岩手県立大学の最新情報

現在お知らせはありません。

岩手県立大学の学校情報

「自然」、「科学」、「人間」が調和した新たな時代を創造することを願い、人間性豊かな社会の形成に寄与する、深い知性と豊かな感性を備え、高度な専門性を身につけた自律的な人間を育成する大学を目指します。

岩手県立大学で学べる学問分野

  • 心理学・行動科学
  • 教育
  • 法学/政治学
  • 経済学/経営学・商学
  • 社会学/社会福祉学/環境学/観光学
  • 国際関係学
  • 情報学・データサイエンス/メディア学
  • 機械工学/電気・電子工学/通信・情報工学
  • 農業経済学
  • 看護学/医療技術
  • 保健・福祉学
  • 児童学
  • スポーツ・健康科学

岩手県立大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

マスキングテープが文房具に 消費者が創造する独自の価値

  • マスキングテープはなぜ文房具になった?
  • 消費場面に注目したマーケティング
  • 水族館に訪れる価値
文芸学での学びと研究

発達・行動面に心配のある子どもの支援方法を「臨床的」に学ぶ

  • 「発達のつまずき」は、育てかたのせい?
  • 「発達特性」に配慮した環境を
  • 「愛着形成」を大切に、子どもが安心できる発達支援を
文芸学での学びと研究

暮らしの実際を見つめ、一歩先を照らす、まちづくりの研究

  • 暮らしの総体としてのまちづくり
  • 実践・行動型の現場主義
  • 暮らしの現場の実際を見つめ、一歩先を照らす
文芸学での学びと研究

スマート農業や二酸化炭素削減にディープラーニングの力で挑む

  • 機械に画像を学習させる
  • 深層学習による画像解析の挑戦先
  • 少ない素材にも深層学習を

先輩が岩手県立大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

公立なのに私立並みの立派で大きなキャンパスに感動し、ここで学びたいと思ったから。また図書館がすごく充実していて蔵書冊数も多いから。

社会福祉学部/女(2021年度入学)

入試方式や難易度

数学が得意だったということと情報工学系に進みたいと思っていたから。

ソフトウェア情報学部/男(2019年度入学)

学習環境が整っている

3年時から法律・行政、経済、環境のいずれかのコースに所属する。専門科目をより深く掘り下げられるのに加え、1年次はそれらの基礎的科目を全般的に学ぶため、自分がどのコースに所属するべきか考え直すことも出来る。また、公務員試験講座などどいった支援環境もかなり整っており、学生のためを考えた大学だと考えた。

総合政策学部/男(2021年度入学)

教育内容が良い

地域と連携して行われる実践的な教育が魅力的だったから。

総合政策学部/女(2019年度入学)

岩手県立大学のキャンパス

  • 滝沢キャンパス
    滝沢キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒020-0693   岩手県滝沢市巣子152-52

    • 交 通

      IGR「いわて銀河鉄道」滝沢駅下車 徒歩15分
      JR盛岡駅東口から岩手県交通/「岩手県立大学バス停」下車

    • 所在地

      〒020-0693   岩手県滝沢市巣子152-52

    • 交 通

      IGR「いわて銀河鉄道」滝沢駅下車 徒歩15分
      JR盛岡駅東口から岩手県交通/「岩手県立大学バス停」下車