獨協大学の最新情報

現在お知らせはありません。

獨協大学の学校情報

‐140年の伝統と実績を受け継ぐ外国語教育‐

1883年に創立された獨逸(ドイツ)学協会学校、これが獨協大学のルーツであり、その歴史は140年に及びます。

外国語重視の教育理念は創立以来、本学の特色です。

カリキュラム、各種施設、外国語講座、留学制度など、外国語を習得するための環境が整備されています。

全学生が1つのキャンパスで4年間学ぶ「オールインキャンパス」、全学科必修の「ゼミナール」、実践的な英語を学ぶ「全学共通カリキュラム英語部門」などにより充実した学習環境にあります。

2024年4月「情報科学教育プログラム」を始動。本学が得意とする「文系の専門知識」に新たに「理系のデータサイエンス・スキル」をプラスすることで、文理融合の分野にも強く、社会の即戦力として期待される力を育成することを目指しています。

獨協大学で学べる学問分野

  • 日本文学/外国文学/文化・教養学
  • 外国語学/日本語学/言語学
  • 教育
  • 法学/政治学
  • 経済学/経営学・商学/経営情報学
  • 社会学/環境学/観光学
  • 国際関係学
  • 情報学・データサイエンス

獨協大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

台湾文学を読みながら考える、中国語圏の近現代史と人々の生き方

  • 世界に広がる中国語文学
  • 中国語圏文学研究のなかで考える日本語小説
  • 文学作品と中国語圏社会での公共圏
文芸学での学びと研究

観光について考える テーマパークとして読み解く町並み保存観光地

  • テーマパークとしての町並み保存観光地
  • 地域住民は「キャスト」になれるのか?
  • 観光を通して社会や文化について考える

先輩が獨協大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

私は、獨協大学が語学に重点を置いていることや、在学生の勉強に対する姿勢や雰囲気が良いことが、進学の決め手となりました。将来の夢や就きたい仕事、進学したい学部すら曖昧でしたが、獨協大学の「大学は学問を通じての人間形成の場である」という方針が自分に合っていると感じ、受験することを決心しました。

法学部/女(2024年度入学)

知名度が高い

ネームバリューがあると思った。また、就職する際に必要な知識を一通り身につけられると思った。

経済学部/女(2022年度入学)

学習環境が整っている

将来に向けて経済や経営を学びつつ、興味のある英語力を更に伸ばしたいと思った。語学の獨協大学とも呼ばれ、英語教育に力を入れているのが好評価だった。英語を学ぶ環境は他の大学にもあるが、1年間の長期留学の際、期間中の学校の授業料が無料で4年間で卒業出来る点が最大の決め手となった。

経済学部/男(2021年度入学)

知名度が高い

兼ねてから英語を学べる大学への進学を希望していました。先生や先輩にオススメの大学を聞いたり、自分でインターネットで調べる中で、よく出てきたのが獨協大学でした。獨協大学について自分で色々調べてみると、充実した外国語教育を受けられる大学だと分かったので、獨協大学への進学を決めました。

外国語学部/女(2019年度入学)

獨協大学のキャンパス

  • 草加キャンパス
    草加キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒340-8585   埼玉県草加市学園町1-1

    • 交 通

      東京メトロ日比谷線・半蔵門線直通 東武スカイツリーライン「獨協大学前<草加松原>」西口より徒歩5分

    • 所在地

      〒340-8585   埼玉県草加市学園町1-1

    • 交 通

      東京メトロ日比谷線・半蔵門線直通 東武スカイツリーライン「獨協大学前<草加松原>」西口より徒歩5分