酪農学園大学の最新情報

現在お知らせはありません。

酪農学園大学の学校情報

北海道フィールドを活かし、「農・食・環境・生命」を学べる大学です。
135万平方メートルの広大なキャンパスは東京ドームおよそ28個分の広さ。約180頭の乳牛を飼育する酪農生産ステーションや、診療件数が日本トップクラスの附属動物医療センターのほか、乳・肉製品の製造実習室など充実した施設で実学教育を展開しています。
また、より広く自由に学べる学群・学類制を採用。1年次には基盤教育として学群ごとに共通の科目を履修することで、それぞれの可能性を広げ、2年次から始まる専門教育への基礎力をじっくりと養うことができます。

酪農学園大学で学べる学問分野

  • 教育
  • 経済学/経営学・商学
  • 環境学
  • 化学/生物学/地球科学
  • 農学・農芸化学/農業工学・林学/農業経済学/獣医学/酪農・畜産学
  • 食物・栄養学
  • スポーツ・健康科学

酪農学園大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

希少な野生生物を感染症から救う

  • 恐ろしい寄生虫による感染症
  • さまざまな感染ルート
  • モニタリング調査で実態を把握
文芸学での学びと研究

ヒトの健康に役立つオリゴ糖 農産物中の含有量の変化を追う

  • ヒトが消化できないオリゴ糖が腸で活躍
  • タマネギのオリゴ糖は貯蔵中に少しずつ減る
  • あの「PCR」を使った実験も
文芸学での学びと研究

より効率のいい酪農経営のために見直される人工授精技術

  • 日本のほとんどの牛が人工授精で生まれている
  • 雌牛が最も妊娠しやすい時期を管理する
文芸学での学びと研究

乳牛の健康と繁殖の課題を全国のデータ分析で解決へ

  • 牧草が牛の健康とお乳の質に影響する
  • 乳牛の健康と繁殖を獣医師がサポート
  • 求められる全国全頭のデータベース

先輩が酪農学園大学に入学を決めた理由

教育内容が良い

フィールドワークが多い教員を目指すコースがあり実績がある

農食環境学群-環境共生学類/女(2022年度入学)

資格取得できる

愛知県出身ですが、北海道は意外にアクセスがよく、関東圏へ新幹線で行くよりも安くで行ける時もあるのでとても魅力的。北海道という広大な大地で獣医学を学べるのは楽しみ。

獣医学群-獣医学類/女(2021年度入学)

教育内容が良い

将来の夢が産業動物臨床獣医師なので設備、講義等をみると、酪農学園大学が最も最適だと思ったから。

獣医学群-獣医学類/女(2021年度入学)

学習環境が整っている

将来畜産動物獣医師になりたいと思っており、北海道にあり、畜産関係の動物を主として扱っているという点で合致していたのが酪農学園大学だったため

獣医学群-獣医学類/男(2020年度入学)

酪農学園大学のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒069-8501   北海道江別市文京台緑町582番地

    • 交 通

      ・JR「札幌駅」からJR函館本線江別・岩見沢方面行きで約15分、「大麻駅」下車。南口から徒歩約15分。
      ・JR「新札幌駅」からJRバスまたは夕鉄バス野幌・江別・南幌・あけぼの団地方面行にて約20分で「とわの森三愛高校前」または「酪農学園前」下車、すぐ。

    • 所在地

      〒069-8501   北海道江別市文京台緑町582番地

    • 交 通

      ・JR「札幌駅」からJR函館本線江別・岩見沢方面行きで約15分、「大麻駅」下車。南口から徒歩約15分。
      ・JR「新札幌駅」からJRバスまたは夕鉄バス野幌・江別・南幌・あけぼの団地方面行にて約20分で「とわの森三愛高校前」または「酪農学園前」下車、すぐ。