共立女子大学の最新情報

現在お知らせはありません。

共立女子大学の学校情報

共立は、小さな女子総合大学です。専門課程として、自然科学系、社会科学系、人文科学系が揃い、そこには医療、芸術、メディア、教育、建築デザインなども含まれています。大規模な総合大学では、大学全体を見渡すことが難しく、部門ごとのまとまりが強くなってしまいます。小さな女子総合大学だからこそ、全体の見通しもよく、分野を超えた様々な交流を深めることができます。先生と学生の距離が近いのも特徴のひとつです。また、共立ではいわゆる教養教育科目を一本化し、大学・短大、すべての学部・学科が机を並べて、授業を受けます。これにより学生の交友関係と視野が広がります。専門性と幅広い教養をしっかり学ぶ中で、学生同士や教員との交流を深め、自分を確立し、社会へと旅立つ女性を育んでいきます。

共立女子大学で学べる学問分野

  • 日本文学/外国文学/文化・教養学
  • 外国語学/日本語学/言語学
  • 教育
  • 美術・デザイン・芸術学
  • 経済学/経営学・商学/経営情報学
  • 社会学
  • 国際関係学
  • メディア学
  • 建築学
  • 看護学
  • 保健・福祉学
  • 食物・栄養学/被服学/児童学/住居学/生活科学

先輩が共立女子大学に入学を決めた理由

立地や通学環境が良い

読書が好きなため、古本屋が多い神保町に建てられた立地が魅力的だった。また、将来編集者になりたいという気持ちがあり、そのために編集関係の大学を探したところ良いと思ったのが共立女子大学だったため。

文芸学部/女(2024年度入学)

教育内容が良い

ビジネスにおける主要4分野の授業があり、ビジネスを幅広く学べることが良いと思ったから。リーダーシップ教育を行なっているのが魅力的だったから。

ビジネス学部/女(2023年度入学)

先生が魅力的

私は、元々ファッションを楽しむ事が好きで、将来は被服に関わる仕事に就きたいと考えていましたが、共立女子大は被服制作に関わらず総合的なファッションビジネスや最新のマーケティング等の専門分野など幅広く学べる事が出来るため、自分の好きなファッションを多方面から学べることが出来ると思いました。さらに、共立女子大は、サスティナブルファッション等社会と連携した企画にも力を入れており、他大学にはない沢山の魅力も感じたため、志望しました。

家政学部/女(2023年度入学)

教育内容が良い

国語の教員免許が取得でき、文学について学ぶことができる大学を調べる中で、文学だけでなく元々興味を持っていた情報メディアについても学ぶことができること、また担任制であったり助手さんが付いて様々なアドバイスをくれたり、就活や資格取得のサポートも手厚いことから選びました。

文芸学部/女(2023年度入学)

共立女子大学のキャンパス

  • 神田一ツ橋キャンパス
    神田一ツ橋キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒101-8437   東京都千代田区一ツ橋2-2-1

    • 交 通

      東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄三田線・新宿線「神保町」駅A9出口から徒歩1分、東京メトロ東西線「竹橋」駅から徒歩3分

    • 所在地

      〒101-8437   東京都千代田区一ツ橋2-2-1

    • 交 通

      東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄三田線・新宿線「神保町」駅A9出口から徒歩1分、東京メトロ東西線「竹橋」駅から徒歩3分