奈良女子大学の最新情報

現在お知らせはありません。

奈良女子大学の学校情報

創立110年を超える伝統を誇る奈良女子大学は、奈良市中心部の交通至便な場所に位置し、世界遺産「古都奈良の文化財」に登録された東大寺や春日大社、また奈良公園など豊かな自然環境、文化環境の中にあります。
文学、理学、生活環境学等の文系理系がバランス良く揃った学部を擁し、さらに、高度な教育研究を担う学際的な研究を特色とする大学院人間文化総合科学研究科を配置して、小規模ながらも個性ある教育・研究を推進することを目指しています。

奈良女子大学で学べる学問分野

  • 日本文学/外国文学/史学・地理学/哲学・倫理・宗教学/心理学・行動科学/文化・教養学/人間科学
  • 外国語学/日本語学/言語学
  • 教育
  • 社会学/環境学
  • 情報学・データサイエンス
  • 数学/物理学/化学/生物学/地球科学
  • 医用工学・生体工学/通信・情報工学/建築学/材料工学/理工系その他
  • 食物・栄養学/児童学/住居学/生活科学
  • スポーツ・健康科学

奈良女子大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

数学を使って世界のつながりを解き明かす

  • 点と線で構成されるグラフ理論
  • クラス分類とクラスタリング
  • 友人関係も一目瞭然
文芸学での学びと研究

光合成は再現できる? 光を利用した電子移動から見えてくる未来

  • 光合成を分子レベルで見ると
  • 瞬間的に起こる反応
  • 電子移動の仕組みを応用する
文芸学での学びと研究

宇宙誕生のカギは素粒子にあり! 謎に包まれた素粒子の正体とは

  • 物質を分割していくと素粒子になる
  • 宇宙の始まりと「対称性」の関係とは
  • 万物を統一する「超弦理論」
文芸学での学びと研究

ジェンダー平等の課題とは? 20世紀イギリスの歴史から考える

  • ジェンダー問題の背景は?
  • 軍隊と女性の関わり
  • 戦争のジェンダー史

先輩が奈良女子大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

私自身が学びたいと考えるジェンダーに特化した多くの科目が履修可能であること女子大学ならではの女性リーダーを育成する教養を重視したカリキュラムが豊富である実際にオープンキャンパスに参加するなかで、キャンパスは多くの自然や歴史を感じられる文化財に囲まれていて、そのような環境のなかで知識を深めることができる上記のことに魅力を感じ、奈良女子大学で勉学に励みたいと思うようになった

生活環境学部/女(2023年度入学)

教育内容が良い

奈良女子大学は古都奈良という歴史ある場所にあり、落ち着いて勉強するのに良い環境だと感じたから。また、工学部のフレキシブルに授業を履修できるところや、女性目線での研究ができるところに魅力を感じたから。

工学部/女(2023年度入学)

立地や通学環境が良い

全く縁のない土地に住んでみたかったから。家庭科が好きで、人の暮らしについて幅広く様々なことを学びたかったから。女子大なので、専攻以外のジェンダー論等の授業が取りやすいから。教授との距離が近く、質問をしやすそうな環境だから。大学が駅から近く、大阪や京都にアクセスしやすいから。近くに飲食店がたくさんあり、バイト先に困らなそうだから。

生活環境学部/女(2023年度入学)

教育内容が良い

自分のやりたいことに合ったカリキュラムがある。また、公認心理師資格取得に対応したプログラムが用意されている。多くの学生が大学院に進学していて、勉強に熱心な学生が多いと考えた。

生活環境学部/女(2022年度入学)

奈良女子大学のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒630-8506   奈良県奈良市北魚屋西町

    • 交 通

      近鉄奈良駅1番出口から徒歩約5分

    • 所在地

      〒630-8506   奈良県奈良市北魚屋西町

    • 交 通

      近鉄奈良駅1番出口から徒歩約5分