奈良県立大学の最新情報

現在お知らせはありません。

奈良県立大学の学校情報

 奈良県立大学は、「奈良の再発見を通して日本と世界に貢献する」ことを建学の精神に掲げ、往事の奈良が持っていた国際性とその後の長い歴史に対する理解をふまえ、地域社会及び国際社会で活躍できる人材の育成を基本理念としています。異なる文化や価値観をもつ人々と能動的かつ主体的に対話ができ、ローカルかつグローバルな視点をもって活躍できる人材を育成します。
 本学では、個々の学生が自ら主体的・能動的に学修に取り組むことを重視し、少人数対話型教育の実践を目指したカリキュラムを編成しています。教員と学生が対話しながら切磋琢磨し、相互に刺激を与えながら知的に成長することができる学びの場を創っています。また、講義による知識修得型の教育以外に、フィールドワークを積極的に取り入れ、現場からの発想に立った経験を重視した課題指向型教育、解決指向型教育に取り組んでいます。

奈良県立大学で学べる学問分野

  • 史学・地理学/心理学・行動科学/人間科学
  • 政治学
  • 経済学/経営学・商学
  • 社会学/社会福祉学/観光学
  • メディア学

奈良県立大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

開発途上国における、観光開発の「光」と「影」

  • 観光に力を入れる東南アジア諸国
  • 旅行者が来れば地域は本当にうるおうのか?
  • 持続可能な観光開発を
文芸学での学びと研究

まずは行動してみることから国際協力活動が始まる

  • 「自分にできることなどない」と決めつけない
  • わざわざ来てくれたということだけで助けとなる
  • 交流する中で作り上げられていく国際協力活動
文芸学での学びと研究

経済効果だけじゃない? ~観光業の意外な役割~

  • なぜインバウンドはこれほど増えたのか?
  • インバウンド観光の意義、効果
  • 光があれば影もある
文芸学での学びと研究

思い切った「政治」が求められる現代

  • なんらかの秩序をつけるのが政治
  • 「日本」は強くなったが、「地方」は弱くなった
  • 現代は第三の過渡期

先輩が奈良県立大学に入学を決めた理由

立地や通学環境が良い

以前から興味があったが、オープンキャンパスに参加して非常に印象が良かったため。また奈良という地域も興味深い。

地域創造学部-地域創造学科/女(2023年度入学)

入試方式や難易度

大学の立地も良く、通いやすく、わりと小規模の大学の為先生方との距離も近く、雰囲気がとても良かった為。

地域創造学部-地域創造学科/女(2023年度入学)

教育内容が良い

少人数制教育を実施していて、地域創造を学ぶのに適した環境に立地していることに魅力を感じた。また、共通テスト3教科で受験できるので、学校では私立文系コースに所属していたが、目指せる国公立であったこと。

地域創造学部-地域創造学科/女(2022年度入学)

入試方式や難易度

共通テストで失敗し、英・国・その他1教科で受けられる奈良県立大学が1番受かる可能性が高かったため。

地域創造学部-地域創造学科/女(2021年度入学)

奈良県立大学のキャンパス

  • 奈良県立大学
    奈良県立大学 地 図
    • 所在地

      〒630-8258   奈良県奈良市船橋町10番地

    • 交 通

      近鉄奈良・JR奈良駅より徒歩10分

    • 所在地

      〒630-8258   奈良県奈良市船橋町10番地

    • 交 通

      近鉄奈良・JR奈良駅より徒歩10分