東京薬科大学の最新情報

現在お知らせはありません。

東京薬科大学の学校情報

医療や生命科学の各分野で、人の命と健康に貢献するプロフェッショナルを育成します。


東京薬科大学で学べる学問分野

  • 環境学
  • 化学/生物学/地球科学
  • 生物工学/資源・エネルギー工学
  • 農学・農芸化学
  • 薬学

東京薬科大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

環境にやさしい医薬品開発のキーワードは「有機触媒」

  • 分子を構築して作られる新しい薬
  • 環境を汚さないための技術とは?
  • 有機触媒研究の課題
文芸学での学びと研究

女性特有の疾患の治療薬を開発し性差なく活躍できる社会を実現する

  • 女性の10人に1人が抱える「子宮内膜症」
  • 副作用が少ない薬を見つけだす
  • 性差なく活躍できる社会の実現に向けて
文芸学での学びと研究

酵素で食感をコントロールし、新しい食品や価値を創造する

  • 酵素を活用して、新食感を生み出す
  • 分子同士を結合して構造を変化させる
  • 食感をコントロールし、新しい食品をつくる
文芸学での学びと研究

医療は赤ちゃんの意思も受け止められるのか

  • 患者の「声」が聞けない場合
  • 子どもを相手としたチーム医療に必要なもの
  • 意思表明ができない患者は人だけではない

先輩が東京薬科大学に入学を決めた理由

教育内容が良い

大学が求める生徒の在り方や校風が自分にとても合っていたこと、多様な研究室や国家試験合格率に魅力を感じたこと、また、充実した施設があり将来のための実践力を身につけるのに最適だと思ったことが理由です。

薬学部/女(2024年度入学)

資格取得できる

東京薬科大学は歴史があり、就職分野が広くて国家試験合格率も高く、生徒への教育が手厚い印象を受けたため、薬剤師を目指す私にとって国公立と比較しても魅力的だと感じた。

薬学部(女子部)/女(2023年度入学)

就職に有利

食品、製薬、化粧品系への就職ができる。オープンキャンパスへ行って学校の雰囲気が良かった。

生命科学部/女(2023年度入学)

先生が魅力的

東京薬科大学が主催しているtamaサイエンスフェスティバルに参加し、東京薬科大学の生徒の研究発表や教授が行っている研究を知ることが出来たこと。また、同じ高校生が様々な研究をしている姿を見ることが出来、このような経験をさせることが出来る大学にとても興味を持ったこと。

生命科学部/女(2022年度入学)

東京薬科大学のキャンパス

  • 八王子キャンパス
    八王子キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒192-0392   東京都八王子市堀之内1432-1

    • 交 通

      JR中央線「豊田駅」下車、スクールバス約8分
      京王線「平山城址公園駅」下車、バス約8分または徒歩約18分
      京王相模原線「京王堀之内駅」下車、バス約8分

    • 所在地

      〒192-0392   東京都八王子市堀之内1432-1

    • 交 通

      JR中央線「豊田駅」下車、スクールバス約8分
      京王線「平山城址公園駅」下車、バス約8分または徒歩約18分
      京王相模原線「京王堀之内駅」下車、バス約8分