新潟食料農業大学の最新情報

現在お知らせはありません。

新潟食料農業大学の学校情報

「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶ「食」の総合大学

みなさんの身近な”食”を支えているのは、農作物の生産からおいしい食品への加工、全国への流通・販売などで”食”を食卓までつなげる人たちです。
本学では「食」「農」「ビジネス」を一体的に学び、食のつながりを実践的に修得していきます。
2年次からは【アグリ】【フード】【ビジネス】の3つのコースで専門的な知識・技術を修得します。
4年間を通して食料産業全体を理解し、自分の将来像に合わせた3つのコースの学びで、これからの食の未来をつくる人材を育成します。

○3つのコース制
【アグリコース】
1~3年次の切れ目ない実習科目と環境科学も取り込んだ幅広い専門科目によって、環境に配慮した多様な持続的農業に関する知識と実践力を養います。
また、学内外にある圃場、温室で有機栽培や養液栽培、作物生理や微生物に関する実習、最新機器を使った作物の品質解析、水・土壌・作物の元素分析、遺伝子解析が可能です。

【フードコース】
食品開発や食品に関することなどはもちろん、食品科学・食品プロセス・発酵と醸造・資源循環・環境科学なども学び、フードチェーン全過程について理解します。また、2年次からの実験・実習では、身近な食品を自分で作ることで、家庭や大学での実験と食品工場での製造加工との違いを実体験します。理論と実践を常に結びつけて考えることで、今何が必要とされているかに気付き、それを解決する力を身につけます。

【ビジネスコース】
あらゆる「食」のコンテンツに新たな価値を見出して、企業の成長や地域の活性化に貢献していく力を伸ばし、激しい競争に勝つためのAIやIoTなど最新技術を視野に入れた戦略を考えます。また、新潟キャンパスを拠点に、多様な企業・機関と連携して、地域資源を活かしたブランディングやグローバル展開を推進していく教育・研究プログラムを行います。

<<特色>>
○地域連携型・実践力重視の授業
インターンシップや地域活性化をテーマに取り組む授業など、地域と連携した科目や、食料産業の大手企業や研究機関で活躍する方々による特別講演、学内外での実習・演習を通して実社会で必要となる実践力を身につけます。

○最先端の機器と実用化に特化した研究活動
学内にはICTを活用した最先端のガラス温室や遠心分離機、DNA解析装置など、最新の実験機器・設備が揃っており、高度な研究を行うことができます。これらの機器・設備を使用し、オリジナル清酒の醸造やブレンドハーブティーの開発など、実用化に特化した研究を行います。
また、国家戦略特区に指定されている新潟市では食・農に関わる新たなビジネスに挑戦することができます。

○丁寧な就職サポートと高い就職実績
食のつながり全体を理解する総合的な知識と各コースでの専門的な知識・技術を修得するため、生産、加工、流通、販売など食に関わるすべての分野で幅広く活躍する”食のジェネラリスト”を育成します。
また、いつでも一人ひとりの就職をサポートできるように、両キャンパスに就職専門の支援センターを設置。1年次からキャリア系科目(基礎ゼミ、キャリアプランニングなど)を多く取り入れ、将来の就職イメージを明確にしていきます。
一人ひとりが自信を持って就職活動に取り組める様、親切かつ丁寧に支援します。
【2021年度卒業生実績】
就職率 98.8%
【2022年度卒業生実績】
就職率 99.1%

新潟食料農業大学で学べる学問分野

  • 経済学/経営学・商学
  • 生物学
  • 農学・農芸化学/農業経済学
  • 食物・栄養学

新潟食料農業大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

牛の微生物で、農業のゴミの処理とエネルギー生産を同時に実現!

  • 牛の第一胃中の微生物を利用
  • ゴミ処理と同時にエネルギーを生産
  • 食肉処理場にもメリットが
文芸学での学びと研究

これおいしい! なぜおいしい? どうすればもっとおいしくなる?

