三重大学の最新情報

現在お知らせはありません。

三重大学の学校情報

【本学の環境】
三重県は,気候温暖で,四季の変化に富んでいます。本学は,県庁の所在地である津市北東部に位置し,伊勢湾を望む閑静で自然環境に恵まれた勉学には好適のキャンパスに5つの学部が統合されています。
医学部は,他の学部と所在町名が異なっていますが,事実上は同一キャンパスに位置しており,また,全学的に年次計画による構内の環境整備を着々と進めています。
【本学の概要】
本学には人文学部,教育学部,医学部,工学部及び生物資源学部の5学部があり,各学部のほか,大学院人文社会科学研究科修士課程,大学院教育学研究科専門職学位課程,大学院医学系研究科(修士課程及び博士課程),大学院工学研究科博士(前期・後期)課程,大学院生物資源学研究科博士(前期・後期)課程,大学院地域イノベーション学研究科博士(前期・後期)課程が設置されています。

三重大学で学べる学問分野

  • 日本文学/外国文学/史学・地理学/哲学・倫理・宗教学/心理学・行動科学/文化・教養学/人間科学
  • 外国語学/日本語学/言語学
  • 教育
  • 美術・デザイン・芸術学
  • 音楽
  • 法学/政治学
  • 経済学/経営学・商学
  • 社会学/環境学
  • 情報学・データサイエンス
  • 数学/物理学/化学/生物学/地球科学
  • 機械工学/電気・電子工学/通信・情報工学/建築学/土木・環境工学/材料工学/応用物理学/応用化学/生物工学/資源・エネルギー工学
  • 農学・農芸化学/農業工学・林学/農業経済学/酪農・畜産学/水産学
  • 医学
  • 看護学
  • 食物・栄養学/被服学/児童学/住居学/生活科学
  • スポーツ・健康科学

三重大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

「津波避難ビル」が安全であるために

  • 災害の多い狭い国土
  • 津波避難ビルの安全性
  • ハード面とソフト面
文芸学での学びと研究

変わる医学教育 実習の充実、チーム医療への布石

  • 増える1~2年生の早期体験実習
  • 地域の人とふれあうフィールドワーク
  • チームワークも大切な学び
文芸学での学びと研究

実社会の課題を数理モデルとアルゴリズムで解決する!

  • アルゴリズムで社会的課題も解決できる
  • バスの経路の最適化やプログラムの安全性に貢献
  • 目に見えない情報をカタチにする工学
文芸学での学びと研究

木材から「バイオプラスチック」をつくるには

  • 化石資源の代替として注目される植物資源
  • 木材を成分分離して新しい素材をつくる
  • 「木の粘土」というアイデア

先輩が三重大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

一年次では総合を選択、二年次から専門課程を選べるのでまだ方向性に悩んでいたので丁度良い

工学部/男(2022年度入学)

教育内容が良い

森林を適切に扱い、次世代まで森林を資源として残していきたいという思いがあったから。地球温暖化以外にも解決したいと思う環境問題を様々な分野から多角的に研究をする環境が整っていることから

生物資源学部/女(2022年度入学)

教育内容が良い

生まれも育ちも三重である自分にとって一番親しい大学であり、さらに三重県に関することが授業で取り上げられているので三重大でしかできない教育が受けられると思ったから。

人文学部/女(2021年度入学)

立地や通学環境が良い

愛知県に元々住んでいたので、いつでも帰ってこれる距離にあるという安心感が大きかったです。他にも、学習カリキュラムに興味深いものがあったことも理由の1つです。

医学部-医学科/男(2021年度入学)

三重大学のキャンパス

  • 上浜キャンパス
    上浜キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒514-8507   三重県津市栗真町屋町1577

    • 交 通

      1.近鉄江戸橋駅より徒歩15分

      2.JR津駅・近鉄津駅より
      津駅前バスのりば(津駅東口)「4番のりば」からバスで約10分
      「三重大学前」又は「大学病院前」下車

    • 所在地

      〒514-8507   三重県津市栗真町屋町1577

    • 交 通

      1.近鉄江戸橋駅より徒歩15分

      2.JR津駅・近鉄津駅より
      津駅前バスのりば(津駅東口)「4番のりば」からバスで約10分
      「三重大学前」又は「大学病院前」下車