奈良女子大学の最新情報

現在お知らせはありません。

奈良女子大学の学校情報

創立110年を超える伝統を誇る奈良女子大学は、奈良市中心部の交通至便な場所に位置し、世界遺産「古都奈良の文化財」に登録された東大寺や春日大社、また奈良公園など豊かな自然環境、文化環境の中にあります。
文学、理学、生活環境学等の文系理系がバランス良く揃った学部を擁し、さらに、高度な教育研究を担う学際的な研究を特色とする大学院人間文化総合科学研究科を配置して、小規模ながらも個性ある教育・研究を推進することを目指しています。

奈良女子大学で学べる学問分野

  • 日本文学/外国文学/史学・地理学/哲学・倫理・宗教学/心理学・行動科学/文化・教養学/人間科学
  • 外国語学/日本語学/言語学
  • 教育
  • 社会学/環境学
  • 情報学・データサイエンス
  • 数学/物理学/化学/生物学/地球科学
  • 医用工学・生体工学/通信・情報工学/建築学/材料工学/理工系その他
  • 食物・栄養学/児童学/住居学/生活科学
  • スポーツ・健康科学

奈良女子大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

数学を使って世界のつながりを解き明かす

  • 点と線で構成されるグラフ理論
  • クラス分類とクラスタリング
  • 友人関係も一目瞭然
文芸学での学びと研究

「湯たんぽ」はなぜ気持ちがいい? 人の体から出る情報を解明

  • 体から出る情報を探る
  • なぜ「湯たんぽ」は寝心地がいい?
  • 進化する機械をめざして
文芸学での学びと研究

幅広い分野とコラボすることで、遺伝子研究はさらに発展する

  • 淀君も愛でたミヤコグサ
  • 連続的に分布するが例外もある
  • 理系、文系の枠を越えて、研究を進める
文芸学での学びと研究

食料は誰がどのようにつくり、どう運ばれ、どう消費されるのか?

  • 食の生産と消費の関係
  • 食を取り巻く矛盾
  • 東大阪市での取り組み

先輩が奈良女子大学に入学を決めた理由

学生や卒業生が魅力的

生徒に対する先生の数が少なく、自分から、質問したり、深く学べそうだと感じたから。

理学部/女(2023年度入学)

学習環境が整っている

決めた理由は2つあります。一つ目は、立地です。キャンパスが住宅街の中にあるため、静かな環境で学習を進めることが可能であり、加えて、近くに東大寺や春日大社などの観光名所があり、勉強の合間に観光に行くことができると考えました。二つ目は、大学で教鞭を取られている先生方の研究に興味があったからです。パンフレットや大学のサイトを見て、授業を受けてみたいと思いました。

文学部/女(2023年度入学)

入試方式や難易度

女子大で初の工学部。幅広く工学を学べることで沢山の知識を得られる。自分の研究したいことが深められる。

工学部/女(2023年度入学)

教育内容が良い

小学生の時から好きだった日本史を、奈良という歴史的なまちで生活しながら学ぶことが出来るから。また他の大学にはない女子大ならではのジェンダー学にとても興味をもったから。

文学部/女(2022年度入学)

奈良女子大学のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒630-8506   奈良県奈良市北魚屋西町

    • 交 通

      近鉄奈良駅1番出口から徒歩約5分

    • 所在地

      〒630-8506   奈良県奈良市北魚屋西町

    • 交 通

      近鉄奈良駅1番出口から徒歩約5分