公立

新潟県立看護大学

新潟県

新潟県立看護大学の最新情報

現在お知らせはありません。

新潟県立看護大学の学校情報

 新潟県立看護大学は2002年4月に看護に特化した単科大学(看護学部)として開学しました。2006年には大学院修士課程、2018年には大学院博士後期課程を開設し、一貫した看護教育課程を実現しています。

 看護学部においては、4年間の学びを通じて心と身体(からだ)のケアができる看護職へ成長し、将来、看護・保健医療分野のリーダーとして、また、看護学の発展に寄与できる人材の育成を目指しています。
 さらに、地域とのつながりを重視し、大学と地域との連携による教育カリキュラムを実現しているほか、併設されている看護研究交流センターにおいては、大学の教育・研究の成果を地域住民の皆様に発信し、交流する拠点としています。これらの活動は学外からも非常に高い評価を得ています。

 看護職は生涯を通じた学びを必要とし、人を対象とする幅広い学修と様々な人々との出会いを通して、自身の成長を育むことができる専門職です。
 本学における学生すべてが看護職の道を志し、また研究の場としています。本学で共に学びましょう。

新潟県立看護大学で学べる学問分野

  • 看護学

新潟県立看護大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

LINEトークでがん患者に寄り添う、新しい看護のかたち

  • 抗がん剤治療の変化で減る、病院での会話
  • がんの悩みをLINEで話す・支援する
  • 誰もが病院の枠を超えたケアを
文芸学での学びと研究

ハンセン病元患者の子どものQOLと心的外傷後成長

  • ハンセン病元患者の子どもたちの境遇
  • 心的外傷後成長とは
  • 他者の「ぜい弱さ、傷つきやすさ」を理解すること
文芸学での学びと研究

精神疾患があっても、地域で共に暮らす社会

  • 誰にでも起こり得る精神疾患
  • 精神科病院を廃止したイタリア
  • 住み慣れた地域でともに暮らせる社会の実現を
文芸学での学びと研究

医療的ケア児とその家族を、地域で支えよう!

  • 増える医療的ケア児
  • 家族のケアも重要
  • 医療的ケアを行う看護師の確保が課題

先輩が新潟県立看護大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

単科大学で全員が看護師の道に進もうとしてるので学んだことを質問しやすかったり、先生が丁寧に接してくれると聞いたからです。また、隣に県立中央病院があり実習が豊富なことも大きな理由です。

看護学部-看護学科/女(2020年度入学)

学習環境が整っている

看護師の他にも幅広い分野で学べること。元々第一志望だったが、オープンキャンパスに行ったことで改めて新潟県立看護大学への気持ちが高まったから。

看護学部-看護学科/女(2017年度入学)

資格取得できる

看護師という職に就きたいと思う上で、特に新潟県内で働きたいと思っていたので新潟県内の地域看護を重視している新潟県立看護大学を選びました。

看護学部-看護学科/女(2021年度入学)

資格取得できる

県外に行きたかった。一人暮らししたかった。単科大学であるため先生との距離が近く学習環境が整っていると思った。欲しい資格が取れるから。

看護学部-看護学科/女(2018年度入学)

新潟県立看護大学のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒943-0147   新潟県上越市新南町240

    • 交 通

      えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン「高田駅」下車、「高田駅前案内所」又は「本町4丁目」から「中央病院行き」バスに乗車、「看護大学」下車(駅から約15分)

    • 所在地

      〒943-0147   新潟県上越市新南町240

    • 交 通

      えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン「高田駅」下車、「高田駅前案内所」又は「本町4丁目」から「中央病院行き」バスに乗車、「看護大学」下車(駅から約15分)

大学情報Pick UPメニューを表示する