国立

福島大学

福島県

福島大学の最新情報

現在お知らせはありません。

福島大学の学校情報

理念
○自由・自治・自立の精神の尊重
福島大学は、自由、自治、自立の精神に基づき、大学の自律的運営が保障される高等教育機関として、その使命を果たします。

○教育重視の人材育成大学
時代と社会のニーズに応える人材育成大学として社会に貢献する専門的職業人の育成をめざし、教育重視の大学として発展させていくとともに、市民に愛される大学として地域社会に密着する大学づくりを進めます。

○文理融合の教育・研究の推進
人文科学、社会科学、自然科学の専門領域の旧来の枠組みのみにとらわれない文理融合の教育・研究を、柔軟な構造の下で推進します。

○グローバルに考え地域とともに歩む
海外姉妹校と教育・研究交流協定を締結し、海外留学制度の充実・外国人留学生の受入れと交流を進め、国際的視野を深める教育の充実に努めます。社会人を積極的に受け入れ、地域における学習機会を拡大し、地域社会における諸問題に関する教育・研究の発展に寄与します。

福島大学で学べる学問分野

  • 日本文学/外国文学/史学・地理学/哲学・倫理・宗教学/心理学・行動科学/文化・教養学/人間科学
  • 外国語学/日本語学/言語学
  • 教育
  • 美術・デザイン・芸術学
  • 音楽
  • 法学/政治学
  • 経済学/経営学・商学/経営情報学
  • 社会学/社会福祉学/環境学
  • 国際関係学
  • 情報学・データサイエンス
  • 数学/物理学/化学/生物学/地球科学
  • 機械工学/電気・電子工学/通信・情報工学/資源・エネルギー工学/経営工学/理工系その他
  • 農学・農芸化学/農業経済学
  • 食物・栄養学/被服学/児童学/住居学/生活科学
  • スポーツ・健康科学

福島大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

畑の土と植物の関係は? 植物の成長や栄養吸収のメカニズムを探る

  • 土と植物の関係を探る
  • ダイズの成長を支える要因は?
  • 放射性物質を吸収しないダイズをめざして
文芸学での学びと研究

再生可能エネルギーが描き出す未来を想像してみよう!

  • 上手に作って、賢く使う
  • 再生可能エネルギーは地方主導の時代
  • コンセントの先に広がる世界を想像してみよう
文芸学での学びと研究

避難所を少しでも快適にするために

  • 避難所=体育館で本当によいのか
  • 音環境がストレス緩和のカギ
文芸学での学びと研究

日本壊滅の可能性も? 将来の破局噴火を地層から探る

  • 破局噴火で日本が壊滅する?
  • 噴火の手がかりは海にも
  • 「天然ガラス」から噴火の様式がわかる

先輩が福島大学に入学を決めた理由

教育内容が良い

将来福島県内で地域活性化や地域創生に取り組みたいと思っており、地域に根差した環境に身をおいて地域課題を研究したいと考えているから。また、フィールドワークが充実しているため、地域課題をより身近に感じつつ解決のために何が必要かを学ぶことができると考えたから。

人文社会学群-行政政策学類/女(2023年度入学)

資格取得できる

学びたいことが学べる。私は特別支援教諭になりたいが、特別支援学級にも行きたいと考えており、福島大学ではコース外の資格を取得することもできるため私の理想実現への近道であったから。また、静かな環境で学べるため集中することができるから。

人文社会学群-人間発達文化学類/女(2022年度入学)

様々な支援制度がある

家庭の経済的な面でなかなか大学に通うのは簡単ではありませんでしたが、夜間主や寮があり、自分1人の力で生活できそうだったのでこちらの大学を選びました。

人文社会学群-行政政策学類(夜間主)/女(2022年度入学)

入試方式や難易度

地元にこだわりました。得意な教科を学びながらずっと続けてきた陸上をさらに恵まれた環境で頑張る事が出来る大学だと思ったので福島大学に決めました。

理工学群-共生システム理工学類/女(2021年度入学)

福島大学のキャンパス

  • 金谷川キャンパス
    金谷川キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒960-1296   福島県福島市金谷川1

    • 交 通

      JR東北本線金谷川駅より徒歩10分

    • 所在地

      〒960-1296   福島県福島市金谷川1

    • 交 通

      JR東北本線金谷川駅より徒歩10分

大学情報Pick UPメニューを表示する