国公私立大学・短大の資料を取り寄せる

96
第一薬科大学は、九州唯一の薬学系単科大学として1960年の開学から60年の伝統と実績を築いてきました。 薬学部には6年制と4年制の学科があり、6年制の中に、薬学科・漢方薬学科、4年制に薬科学科を設置しています。 6年制薬学部の薬学科は、薬の専門家として医療の各分野に対応できる知識・技能・態度と豊かな人間性、倫理観を備えた実践能力の高い薬剤師育成をめざします。漢方薬学科は、日本独自の伝統医療である漢方を体系的に学び、患者それぞれの体質に合った予防医療に精通することにより、地域での保健・医療・福祉に積極的に参画し、在宅医療、プライマリケア、セルフメディケーションに関わることができる薬剤師養成をめざします。 なお、卒業までに必要な修得単位数と、薬学共用試験(CBT、OSCE)および薬剤師国家試験に関わる科目は両学科共通です。 2022年4月、薬学部4年制学科の薬科学科に医療データ科学専攻と生命医科学専攻を開設。ビッグデータを解析し、社会課題を解決するスペシャリスト、医療にイノベーションを起こす発想力で健康で豊かな暮らしを支える人材を育成します。 2020年4月には看護学部を開設しました。薬学教育の長い歴史と伝統を持つ第一薬科大学の基盤を活かし、薬物療法に強い看護職【看護師、保健師、助産師】の養成をめざします。   詳細情報を見る
「個性の伸展による人生練磨」 を建学の精神として、 学生の個性を伸ばす教育を行っています。 叶えたい夢や挑戦したいこと、そしてまだ見つけられていない未来の「私」も、日本経済大学のフィールドに踏み込めば、自分にあった理想の道へとつながります。 そのために、日本経済大学では、世界基準を身近に感じられるグローバルな環境と充実の制度を揃え、学生一人ひとりの夢とチャレンジを親身に、かつ全力でサポートします。 ■SDプログラムで個性を伸ばす 1~4年次まで一人ひとりの個性を伸ばし、キャリア形成教育を行う「SDプログラム」を実践。経験豊富な専門スタッフがマンツーマン指導を行い、インターンシップ支援や就職活動支援なども充実しています。 ■多様な留学支援 交換留学や単位設定留学制度が整っているので、長期留学しても4年間で卒業が可能です。また、各キャンパスでは世界中から留学生を受け入れており、学内での多文化コミュニケーションも盛んです。 ■実務経験・実績豊富な教員陣による指導 経済・経営学から、音楽、クリエイティブ、芸能メディア、スポーツまで、各業界の第一線で活躍する先生が勢ぞろい。専門知識やスキルをはじめ、興味のある分野を仕事にするためのコツも学べます。 日本経済大学には経済学部と経営学部の2学部あり、「経済学部」は3学科8コース「経済学科(日本経済コース・国際貢献コース・公務員コース)」「商学科(会計財務コース・マーケティングコース・ホテル観光ビジネスコース)」「健康スポーツ経営学科(スポーツマネジメントコース・日本武道コース)」、「経営学部」は3学科10コース「グローバルビジネス学科(グローバルビジネスコース・エアラインビジネスコース)「芸創プロデュース学科(芸能マネジメントコース・ファッションビジネスコース)」「経営学科(総合経営コース・アトツギ起業家コース・デジタルビジネスコース・eスポーツアニメ産業コース・飲食ビジネスコース・SDGs環境ビジネスコース)」があります。 詳細情報を見る
●国際的な視野を持ち、次世代のリーダーとなりうる医療専門職を養成 本学は福岡市で初の高度なリハビリテーションを総合的に学べる4年制大学として、2019年4月に開学。キャンパスは、九州でも有数の充実した都市機能と美しい都市機能を併せ持った福岡市のシーサイドももちにあり、「教育・医療・福祉」が一体となった教育環境に立地しています。 2021年4月には、新たに看護学部 看護学科を開設、2023年4月には医療学部に言語聴覚学科を開設しました。2024年4月には、医療学部に診療放射線学科を開設し、西日本屈指の医療系総合大学へと成長しています。 また、本学は全国で約60の教育・医療・福祉施設を運営する「国際医療福祉大・高邦会グループ」の一員です。このグループの総合力で学生の実習と研究を全面的にバックアップします。 ●知識と経験豊富な教授陣 本学では各分野のエキスパートや職能団体のトップが在籍し、先進のスキルを学生に直接指導しています。また、海外でも活躍できる医療人を養成するために、海外での活動経験が豊富な教員も着任しています。 ●充実のグループ関連医療福祉施設と連携し、教育、実習、研究をバックアップ 医療福祉の専門スキルを身につけるうえで特に重要なのは、現場で学ぶ「臨床・臨地実習」の環境が充実していること。本学は、教育・医療・福祉の総合グループ「国際医療福祉大学・高邦会グループ」の一員です。本学に隣接した福岡山王病院やグループ発祥の地である福岡県大川市の高木病院、西日本屈指の広さを持つリハビリテーション訓練室を備えた柳川リハビリテーション病院をはじめとした充実したグループ関連医療福祉施設などで臨床・臨地実習を行います。これらの施設には、いずれも最新の医療機器が整備されており、学生は先進の技術を取得できます。また同じグループの一員であるため、本学教員と現場の実習指導者が密接に連携して実習をサポートできるメリットもあります。本学は学生生活で最大の山場とも言われる臨床・臨地実習を、グループの総合力を生かして全力でバックアップします。 ●関連職種連携教育 本学では、教育目標の1つである「チーム医療・チームケア」を学ぶため、「関連職種連携教育」に力を入れています。まずは「早期体験実習」に始まり、「関連職種連携論」「関連職種連携ワーク」「臨床・臨地実習」へと進む、段階的かつ体系的なカリキュラムが特長です。 ●万全の国家試験対策と就職サポート体制 医療福祉の道を志す者にとって国家試験は必須のパスポート。毎年全国トップクラスの合格率を誇る姉妹校の実績と蓄積されたノウハウを生かして、1年次から国家試験直前まで継続した国家試験対策を展開、100%合格をめざします。また、国家試験対策に実績のある教授陣が国家試問題の傾向を読み解くなど、教員が一丸となって支援します。 ●グローバル人材を育成 本学では、国際的な視野を持つ医療専門職の養成を目的として、講義と実習からなる「海外保健福祉事情」を学びます。現在8つの国と地域の17施設と学術交流協定を結んでおり、これらの施設で約2週間の海外研修を実施するのが大きな特長です。(全員参加型) ●カウンセリング・医療費サポート 学生が無料で利用できる「学生相談室」を開設しています。カウンセラー(公認心理師)が学生の悩みを聞き、問題解決のお手伝いをするほか、必要に応じて、ほかの相談機関を紹介するなど総合的にサポートします。 また、本学に隣接する福岡山王病院をはじめグループ関連施設で診療や入院など受診したときは、診療費の補助が受けられます。 詳細情報を見る