三条市立大学の最新情報

現在お知らせはありません。

三条市立大学の学校情報

三条市立大学は、世界でも評価の名高いものづくり産業の集積地である「燕三条」に2021年4月に開学した、工学部技術・経営工学科を有する公立大学です。

「燕三条」は日本の高品質なものづくりを牽引したとてもスペシャルな土地で、いつの時代も新しく先進的な商品を生み出し続け、高い品質を求める世界中のユーザーの暮らしを豊かにし続けてきました。

絶えず本質を見つめ、妥協のない美意識で「燕三条」というブランドを高め続けるこの地域そのものをキャンパスにして、三条市立大学はものづくりの新時代を切り開きます。

プロデュースするのは、燕三条スピリットを知るイノベーティブテクノロジスト。

機械工学を軸とするバラエティ豊かな工学知識に加え、テクノロジーをどう活かすかをしっかり学べる技術マネジメントの講義。就職や起業を見据えた、実践的なビジネスマインドを育成する経営やマーケティングのカリキュラム。ここで学べることは、現実社会で使える生きた知識です。

三条市立大学で学べる学問分野

  • 経営学・商学
  • 機械工学/電気・電子工学/通信・情報工学/材料工学

三条市立大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

熱から電気をつくる 地球に優しいセラミックスの可能性

  • 環境問題への関心から注目が集まる熱電材料
  • 効率の悪いセラミックスを効率の良い材料に
  • 熱の伝わり方を制御して発電性能の向上に成功
文芸学での学びと研究

古い機械をセンシングして、町工場の生産性を向上

  • 町工場の現状
  • 安価な部品でデジタル化
  • データ分析で生産の効率化を
文芸学での学びと研究

高速で大容量のメモリーを作る研磨技術は「ナノメートル」の世界

  • スマートフォンがサクサク動くのは研磨のおかげ
  • より平らにすることで速くて大容量のメモリーへ
  • 技術が生活に役立つのはマネジメントがあるから
文芸学での学びと研究

イメージを具現化する「プロトタイピング」とは?

  • なんでもかんでも3Dプリンタで作るべきか
  • イメージを具現化するにはいくつもの選択肢がある
  • 概念をすり合わせ数値化することで明確になる

先輩が三条市立大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

自分の将来の夢と合っていて、また設備が整っていたため。

工学部/男(2024年度入学)

学習環境が整っている

新しくできたということもあり、機材がとても充実している。

工学部/男(2022年度入学)

教育内容が良い

学びたいことを特化して学べるから。

工学部/男(2022年度入学)

学習環境が整っている

真新しい機器を用いて学習できるから。

工学部/女(2021年度入学)

三条市立大学のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒955-0091   新潟県三条市上須頃5002番地5(※2022.10.1~番地が変更になりました。)

    • 交 通

      JR「燕三条駅」燕口から徒歩約10分

    • 所在地

      〒955-0091   新潟県三条市上須頃5002番地5(※2022.10.1~番地が変更になりました。)

    • 交 通

      JR「燕三条駅」燕口から徒歩約10分