  • おいしく食べるために欠かせない「食感」
  • 生物学・化学・物理学の知識を生かす
  • もっとおいしく食べたい、届けたい
文芸学での学びと研究

「フードビジネス」の新たな価値創造に向けて

  • すべてのビジネスに必要な「マーケティング」
  • 生産から加工、提供まで
  • 「食」はあらゆるビジネスの強いコンテンツ
文芸学での学びと研究

メタン発酵は生ゴミをエネルギー資源に変える救世主

  • 微生物を利用した循環型社会づくり
  • 地域に根差したエネルギー・資源循環をめざして
  • 開発途上国の生活の質(QOL)も上げる

先輩が新潟食料農業大学に入学を決めた理由

教育内容が良い

1年生の時に3つのコースについて一貫して学ぶ事ができ、2年生からコース別になり専門的に学ぶことができる。また、1つのコースの講義だけでなく、他のコースの講義も取ることができること。

食料産業学部/男(2023年度入学)

奨学金制度の充実

家庭環境的に大学進学は出来ないと思っていたが食料農業大学は頑張った人には家庭環境関係なく手当を施してくれるのでそこに惹かれた

食料産業学部/女(2022年度入学)

資格取得できる

他の大学とは違い、食品開発や農業実技、経営に関してバランスよく学べるから選びました。

食料産業学部/男(2019年度入学)

学習環境が整っている

畑が近い事や先生との距離が近く緊密になれるから。

食料産業学部/男(2019年度入学)

新潟食料農業大学のキャンパス

  • 胎内キャンパス
    胎内キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒959-2702   新潟県胎内市平根台2416番地

    • 交 通

      ■お車をご利用の場合
      <新新バイパスをご利用の場合>
      新新バイパス「聖籠IC」を降りて胎内市方面に約30分進み、高畑交差点を通過後左手。
      <日本海東北自動車道をご利用の場合>
      日本海東北自動車道「中条IC」を降りて右折。セブンイレブンのある交差点を右折し、高畑交差点を通過後左手。または、日本海東北自動車道「胎内スマートIC」を降りて左折後直進、約2キロ進行方向左手。

      ■電車をご利用の場合
      JR羽越本線「中条駅」下車。タクシーで約15分。

    • 所在地

      〒959-2702   新潟県胎内市平根台2416番地

    • 交 通

      ■お車をご利用の場合
      <新新バイパスをご利用の場合>
      新新バイパス「聖籠IC」を降りて胎内市方面に約30分進み、高畑交差点を通過後左手。
      <日本海東北自動車道をご利用の場合>
      日本海東北自動車道「中条IC」を降りて右折。セブンイレブンのある交差点を右折し、高畑交差点を通過後左手。または、日本海東北自動車道「胎内スマートIC」を降りて左折後直進、約2キロ進行方向左手。

      ■電車をご利用の場合
      JR羽越本線「中条駅」下車。タクシーで約15分。

  • 新潟キャンパス
    新潟キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒950-3197   新潟県新潟市北区島見町940番地

    • 交 通

      ■お車をご利用の場合
      新新バイパス「競馬場IC」を降りて新潟競馬場方面へ進み、県道398号線との交差点を右折、約1.5キロ進行方向左手。

      ■路線バスをご利用の場合
      新潟交通路線バス新潟駅万代口バスターミナルから、9番のりば空港・松浜線「新潟医療福祉大学行き」乗車、「新潟医療福祉大学入口」下車、または「太郎代浜行き」乗車、「新潟医療福祉大学入口」下車すぐ。

      ■電車をご利用の場合
      JR白新線「豊栄駅」下車。タクシーで約20分。

    • 所在地

      〒950-3197   新潟県新潟市北区島見町940番地

    • 交 通

      ■お車をご利用の場合
      新新バイパス「競馬場IC」を降りて新潟競馬場方面へ進み、県道398号線との交差点を右折、約1.5キロ進行方向左手。

      ■路線バスをご利用の場合
      新潟交通路線バス新潟駅万代口バスターミナルから、9番のりば空港・松浜線「新潟医療福祉大学行き」乗車、「新潟医療福祉大学入口」下車、または「太郎代浜行き」乗車、「新潟医療福祉大学入口」下車すぐ。

      ■電車をご利用の場合
      JR白新線「豊栄駅」下車。タクシーで約20分。