筑波技術大学の最新情報

現在お知らせはありません。

筑波技術大学の学校情報

教育指導上の特色
聴覚障害者及び視覚障害者の特性に配慮し、学部教育全体を通じた効果的・弾力的な履修が出来るよう、次のような指導上の配慮を図ることにより、新しい高等教育を展開します。

多様なニーズに応じた教育プログラム
多様な履修モデルの準備
個別対応学習プログラムの準備
実体験の重視
基礎学力の確保
障害の特性に応じた教育方法
セメスター制の導入
短期集中教育の実施
多様なメディアの活用
少人数教育
大学学部との密接な連携
社会人の積極的な受け入れ
他大学との単位互換・共同作業
インターンシップの重視
盲学校・聾学校との連携

筑波技術大学で学べる学問分野

  • 人間科学
  • 美術・デザイン・芸術学
  • 社会学/社会福祉学
  • 情報学・データサイエンス
  • 機械工学/電気・電子工学/通信・情報工学/建築学/材料工学/理工系その他
  • 保健・福祉学
  • 住居学/生活科学

筑波技術大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

もはや「開発してから売る」は通用しない技術と経営が融合したMOT

  • 売り場に定着する製品
  • 技術とマーケティング
  • 日本のものづくりの再興に
文芸学での学びと研究

視覚障がい者が活躍! 音声を使ったアプリ開発

  • 生活の質を高める「音声ユーザインタフェース」
  • 視覚障がい者によるプログラミング
  • VUIにおける視覚障がい者の可能性
文芸学での学びと研究

視覚障害のある選手を支える、安全で効果的なトレーニングとは?

  • ブラインドサッカー選手の筋力、持久力
  • 特性に応じたサポートをするために
  • 新たなトレーニングを探る
文芸学での学びと研究

施設の建築は、「所有者視点」から「利用者視点」へ

  • 建築の機能とカタチを科学する
  • 隠れたニーズをあぶりだす
  • 「椅子座空間」と「床座空間」

先輩が筑波技術大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

補聴器を付けているので、一般の大学よりも情報保障が充実していて、教員も話し方伝え方に気を配って下さり、且つ就職に有利であったため。

産業技術学部/男(2023年度入学)

様々な支援制度がある

将来の夢を実現するのに必要な講義があるから。

保健科学部/男(2023年度入学)

学習環境が整っている

自分に合った学習環境であって、興味がある学科もあって学びたいと思ったから。

産業技術学部/男(2021年度入学)

学習環境が整っている

障害者のための学校だから。情報保障が充実してるから。

産業技術学部/女(2020年度入学)

筑波技術大学のキャンパス

  • 天久保キャンパス
    天久保キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒305-8520   茨城県つくば市天久保4-3-15

    • 交 通

      つくばエクスプレス線つくば駅から「テクノパーク桜循環」バスに乗車し(約15分)「筑波技術大学産業技術学部」徒歩1分

    • 所在地

      〒305-8520   茨城県つくば市天久保4-3-15

    • 交 通

      つくばエクスプレス線つくば駅から「テクノパーク桜循環」バスに乗車し(約15分)「筑波技術大学産業技術学部」徒歩1分

  • 春日キャンパス
    春日キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒305-8521   茨城県つくば市春日4丁目12-7

    • 交 通

      つくばエクスプレス線つくば駅から「筑波大学中央」行き又は「筑波大学循環(右回り)」バスに乗車し「平砂学生宿舎前(統合医療センター)」で下車(約10分)、徒歩2分

    • 所在地

      〒305-8521   茨城県つくば市春日4丁目12-7

    • 交 通

      つくばエクスプレス線つくば駅から「筑波大学中央」行き又は「筑波大学循環(右回り)」バスに乗車し「平砂学生宿舎前(統合医療センター)」で下車(約10分)、徒歩2分