京都工芸繊維大学の最新情報

現在お知らせはありません。

京都工芸繊維大学の学校情報

■先端科学技術から造形美まで
京都工芸繊維大学は、工芸科学部1学部で構成される工科系大学で、バイオ、材料、電子、情報、機械、環境などの先端科学技術分野から建築・デザインまでの幅広い分野において、ものづくりを基盤とした「実学」を目指した個性ある教育研究を行っています。

京都工芸繊維大学で学べる学問分野

  • 美術・デザイン・芸術学
  • 環境学
  • 情報学・データサイエンス/メディア学
  • 生物学
  • 機械工学/電気・電子工学/通信・情報工学/建築学/材料工学/応用物理学/応用化学/生物工学/資源・エネルギー工学/経営工学/理工系その他
  • 農学・農芸化学
  • 住居学

京都工芸繊維大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

健康や食文化を支える微生物の驚くべき力!

  • あなたは微生物と共に生きている
  • 微生物の「発酵」の力が生活を豊かに
  • 微生物を発見し、解明して、活用する
文芸学での学びと研究

脱炭素社会の実現をめざした住宅建築

  • 家庭での省エネ化が急務
  • 昼間の発電をフル活用する
  • ビルや古民家も脱炭素化へ
文芸学での学びと研究

古い建物を安全に使い続けるために! 壊さずに測る技術

  • 古い木造建築の性能
  • 「非破壊検査」で強度を調べる
  • 循環型社会に欠かせない「サーキュラーデザイン」
文芸学での学びと研究

社会環境や自然環境に最適化された、持続する建築とは?

  • 持続可能(サスティナブル)な建築のデザインとは
  • 最適化する建築
  • 建築の可能性

先輩が京都工芸繊維大学に入学を決めた理由

学生や卒業生が魅力的

自分の得意科目である化学をメインにして医療関係の研究がしたかったからです。京都工芸繊維大学の応用化学課程では、こうした研究ができる環境が整っており、互いが切磋琢磨して高め合える場であると考えました。

工芸科学部-物質・材料科学域-応用化学課程/男(2024年度入学)

就職に有利

自宅から通える国立であり、理系が強いので京都工芸繊維大学に決めました。応用化学科は入学してから、4つのコースを分かれるので興味のある分野を入学してから探って、コースを選択して研究できるのがいいと思いました。

工芸科学部-物質・材料科学域-応用化学課程/女(2024年度入学)

教育内容が良い

京都という地で伝統的な建築を感じながら学べる上、デザインか建築か入ってから選べるから。その上、理系大学でありながら英語学習が充実している。また、総合型選抜の内容が自分にあっていた。

工芸科学部-デザイン科学域-デザイン・建築学課程/(2024年度入学)

教育内容が良い

京都にある理系の単科大学で、院に進学する人も多く、研究に熱中できる環境が整っていると思った、

工芸科学部-設計工学域-電子システム工学課程/男(2024年度入学)

京都工芸繊維大学のキャンパス

  • 松ヶ崎キャンパス
    松ヶ崎キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒606-8585   京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町1

    • 交 通

      京都市営地下鉄「松ヶ崎」駅下車、徒歩8分

    • 所在地

      〒606-8585   京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町1

    • 交 通

      京都市営地下鉄「松ヶ崎」駅下車、徒歩8分