びわこ成蹊スポーツ大学の最新情報

現在お知らせはありません。

びわこ成蹊スポーツ大学の学校情報

誰でもどこでも気軽に実践し楽しむことができ、国際的にも通用する「スポーツ」という概念を学びの柱として開学しました。スポーツを「する」「みる」「ささえる」といった多角的な側面からの学びを深め、「教育」「健康」分野に限らず幅広い分野で活躍できる人材の育成を目指します。
スポーツを専門的に学ぶカリキュラムを設けています。
また、1年次からキャリア形成指導を実施し、学生の志望進路に合わせて、各種試験対策などを行っています。その結果、直近5年間の就職率は99%を超えています。

びわこ成蹊スポーツ大学で学べる学問分野

  • 教育
  • スポーツ・健康科学

びわこ成蹊スポーツ大学の教員による学問・研究

文芸学での学びと研究

スポーツの「コーチング」ってこんなに大切!

  • スポーツの指導者に必要な資質とは?
  • 日本のスポーツ界の変化
  • 指導者に求められる新たな役割
文芸学での学びと研究

飛脚はなぜ1日200kmも走れたのか――答えは「古武術」にあり

  • 古武術の基本姿勢
  • 現代人と違う昔の人の体の使い方
  • バイオメカニクスと古武術の融合
文芸学での学びと研究

プレーは数値化できる! データがスポーツをより面白くする

  • 高まるデータの価値
  • プレーを採点し、特徴や傾向を把握する
  • 影山優佳はなぜすごい?
文芸学での学びと研究

多様化するスポーツメディアに求められるものとは?

  • スポーツの価値を投げかけるメディア
  • 一元的に受け止めない意識
  • 「神の手」から学ぶスポーツとメディア

先輩がびわこ成蹊スポーツ大学に入学を決めた理由

学習環境が整っている

自分はサッカーをしていてその中でプロサッカー選手になるという夢がありその夢を実現させるために1番最適だと感じたのが1番の理由でプロ選手を7年連続で輩出しているというところが1番心にきました。そして全国大会でもベスト4という素晴らしい結果を出していて部活が強く常にサッカーが成長できる場所だから選びました。そしてサッカーだけでなく人間性としても素晴らしい人が多くいて自主的かつより物事がうまくいくように話している姿を見て社会に出ても恥ずかしくない人間性を学べると感じたから貴学を選びました。

スポーツ学部/男(2023年度入学)

教育内容が良い

将来アスレティックトレーナーになりたくて選んだ。アスレティックトレーナーでも様々な面から学べるから選んだ。部活動で自分のコーチと顧問が知り合いでその人がすごい人でそこで部活動を頑張りたいと思ったから。

スポーツ学部/女(2021年度入学)

教育内容が良い

サッカーに力を入れている北海道にはないスポーツビジネスという分野が学べる

スポーツ学部/女(2021年度入学)

資格取得できる

設備もしっかりしてるし、オープンキャンパスに行った時に在学生や先生方がとても親切だった。また、授業内容がためになるし楽しんでできそうだったから。

スポーツ学部/女(2018年度入学)

びわこ成蹊スポーツ大学のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒520-0503   滋賀県大津市北比良1204番地

    • 交 通

      JR湖西線「比良駅」無料送迎バス5分(徒歩15分)

    • 所在地

      〒520-0503   滋賀県大津市北比良1204番地

    • 交 通

      JR湖西線「比良駅」無料送迎バス5分(徒歩15分)