岩手大学の最新情報

現在お知らせはありません。

岩手大学の学校情報

岩手大学は、真理を探究する教育研究の場として、学術文化を創造しつつ、幅広く深い教養と高い専門性を備えた人材を育成することを目指すとともに、地域社会に開かれた大学として、その教育研究の成果をもとに地域社会の文化の向上と国際社会の発展に貢献することを目指します。

岩手大学で学べる学問分野

  • 日本文学/外国文学/史学・地理学/哲学・倫理・宗教学/心理学・行動科学/文化・教養学/人間科学
  • 外国語学/日本語学/言語学
  • 教育
  • 美術・デザイン・芸術学
  • 音楽
  • 法学/政治学
  • 経済学/経営学・商学
  • 社会学/環境学
  • 情報学・データサイエンス/メディア学
  • 数学/物理学/化学/生物学/地球科学
  • 機械工学/航空・宇宙工学/医用工学・生体工学/電気・電子工学/通信・情報工学/土木・環境工学/材料工学/応用物理学/応用化学/生物工学/資源・エネルギー工学/理工系その他
  • 農学・農芸化学/農業工学・林学/農業経済学/獣医学/酪農・畜産学/水産学
  • スポーツ・健康科学

岩手大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

青果物の-5℃保存で、世界の食料問題を解決せよ!

  • 日持ちしにくい青果物は廃棄も多い
  • 長期保存のポイントは-5℃
  • 省エネで食品ロス削減に貢献
文芸学での学びと研究

リンゴの病気を引き起こすウイルスを突き止めろ!

  • リンゴの病気「奇形果病」と「輪状さび果病」
  • ウイルスから病気の原因を見つけ出す
  • 遺伝子診断による早期検出でまん延防止
文芸学での学びと研究

近代化が進む中で高まる自然回帰・農村回帰欲求

  • 人と自然の関係性の変化
  • 進み過ぎた「切り身の関係」
  • 問われる「農的暮らし」の具体化
文芸学での学びと研究

化学で、生活に欠かせない有機化合物の未来を開く

  • ノーベル賞受賞者も多い触媒の研究
  • 触媒による「不斉合成」革命
  • 未来型触媒

先輩が岩手大学に入学を決めた理由

就職に有利

将来公務員として働きたいと考えており、岩手大学は公務員の輩出が多く、就職率も高い国公立大学だったため進学を志望した。また、自分が将来の目標を叶えるために学びたいと考えていた分野を学べるため、自分に適している大学であると考えた。

人文社会科学部/女(2024年度入学)

教育内容が良い

私は心理と異文化理解の関連を深く学びたいと考えているため、主副専修プログラム制をとっている岩手大学に魅力を感じました。また、自分の興味があることを研究する教授がいらっしゃったことも決め手です。

人文社会科学部/女(2024年度入学)

知名度が高い

得意だった生物を活かせる学部で自分に合った学力の大学を探していて、気候が宮城県と近く、また、農学部に特に力を入れている大学だから。

農学部/女(2024年度入学)

教育内容が良い

理工学部の中でもコースが細かく分かれていて、より自分が学びたいことを丁寧に学ぶことができると思った。

理工学部/男(2024年度入学)

岩手大学のキャンパス

  • 岩手大学上田キャンパス
    岩手大学上田キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒020-8550   岩手県盛岡市上田3-18-8

    • 交 通

      JR「盛岡駅」バスで15分

      JR「盛岡駅」徒歩25分

    • 所在地

      〒020-8550   岩手県盛岡市上田3-18-8

    • 交 通

      JR「盛岡駅」バスで15分

      JR「盛岡駅」徒歩25分