割安な、本学学生専用「通学バスパスポート」を発行。