横浜薬科大学の最新情報

現在お知らせはありません。

横浜薬科大学の学校情報

現代の医療は、“薬物治療の患者個別化”や疾病の治療以前にある“予防重視”の方向へとシフトしています。また、医療現場での事故防止への危惧から“医療品の適正使用”と“医療ミス防止”も重要視されており、その全てに薬剤師が大きな役割を担うこととなるのです。「健康」「漢方」「臨床」の3つの学科を設けた薬学部では、それぞれ薬の本質と薬学の使命、薬剤師・研究者としての責任感と心構えなどを学びます。
また、4年制「薬科学科」では幅広い生命科学関連領域で活躍する人材の育成を目指します。自然科学を学ぶことはもちろん、薬学としての特徴的科目を学ぶカリキュラムとなっています。

横浜薬科大学で学べる学問分野

  • 教育
  • 数学/物理学/化学/生物学
  • 応用化学
  • 薬学
  • 保健・福祉学

横浜薬科大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

薬の研究開発は効き方や副作用をコンピュータで解析・予測する時代に

  • 世界中で蓄積されたデータを組み合わせて分析する
  • 薬の効果や、体内でどう運ばれるかを予測する
  • 研究段階でも、臨床でも、薬剤師の役割が大きい
文芸学での学びと研究

アルツハイマー病の改善も期待できる、低線量放射線の影響

  • 私たちの生活に身近な放射線
  • 長期間の低線量被曝が細胞に与える影響
  • 神経細胞の活性効果で治療の可能性も
文芸学での学びと研究

化学物質との正しいお付き合いを

  • 痛みを伝える受容体「TRPイオンチャネル」
  • 化学物質による健康被害
  • 化学物質の効果と怖さを正しく理解
文芸学での学びと研究

効果的に有機合成ができる場を作り出す

  • 人体は酵素が反応しやすい場
  • プロトンによる反応
  • 反応の場の構築

先輩が横浜薬科大学に入学を決めた理由

奨学金制度の充実

割と新しい大学ということから、初めは他の薬科大学を希望していましたが、オープンキャンパスに行った際に案内してくれた先生が、同大学、同大学院を出られたと説明してくれました。ここにしかない魅力の一つに、奨学金制度の充実と、学生と先生の距離が近く、とても親身になってくださると聞き、勉強面の不安が少し和らぎました。また環境もよく、明るい大学と感じたからです。

薬学部-臨床薬学科/男(2023年度入学)

資格取得できる

漢方薬学科があること。薬学大学であること。先生が親切であること。大きな薬草園があること。

薬学部-漢方薬学科/女(2023年度入学)

学習環境が整っている

横浜に行きたいのが一番の理由、その中でも横浜薬科大学は施設が充実していて実習が充実しそう

薬学部-臨床薬学科/女(2023年度入学)

資格取得できる

家から近く、特待生入試があったため。

薬学部-臨床薬学科/女(2020年度入学)

横浜薬科大学のキャンパス

  • ハマヤクキャンパス
    ハマヤクキャンパス 地 図
    • 所在地

      〒245-0066   神奈川県横浜市戸塚区俣野町601

    • 交 通

      JR戸塚駅よりバスで約20分
      JR大船駅よりバスで約20分
      小田急江ノ島線・相鉄線・市営地下鉄線よりバスで約15分
      ※バス乗車の行き先は、俣野公園・横浜薬大前行きまたはドリームハイツ行きに乗車してください。

    • 所在地

      〒245-0066   神奈川県横浜市戸塚区俣野町601

    • 交 通

      JR戸塚駅よりバスで約20分
      JR大船駅よりバスで約20分
      小田急江ノ島線・相鉄線・市営地下鉄線よりバスで約15分
      ※バス乗車の行き先は、俣野公園・横浜薬大前行きまたはドリームハイツ行きに乗車してください。