金沢美術工芸大学の最新情報

現在お知らせはありません。

金沢美術工芸大学の学校情報

金沢美術工芸大学は、1946年、戦後の混乱と虚脱のなか、学問を好み、伝統を愛し、美の創造を通じて人類の平和に貢献することを希求する金沢市民の熱意により、工芸美術の継承発展と、地域の文化と産業の振興を目指して創立されました。以来、本学は豊かな自然環境と歴史的遺産のなかで、美術・工芸・デザインの分野における個性豊かな教育と学術研究に取り組み、文化都市金沢の発展の一翼を担ってきました。素材を知り、技を磨き、現代に生きる表現に高めるべく「ものづくりの精神」を尊び、幅広い人間性に裏付けられた理論と技術の彫琢をとおして、芸術が社会に果たす役割を自ら探し行動する人材を育成し、世界における創造の機会の拡大と多様化に資するために、本学は知と創造の拠点となることを目指します。

金沢美術工芸大学で学べる学問分野

  • 美術・デザイン・芸術学

先輩が金沢美術工芸大学に入学を決めた理由

資格取得できる

美術的な視野を広げたり歴史を深く学べたりするだけでなく、様々な専門を体験し、卒業時に資格を取得することができて夢を叶えるためにこの学科に進みたいと思ったのが大まかな理由で、地域との交流や支援活動などが盛ん、先輩や先生からも評判の良い大学という多くの要素をふまえて決めた。

美術工芸学部-美術科/女(2023年度入学)

学習環境が整っている

金沢という工芸の町で、整った設備や、学年を超えた交流、人間国宝の方からの直接指導など、工芸を学ぶ上で1番自分を成長させられら環境であると感じたから。また、毎年ニュースにもなるコスプレでの卒業式や他大学とのイベントなど、大学生活を楽しむ校風もとても魅力を感じた。

美術工芸学部-工芸科/女(2023年度入学)

教育内容が良い

金沢という街が工芸が盛んで、このような環境で制作活動をしたいと思ったから。

美術工芸学部-工芸科/男(2022年度入学)

研究実績がある

私は高校が芸術コースだったので、美術に触れ合う機会が多く 自然と美大に行きたいと思うようになりました。金美は伝統と最先端のアートを身近に感じられるし、その刺激をそのまま製作に生かせる環境は私にとって魅力的でした。

美術工芸学部-美術科/女(2015年度入学)

金沢美術工芸大学のキャンパス

  • 本学キャンパス
    本学キャンパス 地 図
    • 所在地

      〒920-8656   石川県金沢市小立野2-40-1

    • 交 通

      JR金沢駅よりバス約25分

    • 所在地

      〒920-8656   石川県金沢市小立野2-40-1

    • 交 通

      JR金沢駅よりバス約25分